その他の雑学
ファミリー向け住宅
について

ファミリー向け住宅とは

物件を探している際に物件区分で「ファミリー向け」や「シングル向け」や「DINKS向け」などという表記を見たことがあるかと思います。これらの種別はどのような違いがあるのでしょうか。
上記で述べたファミリー向けやシングル向け・DINKS向けは明確な定義があるわけではないようで、主に間取りの構成によって分けられています。
一般的にワンルームや1K、1DK、1LDKなどの間取りがシングル向け、2DKや2LDKがDINKS向け(子供のいない夫婦だけの世帯)、それ以上の3DK、3LDK、4LDKなどがファミリー向け(夫婦と子供2人の世帯を想定)となっています。もちろん単身者でもファミリー向けに住むことが可能です。
ちなみにDINKSとはDouble Income No kidsの頭文字で、夫婦共働きをするために意図的に子供を持たない家庭を指しており、今後子供を持つ予定の夫婦はこれに含まれません。

トップへ戻る