住宅購入
オール電化住宅

オール電化住宅とは

キッチン、給湯、暖房など熱を必要とする部分を全て電気でまかなう生活スタイルを、オール電化住宅・または全電化住宅と言います。
従来はガス会社から都市ガスやプロパンガスの供給を受け、電気と併用するのが主流でしたが、給湯・暖房など全ての熱源を電気にするオール電化スタイルが、近年広く普及しています。
光熱費の大半は給湯に使われていて、電気温水器は安い夜間電力を使うことで給湯費用が大幅にコストダウンを図ることができます。また電気とガス両方を使用しているとどちらにも使用料にかかわらず基本料金が発生しますが、ガスを使用せずに済みますので電気料金のみで済ませることができます。
オール電化とガス併用の熱源方式の違いは、ユーザーの感覚によってどちらが良いかの意見が分かれてしまうものです。互いのメリット・デメリットを十分把握し、オール電化とガスのどちらが生活スタイルにマッチするかを判断するのが重要です。

トップへ戻る