毎日を楽しく過ごそう
日本ならではな
古来からの風習

日本の風習

日本は古来から四季を楽しみ、季節ごとの歳時・年中行事を大切にしてきました。そして現在では世の中の生活がたいへん便利になり、それに伴って季節感を味わうことも少なくなりまた行事も年を重ねるごとに簡素化されつつあります。
しかしせっかくこの美しい国「日本」に生まれてきたのですし、毎日の生活にゆとりを持ちながら、日本の四季を楽しんでみませんか?きっと毎日に潤いが出てきます。

1月

1日…元旦
7日…人日(じんじつ)。五節句は3月3日、5月5日など奇数の月と重なる日が選ばれていますが、1月は、1日の元日を別格とし7日の人日を五節句(五節供)に入れています。「七草」や「七草の節句」ともいいます。七草粥を食べる風習は今でも残っています。
7日の人の日には邪気を祓うために、七草の入った粥を食べ、一年の無事を祈ったのだともいわれています。これが日本に伝わり「七草粥」になりました。
平安時代は宮中の儀式でしたが、江戸時代には一般に定着し、江戸幕府の公式行事となりました。
15日…小正月
元日を大正月というのに対して呼んだ名前です。松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」とも呼ばれています。関西では、小正月までを松の内とします。
年神様や先祖を迎える行事を行う大正月に対して、小正月は家庭的な行事を行う正月で、盆と同様に大切な節目でした。大正月には門松を飾りますが、小正月には餅花(もちばな)をなどを飾ります。これは、豊作の予祝の大切の行事でした。そのため「花正月」ともいいます。
この日の朝には、小豆粥をいただきます。
また、この日はどんど焼きといって、神社で正月飾りや古いお札などを燃やします。

2月

立春の前の日…節分
本来、節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前の日のことを指しますが、旧暦では立春の頃が一年の始めとされ、最も重要視されていましたので、節分といえば一般的に立春の前の日を示すようになりました。
立春を新年とすると、節分は大晦日にあたります。そのため、現在でも節分のことを「年越し」という地方もあります。
2月4日頃…立春
太陽黄径315度、大寒から数えて15日目頃。立春が一年の始めとされ、決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。
八十八夜、二百十日、二百二十日も立春から数えます。
初午(はつうま)
二月最初の午の日にあたります。
稲荷神社の総本社といわれる京都の伏見稲荷大社のお祭り。商売繁盛をお祈りします。711年(和銅4年・奈良時代)のこの日に、稲荷社の本社である京都の伏見稲荷大社に稲荷大神が鎮座されたといわれています。
また立春を迎える2月の最初の午の日は、一年のうちで最も運気の高まる日とされています。

3月

3日…桃の節句
女の子の節句。元々は「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」といわれていました。
ひな人形は「一人ひと飾り」といわれ、姉妹で共有したり、親から受け継ぐのは良くないともいわれています。
21日…春分
昼と夜の長さが等しくなるころです。

4月

1日…エイプリルフール
毎年4月1日には嘘をついてもよいという風習のことで、4月1日の正午までに限るとも言い伝えられています。
起源は不明で、かつてヨーロッパでは3月25日を新年としていて3月25日から4月1日までお祭り騒ぎをしていたそうですが、後にシャルル9世が1月1日を新年としたところから4月1日が「嘘の新年」と言われるようになり、そこから「嘘をついてもいい日」となった、との説もあります。

5月

5日…端午の節句
本来、端午(たんご)とは月の始めの午(うま)の日をいいますが、旧暦5月5日(現在は新暦5月5日)を端午というように変わりました。
古代中国では、この日を薬採りの日としていて、薬草を摘んで野遊びをしました。
6日頃…立夏
夏の気配が感じられるころです。
春分と夏至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立秋の前日までが夏となります。

6月

21日頃…夏至
日本の大部分では梅雨のさなかです。
北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日になります。
6月下旬~7月初旬…お中元
お中元の時期は、7月はじめから15日ごろまでに贈るのが一般的となっています。
最近では6月からお中元ギフトを贈り始める方が多くなるなど早まる傾向にあるようです。また、8月にお盆を行う地域(主に関西地方)の方へは、ひと月遅れの8月1日から8月15日までに贈ることが多いようです。
お中元は一度限りのみ贈るのは失礼にあたりますので、お礼の熨斗を付けましょう。またお中元を贈る時期によって熨斗に書く言葉が変わってきますので注意してください。
その他お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合もございますのでこちらも注意が必要です。

7月

7日…七夕
旧暦の7月7日の夜に行われる行事で、星祭りとも呼ばれる五節句の1つです。
15日…お盆
正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、夏に祖先の霊を祀る行事です。元々は旧暦の7月15日を中心としたものだったのですが、現在は月遅れにあたる8月15日が一般的になっています。
お盆には先祖や亡くなった人達の精霊が道に迷わず帰って来ることができるように、13日の夕刻に盆提灯を灯し、庭先に迎え火として麻幹(おがら)を焚きます。

8月

7日…立秋
初めて秋の気配が現れてくる頃とされています。
15日…お盆(月遅れ)
正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、夏に祖先の霊を祀る行事です。元々は旧暦の7月15日を中心としたものだったのですが、現在は月遅れにあたる8月15日が一般的になっています。
お盆には先祖や亡くなった人達の精霊が道に迷わず帰って来ることができるように、13日の夕刻に盆提灯を灯し、庭先に迎え火として麻幹(おがら)を焚きます。

9月

十五夜…旧暦の8月15日
新暦では9月の中旬(2014年は9月8日)です。
お月見、名月、中秋の名月、芋名月とも呼ばれます。すすきや秋の七草・団子を15個飾ります。
23日…秋分
日付は天文学上の秋分日です。
昼と夜の長さが同じになる、といわれますが、実際は昼の方が少し長いそうです。

10月

十三夜…旧暦の9月13日
新暦では10月の中・下旬(2014年は10月6日)。十五夜を中秋の名月と呼ぶのに対し、十三夜は「後の月(のちのつき)」・「豆名月」・「栗名月」ともいいます。
すすきや秋の七草・団子を13個飾ります。

11月

7日…立冬
初めて冬の気配が現われてくる日です。日にちは決まってはいませんが、だいたいこの時期です。
15日…七五三
数え年で、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳に、晴れ着を着て神社・氏神に参拝して無事成長したことを感謝し、これから将来の幸福と長寿をお祈りする行事です。
11月下旬~12月初旬…お歳暮
お歳暮は新年の準備を始める12月13日から20日までに贈られていたそうで、最近では、日頃からお世話になっている方への年末のあいさつとなり、また、お歳暮を贈る時期が少し早まっている傾向にあります。
関東では、11月末から贈る人も多いようです。

12月

13日…正月事始め
煤払い(すすはらい) や餅つきなど、この日から本格的に正月を迎える準備をします。
煤払い(すすはらい)は単なる大掃除ではなく、年神様を迎えるための神聖な行事として行います。
22日…冬至
一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日です。

トップへ戻る