街とエリア
地方移住のしやすい
空家バンク

空家バンクについて

空家バンクとは個人が所有する現に居住していない市内の空家の賃貸や売却を希望している人から申込みを受けた情報を市がホームページに公開し空家の利用を希望する人に紹介する制度になります。
ここで言う空家というのは個人が所有する現在住んでいないまたは近く居住しなくなる予定の物を言います。空き家の有効活用を通した「市民と都市住民の交流拡大」と「定住促進による地域の活性化」を図ることを目的としています。 制度のポイントとして、公益社団法人山梨県宅地建物取引業協会(以下「県宅建協会」という。) と市が協定を結んでいますので、物件の調査・案内・契約など安心して手続きができます。

当該住宅及び当該住宅と所有者を同一にするその敷地のうち 専属専任媒介契約、専任媒介契約及び一般媒介契約のいずれの契約も締結していないものをいいます。所有者と移住希望者が安心して手続きができるように仲介や契約などは市と協定を結んでいる空き家バンク協議会の宅地建物取引業者会員が行います。ただし、仲介手数料が発生しますので、成約時には仲介手数料を担当認定事業者にお支払いいただく事になります。ご注意ください。
全国的に空家バンクは広がっており、各地で登録が可能になりますので、自分自身の気に入った地域で空家バンクを探してみると良いでしょう。

トップへ戻る