街とエリア
住宅購入後かかる費用

費用に関して

念願の住宅を購入したい!けれど維持費はどのくらいかかるのか…そんな疑問を持っている方も少なくはないはずです。
家を買った後も税金や住宅を維持していくために必要な維持管理費用や保険料…こうした居住費への備えや認識はしっかりと忘れないようにしてください。ちなみにマンションを購入した際には修繕費や管理費、駐車場料金などがかかりますが、一戸建てを購入した場合にはこのような費用はかかってきません。
住宅を購入する際はマンションと一戸建てどちらを購入するかからきちんと考え、将来設計をしましょう。

住宅購入後かかる費用一覧

  • ・団体信用生命保険(年額0~10万円程度)。都市銀行などは住宅ローン金利に含まれるので、別途支払いは不要です。
  • ・火災保険・地震保険料(年額1~2万円程度)。火災保険は長期一括払いのケースが多いのですが、地震保険は1~5年の契約更新ごとに保険料を支払います。保険料は地域や建物の構造により異なります。
  • ・管理費(月額平均1万5千円※マンションのみ。敷地面積が広ければ広いほど管理費は上がるようです。この費用は賃貸管理会社への費用に充てられ、管理員の人件費や共用部分の清掃・点検などに使われます。)
  • ・固定資産税、都市計画税(年額10~15万円)。住宅を所有していると毎年かかる税金です。自宅の場合は軽減が受けられ、要件を満たす建物分の固定資産税は3年間(マンションは5年間)半額になります。
  • ・修繕積立金(月額平均7千円※マンションのみ。敷地面積が広ければ広いほど修繕積立金が上がります。またマンションの築年数によっても金額が高くなる傾向があります。マンションの共用部分を長期に渡って維持していくためのお金で管理組合としてお金を積み立て、大規模な修繕工事の費用に充てられています。)

トップへ戻る