賃貸経営・不動産投資用語集 > 法令 > 瑕疵担保責任についての特約の制限とは

瑕疵担保責任についての特約の制限

瑕疵担保責任についての特約の制限【かしたんぽせきにんについてのとくやくのせいげん】- 法令

宅建業者が自ら売主となる宅地、または建物の売買契約においては瑕疵担保責任についてこれを負う期間(民法570条において準用する同法566条3項に既定する期間)をその目的物の日から2年以上とする場合を除き、民法に規定するものより買主に不利な特約としてはならないこと。

買主に不利な特約とは、これを負う期間を買主が知ったときより一年未満の期間とすることのほか、契約解除も損害賠償も認めず補修のみを行おうとするもの、瑕疵の個所によっては責任を負わないとするものなどがあげられる。

頭文字検索

  • 賃貸管理会社・無料一括比較
  • いえらぶ売却査定
  • いえらぶ買取査定
  • いえらぶ大家さん相談所
オーナーズ・スタイル
賃貸管理システムなら いえらぶCLOUD管理機能 らくらく賃貸管理
【提携サイト】 解体の窓口 解体工事の費用を比較して、最適な解体業者1社を選ぶためのサイト