賃貸経営・不動産投資用語集 > 建物 > 小規模住宅用地とは

小規模住宅用地

小規模住宅用地【しょうきぼじゅうたくようち】- 建物

住宅用地のうち、住宅一戸につき200平方メートル以下の場合のこと。

アパート経営の場合、各戸が一戸と認められるのでほとんどが小規模住宅用地となる。 これに対し、住宅一戸につき200平方メートルを越える場合は、一般住宅用地となる。 固定資産税は、評価額の六分の一と、一般住宅用地よりも軽減される。

頭文字検索

  • 賃貸管理会社・無料一括比較
  • いえらぶ売却査定
  • いえらぶ買取査定
  • いえらぶ大家さん相談所
オーナーズ・スタイル
賃貸管理システムなら いえらぶCLOUD管理機能 らくらく賃貸管理
【提携サイト】 解体の窓口 解体工事の費用を比較して、最適な解体業者1社を選ぶためのサイト