相談する

大家さん相談所トップ > 家賃滞納・入居者トラブル > クレーム要求が多い新しい借主と契約書を持ってこない仲介業者

クレーム要求が多い新しい借主と契約書を持ってこない仲介業者

質問者:
親が賃貸所有です。 (宮崎県北諸県郡三股町)
投稿日:
2017-10-16
気になった!
116
回答数
1

数件のうち一社から値下交渉があり、値下家賃で承諾。
前の退去後、経年劣化の壁紙畳襖キッチン台洗面台の交換、室内や排水クリーニングを業者に依頼、エアコン新設置など済。
決定から引越しまで間が空いたその時から仲介不動産屋から要求が次々と…
畳一室フローリングに工事(部屋をなぜか借主が指定)やドアノブ交換等。
要望が多く何度目かに契約を反故にしたいと伝えるも、仲介が契約を結んでいるので困る!とごねられる(しかしこの時点から今現在も、仲介業者が契約書も何も持って来ず、こちらは確認もサインもしてない)
入居後、今度はカーテンレール取替え、風呂場のシャワーの水がしたたる(?)、床がギシギシするから工事…等。
仲介が借主の要望をそのまま言ってくるので、その度「これ以上、経年劣化以外のクレーム要求は通さないで下さい!」と強く言うのですが、その担当以外からまた電話が来ます…。適当な仲介業者にも不審が募ります。
正直、入居者に出て言って欲しいです、契約書サインしたくない。
●これ以上経年劣化以外のクレーム要求をしてこない
●次の更新時には家賃を元に戻す
等を盛り込んで書類を交わす他に何か対処の仕方は有りますでしょうか?

通報する

グッドアンサーに選ばれた回答

グッドアンサーとは

お礼コメントなるほど!
の数からグッドアンサーが決まります。
※「なるほど!」とは、質問者から回答者へのお礼の気持ちを表す際やユーザが参考になったと感じた際に押されるものです。
回答者:
河合 健次
不動産キャリア:
10年
地域:
兵庫県
会社名:
株式会社アースデザイン

この人が働く不動産会社のホームページを見る

河合 健次

アースデザインの河合と申します。

なかなか難しい問題ですね。

一般的には

・仲介業者はお客様と契約をしたい。(仲介をしないと利益が生まれない)という事が考えられます。なのでお客様の要望に極力答えて契約手続きをスムーズに進めたいというところがあると思います。

・家主様は少しでも早く入居者に入居してほしい。(できれば長く丁寧に住んでもらいたい)という。更に欲を言えば高い家賃で部屋の修繕も最小限で抑えられれば何ら問題ないと思います。

勝手な私の推測ですが、今回の要望は本当に借主の意向なのでしょうか?
文面だけを掻い摘まんで聞くとその仲介業者はとても家主様にとって良い取引のできる業者ではなさそうです。
ですが、内容を見ていると
※契約書もないのにかかわらず決済金を受け取って借主がすでに入居している。
というような状況だと思います。
そうなれば、心苦しいですが今から条件を付けることは難しいかと思います。
契約書があるなしは関係なく、入居を黙認している時点でもう手遅れなのです。
口頭でも契約は成立しますので。

今後の改善策とすれば、
①管理会社を信頼できるところに任せる。
②今回の仲介業者とは一切取り引きしない。
③今までの経緯を時系列でまとめて、宅建協会に相談に行く。

上記は私の見解になりますのでご参考にして下さい。
簡単な事ではないと思いますが今後もご所有の資産を残していくために不可欠な事ですので頑張って下さい。

ご健闘をお祈りしております。

回答日:
2017-10-18

この相談を見た方はこんな相談も見ています