いえらぶニュース > JLL 世界の商業用不動産投資額 2020年通年

JLL 世界の商業用不動産投資額 2020年通年

ジョーンズ ラング ラサール株式会社

2021年2月25日 18時48分

前年比28%減7,620億ドル、第4四半期は前年同期比21%減2,670億ドル

東京 2021年2月25日 - 総合不動産サービス大手JLL(本社: 米国シカゴ、CEO: クリスチャン・ウルブリック、NYSE: JLL)がまとめた投資分析によると、2020年通年の世界の商業用不動産投資額※1は前年比28%減7,620億ドル※2、第4四半期の投資額は前年同期比21%減2,670億ドルとなりました。

ハイライトは以下のとおりです。

2020年通年の世界の商業用不動産投資額は前年比28%減7,620億ドル、第4四半期の投資額は前年同期比21%減2,670億ドルとなった。アメリカ大陸、イギリス、ドイツ、フランスでの投資活動が回復、世界の第4四半期投資額の増加(前期比65%増)、通年投資額の減少幅縮小に寄与した。(図表1)
地域別でみると、アメリカ大陸の通年の投資額は38%減3,390億ドル、第4四半期の投資額は30%減1,180億ドル、EMEA※3の通年の投資額は17%減2,820億ドル、第4四半期の投資額は17%減1,050億ドル、アジア太平洋地域の通年の投資額は20%減1,410億ドル、第4四半期の投資額は横ばいの440億ドルとなった。



図表1:商業用不動産投資額 地域別





2020年通年の都市別投資額は、1位パリ(231億ドル)、2位ロンドン(228億ドル)、3位東京(227億ドル)、4位ロサンゼルス(194億ドル)、5位ニューヨーク(190億ドル)となり、ゲートウェイ都市での投資がみられた。(図表2)

図表2:2020年通年 投資活動が最も活発な10都市




※1 商業用不動産投資額の対象セクター(オフィス、リテール、インダストリアル、ホテル、複合用途、住宅、その他)、2020年第1四半期より住宅を追加
※2 通貨単位は、別途記載がない限りすべて米ドルとします
※3 EMEA(Europe, the Middle East and Africa):ヨーロッパ、中東及びアフリカ大陸

世界における商業用不動産市場の動きを解説するレポートは、四半期ごとに刊行しています(英語のみ)。
詳細はこちら(https://www.us.jll.com/en/research/gmp)をご覧ください。

JLLについて
JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは、最先端テクノロジーを駆使して、お客様や人々、コミュニティーに対し、投資機会や環境に配慮した持続可能な不動産ソリューションを提供することで、不動産の未来をかたちづくり、よりよい世界に貢献します。
フォーチュン500に選出されているJLLは、2020年12月31日現在、世界80ヵ国で展開、従業員約91,000名を擁し、売上高は166億米ドルです。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。https://www.jll.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2021年2月25日 18時48分

NEW

「terior」バーチャルホームステージングサービスを株式会社大京穴吹...

居住中のお部屋の家具を消した「空室イメージ画像」の作成や、空室画像にCG家具を設置可能...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!