いえらぶニュース > 入国・帰国者受入数No.1の一時帰国.com、ご好評につきイギリスからの一時帰国者向け滞在プラン第2弾をスタート(羽田/成田/関空からの送迎付き)

入国・帰国者受入数No.1の一時帰国.com、ご好評につきイギリスからの一時帰国者向け滞在プラン第2弾をスタート(羽田/成田/関空からの送迎付き)

matsuri technologies株式会社

2020年10月17日 11時17分

全帰国者の約1割がお問合わせ 圧倒的受入実績の「一時帰国.com」で新プラン



日本最大数の帰国、入国者向け自主隔離物件を提供、帰国者受入数No.1(※1)のmatsuri technologies株式会社(本社東京都豊島区、以下 matsuri technologies)はこのたび、イギリスからの帰国・入国者様向けに、「一時帰国.com」において「イギリス特別プラン 第二弾」を開始します。


※1 自社調べ(2020年10月現在)




日本への全帰国者の約1割が問合わせ 圧倒的受入実績の「一時帰国.com」


「一時帰国.com」では、イギリスからご帰国される方を対象として、2020年7月から特別プランをご用意、ご提供させていただいておりましたが、お陰様をもちまして多くの好評をいただいており、2020年4月以降、日本への全帰国者の約1割にあたる数千件を超えるお問い合わせをいただき、数百組の方にご入居をいただいております。

今回、ご好評にお応えし、「イギリス特別プラン 第二弾」を開始します。





イギリス全土からのご帰国・ご入国者が対象


ロンドン、バーミンガム、グラスゴーなどのグレートブリテン島や、北アイルランドを含むイギリス全土のほか、ケイマン諸島、フォークランド諸島など、イギリスの海外領土からご帰国、入国される方も対象となります。下記のフォームもしくは、お電話番号よりご連絡をいただき「イギリス特別プラン」希望の旨をお伝えください。



全国にお部屋をご用意


ご用意しているお部屋の種類は下記の通りです

展開エリア:東京/大阪/札幌/那覇/福岡/京都
広さ:1K-4LDK
期間:一日-半年
人数:1-16人様々な種類のお部屋(マンスリーマンション、ウィークリーマンション、ホテル、バケーションステイ)をお取り扱いしているため多種多様なお部屋をご用意できます。)
成田・羽田では送迎も承っております





羽田、成田、関空からの送迎も受付


羽田空港、成田空港、関西国際空港からの送迎も受け付けております。


お問い合わせ先
フォームかお電話でご希望の物件を伺いご提案させていただきます。
お問い合わせフォーム:


https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfyyoIfClPTvR9l-XKbM1mL9SuW2aClQs3fKNk-4iWkuyDjmg/viewform


TEL : 03-6233-7824
担当: 営業部 宮本
サービスサイト:https://www.ichiji-kikoku.sumyca.com/

■LINE窓口



本サービスは「すまいを自由にする」新世代賃貸プラットフォームSumycaが提供しております。
https://www.sumyca.com/


■Sumycaとは?:


Sumycaとは「すまいを自由にする」を標語に、スマホで完結する短期賃貸プラットフォームです。様々な暮らし方に対応する物件を掲載し、お客様に利便性がある形でご提案をするためサービスが分化しており、それら全てのサービスの総称を「Sumyca(スミカ)」と読んでいます。


一時帰国後の自主隔離で利用可能な物件は「Sumyca」で検索できます


検索例:東京で一時帰国後の自主隔離に利用できる物件


https://www.sumyca.com/search?query=%E6%9D%B1%E4%BA%AC&tag=%E4%B8%80%E6%99%82%E5%B8%B0%E5%9B%BD



マンスリーマンションなど短期賃貸は、「Sumyca」で検索!



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2020年10月17日 11時17分

NEW

【調査レポート:定点調査】コロナ禍、リゾートエリアでは2地域居住/移住...

ニューノーマル創生期、リモートワーカーの2拠点/移住動向@八ヶ岳南麓 山梨県北杜市で...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!