いえらぶニュース > 家賃債務保証業界大手5社(※1)の保証サービスと「申込受付くん」が運用可能に

家賃債務保証業界大手5社(※1)の保証サービスと「申込受付くん」が運用可能に

イタンジ株式会社

2019年7月11日 17時40分

~計42社の連携企業とワンストップな入居申し込みの実現を目指す~

 テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにするイタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野口 真平、以下「イタンジ」)は、7月より、以下の家賃債務保証業界大手5社(※1)と連携し、各社保証サービスとイタンジが不動産管理会社に提供する賃貸入居申し込みのWEB受付システム「申込受付くん」との運用を可能にしました (※2)。
 これにより、「申込受付くん」 で 運用可能な家賃債務保証会社が23社に、また、運用予定の家賃債務保証会社も含めると計42社に増加いたしました。





【家賃債務保証業界大手5社(売上高順)】
日本セーフティー株式会社(本社:大阪府大阪市西区、代表取締役:清水 信)
全保連株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:迫 幸治)
日本賃貸保証株式会社(本社:千葉県木更津市、代表取締役社長:梅田 真理子)
株式会社Casa(本社:東京都新宿区、代表者:宮地 正剛)
株式会社オリコフォレントインシュア(本社:東京都港区、代表取締役社長:安室 興助)



■背景
 家賃債務保証会社の利用率は年々増加しており、2010年の約39%から2018年には約75%と約2倍になりました(※3)。今後も、高齢者や単身世帯、外国人など、保証人を確保が困難な人の増加や民法改正(※4)などを追い風に利用が増加することが予想されております。
 また、従来の入居申し込みでは入居希望者が、不動産管理会社や家賃債務保証会社に提出する別々の書類に、共通する情報を何度も記入する作業が負担となっておりました。同時に不動産管理会社としても、入居申込書を受け取った後に書類をスキャンして家賃債務保証会社へ共有したり、保証審査の進捗確認を電話で行ったりする作業が煩雑で時間がかかり、業務を圧迫しておりました。

■概要
 イタンジは、家賃債務保証業界大手5社(※1)と連携し、各社保証サービスとイタンジが不動産管理会社に提供する賃貸入居申し込みのWEB受付システム「申込受付くん」との運用が可能な体制を構築いたしました。 これにより、「申込受付くん」 で運用可能、および、運用予定の家賃債務保証会社は計42社に増加しました。
 「申込受付くん」には、 入居希望者がWEB上で入力した申し込みに必要な情報や申し込み手続きの進捗を家賃債務保証会社へ共有できる機能があります。「申込受付くん」と各社保証サービスの連携が進行すると、不動産管理会社は「申込受付くん」の利用によって、家賃債務保証会社に入居希望者の情報をスピーディーに共有でき、オンラインで審査の進捗状況の確認ができるようになります(※5)。

■「申込受付くん」について
 「申込受付くん」は、賃貸入居申込書のWEB受付システムです。 現在、全国の不動産管理会社150社以上にご契約いただいております(※6)。
 賃貸業界においては、国土交通省がITを活用した重要事項説明(IT重説)による契約手続きの電子化を推進しております(※7)が、重要事項説明の前後にも、電話やFAX、メールを用いたアナログな業務が未だ多く存在しているのが現状です。「申込受付くん」では、入居希望者がWEB上で入力した申し込みに必要な情報や申し込み手続きの進捗を、不動産管理会社、不動産仲介会社、家賃債務保証会社が共有することができ、申込書提出から審査までのやり取りの時短と効率化を実現します。また、入居希望者にとっても、複数の書類に共通する情報を何度も記入する手間が削減されるため、入居希望者の利便性向上を図ることが可能です。
「申込受付くん」サービスサイト:https://moushikomi-uketsukekun.com/lp


 イタンジは、これまでに「申込受付くん」の提供により、入居申し込みに関わる煩雑な手続きのデジタル化に取り組んできた実績を活かし、今後もさらに国内の家賃債務保証サービスとの運用を拡大してまいります。これにより、より多くの不動産会社の業務負担削減、および入居希望者にとっても、スマホで簡単に入居申し込みができるような、新たな賃貸契約における体験の提供に努めてまいります。


(※1)売上高 上位5社(2019年7月1日時点)
(※2)各家賃債務保証会社のサービスを利用するには、不動産会社と家賃債務保証会社との個別契約が必要になります。
(※3)出典:国土交通省および(公財)日本賃貸住宅管理協会の調査
(※4)債権法、 2020年4月1日施行
(※5)「申込受付くん」 と 各家賃債務保証会社の連携進捗状況は各社によって異なります
(※6)2019年6月末時点
(※7)国土交通省「賃貸取引に係るIT重説について (http://www.mlit.go.jp/common/001272922.pdf)」

■イタンジ 会社概要
代 表 者: 代表取締役 野口 真平
設  立 : 2015年6月
資 本 金: 3,600万円
本社所在地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40 F
企業 U R L :https://www.itandi.co.jp/
事 業 内 容 :
・AIを活用した賃貸不動産仲介の営業支援システム「ノマドクラウド」の開発・運営
・賃貸不動産のリーシング業務をワンストップで行う「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」の開発・運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2019年7月11日 17時40分

NEW

「不動産売買契約」「不動産信託受益権売買契約」における具体的な条項案修...

20年4月1日の改正民法施行に備えた 日本計画研究所は、岩田合同法律事務所 パートナ...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!