いえらぶニュース > DIY工房~『DIYのいえ』~ 泉北ニュータウン 茶山台団地に2月16日(土)オープン

DIY工房~『DIYのいえ』~ 泉北ニュータウン 茶山台団地に2月16日(土)オープン

大阪府住宅供給公社

2019年2月12日 14時40分

~地域住民の繋がり・高齢者のいきがいづくり・若者世代の更なる流入をめざす~「DIY」を通じて、団地のくらしを楽しくするコミュニティスペースが誕生

大阪府内で賃貸住宅の提供などの事業を行う大阪府住宅供給公社(大阪市中央区、理事長:堤 勇二、以下、公社)は、株式会社カザールホーム(堺市中区、代表取締役:中島 久仁)と連携し、工具を取り揃えたワークスペース、専門スタッフによる技術サポートや相談室等を備えた団地のくらしを楽しくするコミュニティスペース『DIYのいえ』を、泉北ニュータウン・茶山台団地の住戸を活用し、オープンします。DIYに関するワークショップ・セミナーも行い、活気ある交流拠点の創出をめざします。



■背景
空家の増加が社会問題化していることを受けて、賃貸住宅の流通を活性化させるために借主が自費で改修できる「借主負担DIY型賃貸借」のガイドラインを国土交通省が2013年度に提示して以降、原状回復義務なくDIYを行える賃貸物件が全国的に徐々に広まっています。
公社も、所有する約22,000戸(130団地)のうち半数以上の約12,000戸(47団地)において、DIYを施した部分の原状回復義務を緩和する『団地カスタマイズ』制度を2017年1月から開始。以降約2年間で225件の申込(2019年2月1日時点)がありました。しかしながら、申込者の46%が20~30代と若者世代に人気がある一方、60代以上の利用者は14%に留まっており、「若者世代に比べ、シニア世代には浸透できていない」という課題がありました。



■取組みの内容
そこで公社はこのたび、「茶山台団地」の住戸2室を改装したコミュニティスペース『DIYのいえ』をオープンします。
専門スタッフ(DIYアドバイザー)の技術サポートのもとで工具などを備えたワークスペースが利用可能なほか、住まいに関する相談・DIYパーツの購入も行えます。また、DIY関連のワークショップやセミナーも随時開催。周辺住民や入居検討中の方など、団地住民以外の利用も可能とすることで、開かれた活気ある交流拠点の創出をめざします。

公社は、本施設の運営を通じ地域住民の交流を活発化させると共に、『団地カスタマイズ』の利用者増加による住戸の稼働率向上(新規申込増、住戸の愛着増による入居期間の長期化)をめざします。また、将来的には、団地に居住するシニア層に本施設のスタッフとして活躍してもらうことで、高齢者のいきがい作りにも繋げていきます。

■『DIYのいえ』 概要
所在地 : 堺市南区茶山台2丁1番 茶山台団地16号棟1階 101・102号室
内容 : ・「賃貸住宅でも行えるDIY」を中心としたワークショップやセミナーを随時開催
・DIYに使用できる工具などを多数用意
・DIYの困り事を解決できる相談室の設置
・参考資料としてDIY関連の書籍や材料見本帳を用意
・団地で使えるDIY関連のパーツを販売
オープン日時:第1・第3週の水曜日および土曜日 10:00~17:00(※変更の可能性あり)
運営事業者 :株式会社カザールホーム(大阪府堺市中区深阪4丁8-56)

■ワークショップ・セミナーについて
オープン初日開催 「DIYワークショップ」 概要
「ウォリスト(※)を使用した壁面収納ワークショップ」
2月16日(土)11:00~/13:30~/15:00~(各30分間程度)
(※)ウォリスト=2×4材で手軽に柱やフックなどを取り付けられるDIYパーツ
その他、子ども向けDIYワークショップも開催予定です。なお、今後は、内窓フレームの作り方やふすまの張替えなどのワークショップを実施していく予定です。



■堺市主催「シニア向けサービス創出支援事業」の対象事業
この事業は、泉北ニュータウンの高齢化の課題を解決するために、企業・NPO・個人事業主等が公社、泉北高速鉄道株式会社、南海不動産株式会社とコラボレーションし、実施する事業アイデアを提案する「シニア向けサービス支援事業」(堺市主催)の中から選定したものです。ゆくゆくは、団地に居住するシニア層による運営支援を見込んでおり、高齢者の生きがいづくりや居場所づくりとなることをめざしています。

■団地再生のリーディングプロジェクト団地「茶山台団地」で行っている取組み
https://prtimes.jp/a/?f=d19188-20190208-9771.pdf

■茶山台団地の概要


公社が泉北ニュータウン内に建設した賃貸住宅18団地5,385戸の第1号として、1971年(昭和46年)4月に入居開始しました。
所在地   :大阪府堺市南区茶山台2丁1番・2番
交 通    :泉北高速鉄道「泉ヶ丘」駅より徒歩約10分
敷地面積 :8.26ヘクタール(甲子園球場総面積の2.1個分)
棟数・総戸数 :28棟・930戸
入居世帯数  :795件 ※2019年1月末時点
うち65歳以上の契約名義人が368件(46%)

◆大阪府住宅供給公社概要
代表者   : 理事長 堤 勇二
所在地   : 大阪市中央区今橋2丁目3番21号
設立   : 1965年11月
事業内容 : 賃貸住宅の管理事業、宅地管理事業、府営住宅の指定管理業務等
基本金 : 3,100万円(全額大阪府出資)
URL : https://www.osaka-kousha.or.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2019年2月12日 14時40分

NEW

境界のトラブル、境界問題でお困りの方へ 9月1日に東京都千代田区にて、...

令和元年9月1日(日)に、東京法務局と東京土地家屋調査士会境界紛争解決センターの合同による...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!