いえらぶニュース > “空き家1,000万戸時代”を迎え、空き家管理サービスの『空き家管理舎パートナーズ』が提供エリアを全国に拡大し、ビジネスパートナーの2次募集を開始

“空き家1,000万戸時代”を迎え、空き家管理サービスの『空き家管理舎パートナーズ』が提供エリアを全国に拡大し、ビジネスパートナーの2次募集を開始

有限会社山下建設

2019年2月7日 10時00分

ビジネスパートナー1次募集状況
全国的に増加している空き家を適正に管理する、空き家管理のパイオニアである『空き家管理舎パートナーズ』を展開する、有限会社山下建設(所在地:香川県観音寺市、代表取締役:山下 裕二)は、2019年2月より、全国でビジネスパートナーの2次募集を開始し、今迄の空き家管理の対応エリアの拡大を目指すとともに、専用ブログやSNSを使って所有者に顔の見えるサービスを提供していきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176676/LL_img_176676_1.gif
ビジネスパートナー1次募集状況

空き家管理舎パートナーズHP: https://www.akiyakanrisha.net/
空き家管理舎ブログ : http://akiya-blog.shoukoukai.net/
フェイスブックページ : https://www.facebook.com/akiyakanrisya/


■今回の事業の背景
空き家の増加が社会問題となっている昨今、今年は2018年実施の土地統計調査に基づく、空き家率や、空き家の戸数の発表があります。前回の調査では820万戸の空き家があるという報告でしたが今回はいよいよ1,000万戸の大台に乗ると予想されています。
2015年に本格施行した、「空家等対策の推進に関する特別措置法」でもなかなか問題解決には至っておりません。
また、所有者の方からの問い合わせで多いのが、できれば活用してもらいたいが、どんな人がどんなふうに使うかが心配で、なかなか結論が出せない。というものが多く、自分の空き家に関係する人がどのような人で、どのような考えで活動をしているかが見えればもっと有効活用が進むと思われます。


■事業の目標
当社が掲げる全国目標達成指標は、「30,400戸」。約1,000万戸ある空き家の中でも、売買・賃貸向けでないいわゆる「その他の空き家」の割合、約38%に当たる380万戸のうち4%は適正管理に関して潜在的ニーズがあると思われます。そのうちの20%の管理を目指します。
今後、全国にビジネスパートナーを募集するとともに、ビジネスパートナーの皆様には専用ブログやSNSを使って、仕事に関する思いや、地元での活動、地元への思いなどを発信してもらい、所有者の方々に顔の見えるサービスを提供していきます。


■今後の展開
目標の達成に向けてまず全国にビジネスパートナーを100社限定で募集し、全国どの地域でも同じサービスを受けることができるよう体制の強化を目指します。
今回募集のパートナー様には、通常いただいている年会費(60,000円)を初年度無料にする代わりに、専用ブログやSNSでの情報発信をお願いいたします。
これからいっそう増えてくる空き家の中でも適正に管理することで地域の宝物として輝くことができる物件がたくさんあります。
そのような宝物を磨き続けるお手伝いができればと思います。


■会社概要
社名 : 有限会社山下建設
代表者 : 代表取締役 山下 裕二
本社所在地: 〒769-1601 香川県観音寺市豊浜町姫浜325-2
事業内容 : 空き家管理
土木・建設業 香川県知事許可 (般-28)第1063号 (般-28)第1063号
URL : https://www.akiyakanrisha.net/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

2019年2月7日 10時00分

NEW

アスコット社がデジタルエコシステムの導入を開始 「アスコット スター ...

アスコット社(TheAscottLimited/本社:シンガポール、最高経営責任者:ケビン...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!