いえらぶニュース > 豊島区初の公民連携シェアキッチンがオープン!

豊島区初の公民連携シェアキッチンがオープン!

株式会社ジェクトワン

2019年1月10日 13時40分

空き家再生で目指す、創業支援とまちづくり

不動産の売買・賃貸・仲介等の事業を展開する株式会社ジェクトワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大河幹男 以下、当社)は、豊島区の「創業チャレンジ支援施設開設事業補助金」制度を利用した、公民連携シェアキッチン「コマワリキッチン」 (南長崎2-3-3エクウス南長崎1階)を2019年1月22日(火)にオープンします。





コマワリキッチン


飲食営業および菓子製造業の許認可を受けており、食に係る創業を目指す方を対象に起業塾を開催します。
また、当施設は商店街の空き店舗を利活用しており、今後は豊島区内に新たな創業者を増やすことにより、産業の育成およびまちづくりの活性化を図ることを目指しております。
なお、2019年1月22日~29日はオープンウィークとして特別店舗が出店します。
(施設サイト:http://komawarikitchen.jp/

【利用について】


1.製造スペースの利用




会員登録をいただければどなたでもご利用ができます。料理教室、ケータリングの仕込み、新しいメニューの開発、食育イベントの開催などにも利用可能です。「食」を通した多様な用途に対応できる設備を揃えています。


2.店頭販売の利用




当施設は飲食店営業と菓子製造の許可を取得していますので食品衛生責任者の資格取得者であれば、自分の屋号で製造・販売が可能です。また、店内にはイートインスペースもご用意しています。


3.起業塾の受講(創業支援)




全5回の講義・ワークを通じ、アイディアを形にする方法やブランディング、SNSを用いた認知の拡大など、事業を始める上で必要な知を学ぶことができます。コマワリキッチンが新たな創業の起点となるよう、スタートアップのお悩みを解決するお手伝いをいたします。


【利用料金】(※会員料金は月額、税込金額)
ドロップイン会員(月5時間) :15,000円
シルバー会員(月15時間)  :21,000円
ゴールド会員(月30時間)  :35,000円
プラチナ会員(月50時間)  :55,000円
追加延長料金/時間      : 1,500円
起業塾(全5回)       :15,000円


【施設設備】
業務用3口ガスコンロ&コンベクションオーブン
冷凍冷蔵庫
対面冷蔵ショーケース





オープンウィークイベント

期間中は、豊島区内で活躍中の人気店舗が日替わりで出店します




期間:2019年1月22日(火)~1月29日(火)
場所:コマワリキッチン(南長崎2-3-3エクウス南長崎1階)
時間:11:00~18:00(※出店者により時間の変更あり)
内容:期間限定で人気店舗のパン、菓子、コーヒーなどを販売します

※写真はイメージです


【会社概要】
社名  : 株式会社ジェクトワン
代表者 : 代表取締役 大河 幹男
所在地 : 東京都渋谷区渋谷1丁目7-7 住友不動産青山通ビル13階
設立  : 2009年1月28日
資本金 : 1億円
事業内容: 不動産の売買、賃貸、仲介 / 中古マンション・戸建の買取再販事業 / 不動産開発事業 / 不動産コンサルティング事業 / 空き家再生事業
ジェクトワンにおける全ての事業活動は、企業理念『ずっと続く暮らしをつくる。』を基軸としています。
企業HP:https://jectone.jp/
アキサポ:http://www.akisapo.jp/
GOODIY:https://goodiy.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ジェクトワン 地域コミュニティ事業部 布川
TEL:03-6427-9832  EMAIL :info@komawarikitchen.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2019年1月10日 13時40分

NEW

4/10(水)空き家対策セミナー「軍艦島化する日本」―2019【無料】...

2035年、15年後の日本の空き家率は30.2%と予測されています。 まさに3軒に1軒が空...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!