いえらぶニュース > MFS、元本返済が不要な「リバースモーゲージ型住宅ローン」の案内を開始!

MFS、元本返済が不要な「リバースモーゲージ型住宅ローン」の案内を開始!

株式会社MFS

2018年11月9日 11時40分

~60歳以上が対象の住宅ローン借り換えサービス。人生100年時代のアフターサービスとして導入~

住宅ローンに特化したフィンテック企業である株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明 以下「MFS」)は、株式会社アプラス(東京本部:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部 晃 以下「アプラス」)と提携し、MFSが運営する住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」の利用者向けに、アプラスが開発したリバースモーゲージ型住宅ローン(以下「本商品」)の案内を11月9日から開始します。


本取り組みの概要

 人生100年時代を迎えて、シニア世代に向けた資産運用に関するファイナンシャルサービスの重要性が高まっています。MFSでは「モゲチェック・プラザ」を通してローンをお借り入れ頂いた60歳以上のお客様に対し、老後の余裕ある資金づくりの支援として、持ち家である自宅を担保に元本返済が不要な住宅ローンに借り換えることができる「リバースモーゲージ型住宅ローン」をアフターサービスの一環としてご提供します。
 
 本商品はアプラスが住宅金融支援機構の融資保険を利用して実現した画期的な住宅ローンです。ご年齢や住宅ローン残高及び物件価値等に関する一定の条件を満たした住宅ローン利用者であれば、返済中の住宅ローンを本商品に借り換えすることができます。本商品に借り換えると、それ以降の元本返済が不要となり、毎月の返済額を大きく下げることができます(下図の通り)。MFSでは、独自の分析を行うことで、「モゲチェック・プラザ」のお客様の中から本商品をご利用できる方を選び出し、本商品への借り換えをご案内します。







MFS独自の分析とは

 MFSでは住宅ローンが最適なものかどうかをメンテナンスするため、モゲチェック・プラザをご利用いただいたお客様の住宅ローン情報を毎月分析し、ローン残高や金利動向及び借り換えメリット額を記載したマンスリーレポートをアフターサービスとして提供しております。今回はこの分析にお客様の年齢や物件評価額を加味し、リバースモーゲージ型住宅ローンへの借り換え条件(※)に合致するかどうかを毎月モニタリングします。

(※)通常の住宅ローンからリバースモーゲージ型住宅ローンへ借り換えには、利用者の年齢や担保評価及
び住宅ローン残高の条件全てが一定の基準を満たす必要があります。






MFSについて

MFSは、テクノロジーを駆使した住宅ローン媒介サービスのリーディングカンパニーとして、住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」や住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」といったWebサービスを提供するとともに、電話やオンラインによる住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」を運営し、住宅ローン借り換えのアドバイスや住宅ローン申し込み手続きのサポートを提供しています。2016年4月のサービス開始以来、相談件数4,000件、金利削減額平均340万円、満足度94%といった実績を上げています。そして、2018年10月から不動産投資ローンの借り換えにもサービスを拡大しております。


株式会社MFS概要

代表者:代表取締役CEO 中山田 明
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLAB
事業:住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」、住宅ローンオンラインマッチングサービス「モゲチェック」、住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」の運営など
ウェブサイト:http://www.mortgagefss.jp/


株式会社アプラス概要

代表者:代表取締役社長 渡部 晃
本店所在地:大阪市浪速区湊町一丁目2番3号
事業:ショッピングクレジット事業、カード事業、ペイメント事業
ウェブサイト:https://www.aplus.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2018年11月9日 11時40分

NEW

ベンチャーエコシステムの構築に関する大阪府との連携協定の締結について~...

阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:若林常夫)と大阪府(本庁:大阪市...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!