いえらぶニュース > 「住宅・暮らし」に関するスタートアップ企業の育成・投資プログラム「Open Network Lab Resi-Tech」に協賛します

「住宅・暮らし」に関するスタートアップ企業の育成・投資プログラム「Open Network Lab Resi-Tech」に協賛します

阪急阪神不動産株式会社

2018年11月9日 10時15分


阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:若林常夫、以下「当社」)は、株式会社デジタルガレージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林郁)が展開するスタートアップ企業の育成・投資プログラムOpen Network Labのうち、11月8日(木)から受付を開始する「住宅・暮らし」に特化したプログラム『Open Network Lab Resi-Tech(レジテック)』(http://bit.ly/2PGJUNR)に協賛します。

「Open Network Lab」は、「世界に通用するスタートアップ企業の育成」を目的に2010年からスタートしており、事業成長と投資の両面からバランスの取れた支援を行う「インキュベーション」やイベントの開催、コミュニティの形成を通じて、これまで100社以上のスタートアップを支援・育成してきており、シリコンバレーのベンチャーキャピタルから資金調達を成功させたスタートアップを複数輩出するなど、実績のあるプログラムです。

今回の「Open Network Lab Resi-Tech」では、第5世代通信(5G)やIoTを活用した不動産サービス、生活サービス、街開発といった当社の各事業と親和性のあるサービスを手がける有望なスタートアップの発掘と事業育成が行われるプログラムであることから、当社もこのプログラムに協賛するもので、この協賛を通じて、同プログラムのコアパートナーとして、資金提供、スタートアップ選考やメンター派遣などに携わってまいります。

当社は、今後の日本で起こり得るライフスタイルの変化を見据えた「未来の住まい」を追求しており、先進的な情報通信技術を導入した住まいの分野において、新しい事業メニュー・サービスの創出が一層期待できます。
更に、当社では大阪梅田を中心に関西圏の国際競争力の強化を目指し、新産業の創造や関西圏の活性化につながる起業家支援として、スタートアップ支援オフィス「GVH#5」(http://bit.ly/2qB7Gwc)を開設・提供しておりますが、今回の協賛により、グローバルなネットワークの構築や支援ノウハウの更なる向上が期待できます。
このほかにも、当社では、去る8月に食のスタートアップを支援する「OSAKA FOOD LAB」を開設するなど、スタートアップ支援に積極的に取り組んでおり、今回の「Open Network Lab Resi-Tech」の協賛等を通じてスタートアップを更に支援していくことで、関西の活性化につなげてまいります。


阪急阪神不動産株式会社 http://bit.ly/2DV23mb

リリース http://bit.ly/2ASg3K3

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

2018年11月9日 10時15分

NEW

ベンチャーエコシステムの構築に関する大阪府との連携協定の締結について~...

阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:若林常夫)と大阪府(本庁:大阪市...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!