いえらぶニュース > 元法制審議会民法(債権関係)部会委員の弁護士と、司法研修所教官経験者や行政職経験者の弁護士による編集の『最新 債権法の実務』を9月22日(金)に発行

元法制審議会民法(債権関係)部会委員の弁護士と、司法研修所教官経験者や行政職経験者の弁護士による編集の『最新 債権法の実務』を9月22日(金)に発行

新日本法規出版株式会社

2017年9月25日 18時00分

新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:服部昭三)は、元法制審議会民法(債権関係)部会委員の弁護士と、司法研修所教官経験者や行政職経験者の弁護士による編集の『最新 債権法の実務』加除式書籍9,720円(税込)を9月22日(金)に発行しました。


新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:服部昭三 http://www.sn-hoki.co.jp/) は、元法制審議会民法(債権関係)部会委員の弁護士と、司法研修所教官経験者や行政職経験者の弁護士による編集の『最新 債権法の実務』加除式書籍9,720円(税込)を9月22日(金)に発行しました。


加除式書籍とは、バインダー形式の「台本」に登載されている法令・通達の改正や新しい事例の追加など「台本」の内容に変更・補正の必要が生じた場合に、その該当ページ部分だけを差し替える「追録」(有料)が発行される書籍です。


契約ルールの大改正に対応するために!
◆改正民法施行後の債権の取扱いや契約の法律実務について、具体的なケースを想定したQ&Aでわかりやすく解説。
◆改正による現行の実務への影響や留意点を簡潔に解説。


【掲載内容】
第1編 民法総則関係
第1章 概説
第2章 法律行為
 第1 公序良俗・意思能力
 第2 代理
 第3 無効・取消し
 第4 条件・期限
 第5 期間
第3章 時効
 第1 総論
 第2 取得時効
 第3 消滅時効

第2編 債権総則関係
第1章 概説
第2章 債権の目的
○特定物の引渡しまでの注意義務
○法定利率の基準時は
○法定利率の変更ルール・中間利息の控除
○選択債権とは
第3章 債権の効力
 第1 債務不履行の責任等
○相手方が受領を怠る場合の履行不能とは
○履行補助者の行為による損害賠償責任とは
○損害軽減義務とは
 第2 債権者代位権及び詐害行為取消権
○債権者代位権とは
○債権者代位権の相手方の反論は
○債権者代位権行使上の注意点は
○債権者代位権行使と訴訟との関係は
○債権者代位権の転用例とは
○詐害行為取消権とは
○対価を得た財産処分に対する詐害行為取消権は
○担保提供に対する詐害行為取消権は
○代物弁済に対する詐害行為取消権は
○転得者に対する詐害行為取消権とは
○詐害行為取消権の価額償還請求は
○詐害行為取消訴訟における債務者への訴訟告知とは
○受益者の反対給付と詐害行為取消権は
○詐害行為取消権行使後の受益者の権利は
○詐害行為取消権行使後の転得者の権利は
○詐害行為取消権の行使期限は
第4章 多数当事者間の債権及び債務
 第1 不可分債権及び不可分債務
○不可分債権者1人に生じた相殺等の効力は
○不可分債務者1人に生じた混同の効力は
 第2 連帯債権及び連帯債務
○連帯債権者はどのような場合に生じるのか
○連帯債権者1人に生じた事由の効力は
○連帯債務の発生原因とは
○連帯債務者1人に生じた相殺の効力は
○連帯債務者1人に生じた時効の効力は
○連帯債務者間の求償権は
○連帯の免除の場合の債権者の負担は
 第3 保証債務
○主債務の保証契約締結後の加重と保証人の責任とは
○委託を受けた保証人の求償権とは
○個人根保証契約の保証人についての注意点は
○保証契約における主たる債務の元本確定事由は
○法人による根保証契約締結時の注意点とは
○事業のための貸金債務の保証意思の確認の注意点とは
○事業のための貸金債務の保証意思の確認が不要な場合とは
○保証人に対する情報提供義務とは
第5章 債権の譲渡
○債権譲渡特約の有効性は
○譲渡制限特約に反して債権を譲り受けた者による履行請求の効力は
○譲渡制限特約付きの債権を譲り受ける場合に注意すべきことは
○譲渡制限特約につき悪意・重過失の譲受人に対する弁済の効力は
○譲渡制限特約付きの金銭債権が譲渡された場合における供託とは
○譲渡制限特約付き金銭債権が譲渡された場合において譲渡人が倒産したときの処理は
○譲渡制限特約付き債権の差押えの効力は
○預貯金債権に係る譲渡制限特約の効力は
○将来債権譲渡の有効性は
○集合債権譲渡担保をとるときの留意点は
○債権譲渡の債務者対抗要件(権利行使要件)は
○債権譲渡がなされた場合における債務者の抗弁は
○債権譲渡が競合した場合の優劣は
第6章 債務引受
○併存的債務引受の要件と効果は
○免責的債務引受の要件と効果は
○免責的債務引受における求償権は
○免責的債務引受による担保の移転は
第7章 債権の消滅
 第1 弁済
○第三者弁済の効力は
○受領権者としての外観を有する者に対する弁済の効力は
○受領権者としての外観を有する者に対する定期預金担保貸付けと相殺の効力は
○弁済充当の順序は
○弁済による代位の要件と効果は
○担保保存義務違反の責任が生じる場合は
 第2 相殺
○不法行為等により生じた債権を受働債権とする相殺の効力は
○差押えを受けた債権を受働債権とする相殺の効力は
○差押え前の原因に基づいて生じた債権を自働債権とする相殺の効力は
 第3 更改
○更改の要件と効果は
 第4 有価証券
○有価証券に関する規定は

第3編 契約関係
第1章 概説
第2章 契約の成立
第3章 契約の効力
第4章 契約の解除
第5章 定型約款
第6章 贈与
第7章 売買
 第1 総則
 第2 売買の効力
 第3 買戻し
第8章 交換
第9章 消費貸借
第10章 使用貸借
第11章 賃貸借
 第1 総則
 第2 賃貸借の効力
 第3 賃貸借の終了
 第4 敷金
第12章 雇用
第13章 請負
第14章 委任
第15章 寄託
第16章 組合
第17章 終身定期金
第18章 和解

(※第2篇のみ細目次を掲載してあります。)


【新日本法規出版株式会社が運営する販売サイト】
▼webショップ(新日本法規出版株式会社が提供する法律書籍販売サイト)
『最新 債権法の実務』(加除式書籍)
http://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_0644.html?PR


【書籍情報】
書 名:最新 債権法の実務
編 集:債権法実務研究会
編集代表:岡正晶(弁護士・元法制審議会民法(債権関係)部会委員)
編集委員:佐藤昇(弁護士・元最高裁判所司法研修所教官)
     市野澤要治(弁護士・元最高裁判所司法研修所教官)
     京野哲也(弁護士・元最高裁判所司法研修所教官)
     松家元(弁護士・元最高裁判所司法研修所教官)
     内田清人(弁護士・元公正取引委員会事務総局審査官)
定 価:9,720円(本体価格9,000円+税)
発行日:2017年9月22日
体 裁:加除式書籍(※) B5 650頁 全1巻・ケース付
発 行:新日本法規出版株式会社
(※)加除式書籍とは、バインダー形式の「台本」に登載されている法令・通達の改正や新しい事例の追加など「台本」の内容に変更・補正の必要が生じた場合に、その該当ページ部分だけを差し替える「追録」(有料)が発行される書籍です。


【本書に関する報道・メディア関係のお問い合わせ先】
新日本法規出版株式会社(http://www.sn-hoki.co.jp/
営業局 推進部 担当:松浦 
E-mail : web-marketing@sn-hoki.co.jp
TEL : 052-211-5785
FAX : 052-211-1522
公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ShinnipponHoki/
公式ツイッターアカウント:https://twitter.com/SHINNIPPON_HOKI

企業プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

2017年9月25日 18時00分

NEW

飲食店向け居抜き店舗賃貸事業の「株式会社ABC店舗」は、働き方改革を強...

飲食店向けの居抜き店舗賃貸事業を展開する株式会社ABC店舗(東京都港区、代表取締役土井恭一...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!