いえらぶニュース > HOME'S、AIによる物件の不整合画像検出を開始

HOME'S、AIによる物件の不整合画像検出を開始

株式会社ネクスト

2016年12月19日 13時00分

 総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、この度ディープラーニングを活用した物件データベースの不整合画像検出を開始いたします。

■ディープラーニング(深層学習)による不整合画像検出の概要
 ディープラーニングとは、人間の脳の神経回路の仕組みを模して開発されたアルゴリズムです。予め定義したルールに基づく従来の機械学習とは異なり、自動で特徴を識別することで、認識精度の飛躍的な向上が可能となりました。
この度導入する物件データベースの不整合画像検出では、まず『HOME'S』が大量に保有している「間取り」、「キッチン」、「居間」などの物件に関する画像データをシステムに学習させます。次に学習した画像の特徴と不動産事業者が登録した画像を照合し、登録された画像の被写体と登録項目のラベルに相違がないかを判定します。判定の結果、たとえば「居間」という項目で、実際には最寄り駅が写った画像が登録された場合等は不整合と判断し、登録元の不動産事業者に注意を促します。                    

■背景と展望
『HOME’S』では、複数の不動産事業者が同一の物件を掲載した場合、ユーザーにとって有益な情報は何かという観点から、室内の画像がより多く登録されている物件を検索結果で優先的に表示しています。しかし、一部の物件では登録ミスなどにより、周辺環境の画像が室内画像として登録され、「居間」や「キッチン」として表示されるといった不整合が起きていることが課題となっていました。
そこで、社内研究開発組織「リッテルラボラトリー」の研究をもとに、この度ディープラーニングを活用した物件データベースの不整合画像検出システムを実装いたしました。今後は、画像の種類だけでなく品質面でもディープラーニングの適用範囲を広げていくことを検討しております。
 『HOME'S』では、こうした先端技術の導入により、一人ひとりがよりスムーズに自分にぴったりの住まいに出逢える仕組みを構築してまいります。

ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。

■『HOME'S』について   (URL:http://www.homes.co.jp/
『HOME'S』は、北海道から沖縄まで、全国約839万件(2016年11月度平均)の不動産物件情報をご希望にあわせて検索できる、総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報サイトです。物件情報だけでなく、家賃相場や各種ノウハウ、気になる駅・地域の周辺情報、住まいのトレンド、契約・引越し関連サービスまで、住み替えに関するあらゆる情報、サービスをワンストップで提供しています。
※産経メディックス調査(2016.1.23)

■株式会社ネクストについて (東証第一部:2120、URL:http://www.next-group.jp/
株式会社ネクストは、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997 年に設立。
主要サービスの『HOME'S』は、総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報サイトです。
現在は『HOME'S』のアジア展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界46ヶ国でサービス提供。
また、2014年より展開を開始したサービスブランド「Lifull」では、暮らし全般に関わる各種サービスを運営し、人々の自分らしい生き方をサポートしています。
今後も、「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりが自信を持って未来に踏み出せる世の中をつくるため、常に人々の生活に寄り添い、誠実に、思いやりをもって一人ひとりにぴったりの情報を提供します。
※産経メディックス調査(2016.1.23)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

2016年12月19日 13時00分

NEW

<Home + net(ホームネット)>が「第11回キッズデザイン賞」...

住宅情報館株式会社のIoTの特性を活かして在宅時の子どもを見守る<Home+net(ホーム...

  • Daily
  • Weekly

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!