いえらぶニュース > 総武線(市川~千葉駅間)一棟アパートの投資利回りが最も高い駅は東船橋駅、最も低い駅は下総中山駅不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家( けんびや ) 」

総武線(市川~千葉駅間)一棟アパートの投資利回りが最も高い駅は東船橋駅、最も低い駅は下総中山駅不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家( けんびや ) 」

健美家株式会社

2016年10月18日 11時15分

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、同サイトに登録された新規物件を集計し、「総武線駅別一棟アパート投資利回りの平均」の調査結果をまとめましたのでお知らせいたします。

◇2016年総武線沿線(市川駅~千葉駅間)の一棟アパート投資利回り

総武線沿線の一棟アパート投資利回りの調査結果によれば、利回りが最も高いのは東船橋駅の12.12%。最も低いのは下総中山駅の6.76%であった。総武線沿線は、千葉県という立地と、登録物件の築年数の全体的の古さ等から、利回りは8%以上の物件が多い。総武線快速の停車駅である船橋駅(8.27%)・津田沼駅(9.06%)・稲毛駅(9.08%)・千葉駅(10.23%)も、首都圏では相対的に高い利回りといえ、利便性のよさのわりには割安感があるといえる。
一方、利回りが最も低い下総中山駅(6.76%)と2番目に低い西千葉駅(6.85%)は、築年数が10年未満と築年数が浅いのが要因とみられる。利回りが3番目に低い西船橋駅(7.15%)は築年数20.2年と築古だが、総武線の他に、武蔵野線、東京メトロ東西線、東葉高速鉄道と複数沿線が利用でき、東京駅まで電車で直通30分圏内という好立地が価格を押し上げたと見られる。

健美家(けんびや)は、収益物件の紹介、著名な不動産投資家によるコラム、全国の大家さんのブログ集、セミナー情報等、「不動産投資にかかわる多くの人たちに役立つ情報」を提供している不動産投資の専門サイトです。⇒https://www.kenbiya.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

2016年10月18日 11時15分

NEW

RKB住宅展、にっぽんのお正月イベント『新春住宅祭』開催!巨大おみくじ...

新春住宅祭 メイン

RKB住宅展【小倉北】と【小倉南】の2つの住宅展示場では、1月4日(金)~14(月・祝)の...

  • Daily
  • Weekly

タグtag

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!