いえらぶニュース > マンションリノベーション・リフォームにも提案できるスタイリッシュなフロートプランに対応した洗面化粧台「C-Line(シーライン)」を新発売

マンションリノベーション・リフォームにも提案できるスタイリッシュなフロートプランに対応した洗面化粧台「C-Line(シーライン)」を新発売

パナソニック

2014年10月15日 17時55分

画像1
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、高級タイプのシステム洗面化粧台などで品揃えされているスタイリッシュなフロートプランに対応した洗面化粧台を普及価格帯のシリーズに投入。新築はもちろんマンションリノベーション・リフォームにも最適なバリエーションを用意し、タッチレス水栓やツインラインLED照明など、家族みんなに便利な機能性にも配慮した洗面化粧台「C-Line(シーライン)」を2014年12月22日よりモデルチェンジし発売します。

▼洗面化粧台「C-Line(シーライン)」
http://sumai.panasonic.jp/dressing/new/cline.html

近年の洗面化粧台は、マンションのトレンドを受け、デザイン性を重視したカウンタータイプの洗面化粧台が採用される傾向が大きくなっており、洗面からバスルームへと直接つながるプランなどが既に標準的なプランのひとつになっています。一方、マンションリフォームでは壁との納まりを配慮する必要があり、サイズの自由度が採用のポイントとなる傾向があります。

今回発売する洗面化粧台「C-Line(シーライン)」は、今までになかったスタイリッシュなフロートプランに対応するだけでなく、最大幅1,700mmの間口まで対応できるカウンターを用意。マンションリノベーションやリフォームなどに提案しやすい品揃えに拡大しました。また、女性をサポートするための機能として化粧に最適なLED照明や、小さな子どもでも簡単・清潔に使えるタッチレス水栓などの品揃えを充実させました。

パナソニックは、本製品により、主力である新築の採用だけでなくマンションリフォーム、リノベーションなどへのプラン提案力を強化し、2015年度に販売目標80,000台を目指します。

【品名】洗面化粧台「C-Line(シーライン)」フロートプラン
【仕様】1面鏡幅900プラン(ホワイト)
【希望小売価格(税抜・工事費別)】166,500円

【品名】洗面化粧台「C-Line(シーライン)」標準プラン
【仕様】LED照明3面鏡幅900プラン(ホワイト)
【希望小売価格(税抜・工事費別)】264,500円

【発売日】2014年12月22日
【販売目標】80,000台/2015年度

■特長
1.マンションリノベーション・リフォームに対応したスタイリッシュなフロートプランをラインアップ。
2.最大幅1,700mmの間口まで対応できるカウンターを品揃え。
3.忙しい女性をサポート。子育てや美容空間としての使い方にも配慮した機能を充実。

▼洗面ドレッシング
http://sumai.panasonic.jp/dressing/
▼パナソニック リフォーム
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/
▼パナソニック エコソリューションズ社 公式Facebookページ
http://www.facebook.com/Panasonic.sumai

■お問い合わせ先
お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時~20時)     
エコソリューションズ社 マーケティング本部 住環境商品営業企画部 水廻り商品グループ 
電話:06-6908-1131(代表受付8:45~17:30) 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年10月15日 17時55分

NEW

春の引っ越しシーズン、住まい探しのカギは「口コミ」にあり!「マンション...

コロナ禍での「オンライン内見」時代、高まるリアルな「口コミ」ニーズに対応!  株式会...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!