いえらぶニュース > 賃貸マンション初「長期優良住宅」認定(名古屋市)

賃貸マンション初「長期優良住宅」認定(名古屋市)

高松建設

2014年10月14日 17時37分

画像1
「(仮称)東区・S社マンション(総戸数75戸)」着工

高松建設株式会社(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:西出雅弘)が、愛知県名古屋市東区にて建築中の賃貸マンション「(仮称)東区・S社マンション(鉄筋コンクリート造13階建・総戸数75戸)」が2009年6月に施行された「長期優良住宅」の認定を、名古屋市内の賃貸マンションで初めて取得いたしましたのでお知らせいたします。(2014年9月10日認定取得済)

長期優良住宅認定は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅の普及を促進することで、良質な住宅ストックを将来世代に継承することなどを目的としており、耐震性や省エネルギー性など複数の性能に関して国が定める基準をクリアした住宅のみに与えられる認定制度です。現在においても賃貸マンションにおける「長期優良住宅」の認定取得は珍しいとされていますが、当物件は、「長期優良住宅」認定取得への対応が長期にわたる安定したマンション経営や資産価値の維持につながると、建築主のご理解を得て実現しました。


<長期優良住宅認定における「(仮称)東区・S社マンション」の主な対応>
【劣化対策】
・水セメント比45%以下のコンクリートを使用(耐用年数約100年以上)
【耐震性】
・建築基準法の1.25倍の地震力にて設計を行い、高い耐震性を実現
【可変性】
・将来の間取り変更を見据え、階高約2.96~3.16mに設定
【省エネルギー性】
・全戸にペアガラスを採用し、断熱材の厚さを通常の約1.6倍に設定

当物件は、当社設計・施工の賃貸マンションにおいては「ブライトロード西宮(兵庫県西宮市・総戸数27戸)」に続く、2件目の長期優良住宅認定物件です。当社では建築費の増加はあるものの、入居者の関心がある性能を付加した当認定制度を、今後も積極的に提案していく予定です。


「(仮称)東区・S社マンション」物件概要
所在地    名古屋市東区泉1丁目2129番
交通     名古屋市営地下鉄桜通線「久屋大通」駅・「高岳」駅徒歩3分
敷地面積   761.00m2 (230.20坪)
延床面積   5,676.98m2 (1,717.28坪)
構造・規模  鉄筋コンクリート造13階建
総戸数    75戸
間取り    1LDK~4LDK
専有面積   41.16m2 ~128.93m2
賃料    87,000円~210,000円 ※入居募集予定住戸(41.16m2 ~106.57m2 )に対応
設計・施工   高松建設株式会社
<スケジュール> 
着工 2014年9月
竣工 2015年11月予定
入居 2015年12月予定


【(仮称)東区・S社マンションの主な特徴】
「安心・安全・快適・健康」をコンセプトに、長期優良住宅認定以外にもハード・ソフト両面でさまざまな取り組みを行っています。
◆増加しつづける花粉症対策として、共用エントランスにエアシャワー室を設置。住戸内には花粉除去フィルター付き24時間換気システムや除菌イオン発生機能付き浴室暖房乾燥機・エアコンを採用し、室内の空気環境に配慮。
◆アウトフレーム逆梁ハイサッシの採用により、採光に優れた開放感のある空間を実現。


PDFダウンロード/http://prtimes.jp/a/?f=d10262-20141014-5111.pdf
ホームページ/http://www.takamatsu-const.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年10月14日 17時37分

NEW

「リロンライフパートナーズ株式会社」は《人と花をつなぎ感動をデザインす...

【人と花をつなぎ「感動」をデザインする花のプロデュース】 リロンライフパートナーズ株...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!