いえらぶニュース > 2014年10月1日時点 首都圏「住宅地価格」と「中古マンション価格」の動向

2014年10月1日時点 首都圏「住宅地価格」と「中古マンション価格」の動向

野村不動産アーバンネット株式会社

2014年10月9日 17時53分

画像1
~エリア平均の変動率は6四半期連続でプラス~

野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島青史)は、2014年10月1日時点の「住宅地価格動向」「中古マンション価格動向」の調査を実施いたしました。この度、調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。


■7-9月期の特徴(四半期ベースの比較)
 四半期ベースの住宅地価格・中古マンション価格ともに、エリア平均の変動率は6四半期連続でプラスとなりました。
 
・7-9月期の「住宅地価格」は、首都圏エリア平均では0.4%(前回0.3%)の変動率となりました。
 四半期比較で「値上がり」を示した地点が25.5%(前回18.6%)、「横ばい」が71.3%(前回78.6%)、「値下がり」が1.3%(前回2.9%)となり、値上がり地点が増加し、横ばい地点、値下がり地点が減少しています。
 エリア別の平均変動率では千葉を除いてプラスとなりました。
 
・7-9月期の「中古マンション価格」は、首都圏エリア平均で0.3%(前回0.3%)の変動率となりました。
 四半期比較で「値上がり」を示した地点が21.7%(前回18.7%)、「横ばい」が75.1%(前回72.4%)、「値下がり」が3.2%(前回8.9%)となり、値上がり地点と横ばい地点が増加し、値下がり地点が減少しています。
 エリア別の平均変動率では千葉を除いてプラスとなりました。
 
■2013年10月-2014年9月の特徴(年間ベースの比較)
 年間ベースの住宅地価格・中古マンション価格ともに、エリア平均の変動率はプラスを維持しました。
 
・年間ベースの住宅地価格変動率は、首都圏エリア平均で1.4%(前回1.1%)となりました。
 年間比較では、「値上がり」を示した地点が49.7%(前回48.6%)、「横ばい」が38.9%(前回38.6%)、「値下がり」が9.6%(前回12.9%)となり、値上がり地点と横ばい地点が増加し、値下がり地点が減少しました。
 エリア別の平均変動率では千葉を除いてプラスとなりました。
 
・年間ベースの中古マンション価格変動率は、首都圏エリア平均で1.1%(前回0.9%)となりました。
 年間比較では、「値上がり」を示した地点が46.6%(前回41.6%)、「横ばい」が34.8%(前回38.8%)、「値下がり」が18.6%(前回19.6%)となり、値上がり地点が増加し、横ばい地点と値下がり地点が減少しました。
 エリア別の平均変動率では千葉を除いてプラスとなりました。
 
【本調査について】
本調査は、平成元年よりスタートし、「野村の仲介+」各店舗の営業エリアにおいて、調査地点・対象マンションを選択し、通常取引を想定して実勢価格を査定しております。調査は3ヶ月毎(1月、4月、7月、10月)に実施し、調査結果につきましては、不動産情報サイト「ノムコム」上で公表しております。

※大阪圏の調査結果につきましても「ノムコム」上で公表しております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年10月9日 17時53分

NEW

VRクラウドのスペースリー不動産売買仲介FCのSUMiTASと業務提携

~スペースリーの不動産住宅FC・VCとの提携は8グループ約1000店舗に~  どこで...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!