いえらぶニュース > 「野村の仲介+(プラス)」が「二世帯近居」を提案

「野村の仲介+(プラス)」が「二世帯近居」を提案

野村不動産アーバンネット株式会社

2014年10月7日 10時43分

画像1
~『近居』をテーマにした新テレビCMを10月7日(火)より放映~

野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島青史)は、10月7日(火)より、「野村の仲介+(プラス)」の新テレビコマーシャルを放映いたしますので、お知らせいたします。

内閣府の意識調査※1では、「理想の家族の住まい方」として、全体の31.8%が「近居」をあげ、「同居」と回答した割合(20.6%)を上回っています。

また、地方自治体も『親元近居助成』(北区)、『親元近居支援事業(三世代すまいるポイント)』(品川区)などの制度で『近居』を後押ししています。

共働き子夫婦への育児支援、高齢の親世代の将来的な介護ニーズなど、お互い助け合いながらも一定のプライバシーが確保できる『近居』という住まい方、特に「同じ生活圏で暮らすこと」を「二世帯近居」とし、お客様へ提案してまいります。

※1 内閣府『家族と地域における子育てに関する意識調査報告書』(平成26年3月)

新テレビCMは、不動産情報サイト「ノムコム」の「二世帯近居」コンテンツ( http://www.nomu.com/plus/kinkyo/ )でご覧いただけます。   

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年10月7日 10時43分

NEW

グローカル総合不動産企業 リストグループ 2021年4月入社の全新卒社...

21年入社新卒社員

世界規模の不動産ネットワークと国内不動産の実績を強みとする総合不動産企業、リスト株式会社(...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!