いえらぶニュース > 「沖式自宅マンション査定」関西版をリリース

「沖式自宅マンション査定」関西版をリリース

スタイルアクト株式会社

2014年9月12日 12時14分

画像1
-住まいサーフィン 17万人突破記念!-“不動産ビックデータ”を使って自宅マンションをネットでリアルタイムに簡単査定!

不動産ビッグデータを所有するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、自社が運営する分譲マンション購入のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン(http://www.sumai-surfin.com/)」の会員数が17万人を突破したことを記念し、会員の方向けに、サイト内の人気コンテンツである「沖式自宅マンション査定」の関西版を新たにリリースいたしました。


「沖式自宅マンション査定」とは、マンション名と部屋番号の指定だけで無償で物件の適正価格をリアルタイムに確認することができる、“不動産ビックデータ”を使ったマンション査定サービスです。 不動産の分譲住宅事業は、供給側が情報豊富なプロなのに対して、需要(購入)側はほとんどが一生に1回の経験しかない素人のため、情報の非対称性が大きいというのが現状です。この状況を打破するため、スタイルアクトでは2011年に「沖式自宅マンション査定」首都圏版をリリースいたしました。「沖式自宅マンション査定」は、1.“日本初”のリアルタイムでのマンション査定サービスであり、2.取引時価がわかり、3.不動産会社に営業されないという3点により、査定利用件数が4万回を超える「住まいサーフィン」の人気コンテンツとなっています。

今後は、新しくリリースした関西版の不動産データの拡充を図り、一般の方が購入時、売却時のいずれにおいても使用でき、価格の妥当性を個人が判断できるコンテンツにしてまいります。その結果、各取引の活性化が見込め、不動産流通業界の発展に寄与できるものと考えています。

■沖式自宅マンション査定利用方法
査定したい物件名を検索し、その物件ページの「沖式自宅査定」をクリック
※「沖式自宅査定」バナーがない場合は査定できない物件となります。

【住まいサーフィン (http://www.sumai-surfin.com/)】
スタイルアクト株式会社が2003年に運営を開始したマンション購入のセカンドオピニオンサイト。2014年に会員数17万人を突破。新築マンション価格、中古マンション価格、マンション評価、相場価格などを揃えている。

【スタイルアクト株式会社について】
スタイルアクトでは、業界最大の不動産ビッグデータとして年間10億件を超える不動産情報を収集、解析しています。さらに、人口動態や国勢調査などのマクロデータと上記の不動産ビッグデータとを組み合わせ、「住宅需要」を統計的に解析し、理論を構築。その理論から分譲住宅市場動向や住宅着工予測、マンション価格を統計的に解析した「沖式時価」や「儲かる確率」などを提唱。数字と理論で個人客や企業のコンサルティングをしています。最近では、不動産ビッグデータ解析から生まれた相続税節税の決定版として、タワーマンション節税を提案。物件のデータ抽出から不動産仲介、賃貸客付け、賃貸物件管理まで一貫したサービスを提供しています。

《会社概要》
■会社名: スタイルアクト株式会社
■住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座六丁目2番1号 Daiwa銀座ビル7階
■代表取締役: 沖 有人(おき ゆうじん)
■オフィシャルサイト: http://www.styleact.co.jp/
■住まいサーフィン: https://www.sumai-surfin.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年9月12日 12時14分

NEW

無料の不動産売却オンライン一括査定サイト「査定之助」2021年3月10...

株式会社3Films琉球(沖縄県那覇市、代表:辻典子)は、不動産の売却適正価格を無料で一括...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!