いえらぶニュース > スリランカ史上、最大級世界遺産を展望できる至極の高層リゾートホテルを建設

スリランカ史上、最大級世界遺産を展望できる至極の高層リゾートホテルを建設

株式会社シティクリエイションホールディングス

2014年9月9日 12時00分

株式会社シティクリエイションホールディングスは、2014年8月20日にコロンボ証券取引所に上場している、アジアキャピタルグループと、スリランカの世界遺産がある町ゴールに豪華リゾートホテルの建設をする。


株式会社シティクリエイションホールディングス(本社:東京都板橋区 代表取締役:指田 仁)は、2014年8月20日にコロンボ証券取引所に上場している、
スリランカ最大級の投資(証券)会社のアジアキャピタルグループ
(本社:World Trade Centre, Echelon Square, Colombo 1 代表取締役:Stefan Abeyesinhe)と、スリランカの世界遺産がある町ゴールに豪華リゾートホテルの建設をする。

【背景】
アジアキャピタルグループとシティクリエイションホールディングスは
2010年以降、約8%の高経済成長を持続し、観光客が100万人突破で毎年約30万人強の増加
需要を満たすため、スリランカにある世界遺産に豪華リゾートホテルの建設をする。
建設は年末に開始され、2年後の2016年12月に完成予定である。

【ホテル予定概要】
・世界遺産ゴールフォートの南岸の町では最大級のホテルになる。
・客室にはプライベートプールやジャグジーバス等のオプション。
・豪華な部屋では海が一望できる絶景が楽しめる。
・ホテルの施設にはインド洋を眺められるプールがありプールバーやウォーターラウンジも完備。
・アーユルヴェーダ&オリエンタルエステが受けられるスパを提供。
・屋上にはサンセットを眺められるバーを建設。

【アジアキャピタルグループ】
アジアキャピタルグループはスリランカ最大級の投資(証券)会社で
コロンボ証券取引所に上場している。アジアキャピタルグループは
レジャー、不動産部門の所有資産で高い将来性を持つ。
今後数年間を通してレジャー部門のポートフォリオを大きく増やす計画でいる。
発展への強い推進力を持つホテルグループとして、アジアキャピタルグループは現在
複数の発展プロジェクトに参加している。


アジアキャピタルグループは現在、4つの世界的に評価された豪華ホテルを所有、経営している。
・シナガワビーチ ・タマリンドホテル
・リバーハウス  ・タプロバナ
上記の4つのホテルでアジアキャピタルグループは現在70の部屋を持つが、
今回のプロジェクトは、現在持つ4つのホテルの合計部屋数を大きく上回る、
1棟で従来の3倍以上の部屋数を持つ大型ホテルを建設予定
敷地面積が約2448坪の広さの高級ビーチリゾートになる。
                 
【シティクリエイションホールディングス】
シティクリエイションホールディングスは、グループ子会社に
株式会社グッドスタッフ(一般労働者派遣業、英会話事業、)
株式会社 レボリューション(有料職業紹介事業)
リムジンタクシー株式会社(タクシー業、リムジン送迎業)
株式会社 J&E(人材育成、コンサルティング事業)
を持つホールディングス会社である。


                            
[本件に関するお問い合わせ先]
◆株式会社シティクリエイションホールディングス
担当者:中島 秀行
電話番号:03-5917-0610(受付時間:11時~20時)
E-Mail: info@ c-creation.co.jp

[会社概要]
株式会社シティクリエイションホールディングス
http://c-creation.co.jp
代表取締役:指田 仁
〒171-0026 東京都板橋区中丸町11-2ワコーレ要町ビル8F
電話番号:03-5917-0610
FAX番号:03-5917-2644
E-Mail: info@ c-creation.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

2014年9月9日 12時00分

NEW

VRクラウドのスペースリー不動産売買仲介FCのSUMiTASと業務提携

~スペースリーの不動産住宅FC・VCとの提携は8グループ約1000店舗に~  どこで...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!