いえらぶニュース > 不動産賃貸情報サイト「door賃貸」物件情報掲載数300万件を突破!

不動産賃貸情報サイト「door賃貸」物件情報掲載数300万件を突破!

株式会社リブセンス

2014年8月28日 15時30分

株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)は、不動産賃貸情報サイト「door賃貸」(URL: http://chintai.door.ac/)の物件情報掲載数が、本日300万件を突破したことをお知らせいたします。


株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)は、不動産賃貸情報サイト「door賃貸」(URL: http://chintai.door.ac/)の物件情報掲載数が、本日300万件を突破したことをお知らせいたします。

door賃貸は、2010年4月にサービスを開始した「成功報酬型※」の不動産賃貸情報サイトです。サイトユーザーから不動産情報掲載企業様へ物件に関するお問合せがあるまで情報掲載等の費用が一切かからないことに加え、door賃貸経由でご契約いただいたサイトユーザーへ入居お祝い金の特典があるなど、ユニークなサービス形態を採用しております。また、物件を名寄せ整理することで、同一物件情報がまとめて表示されることから、情報の検索性・閲覧性においてユーザビリティの高いサイトとなっております。
2013年6月にはPCサイトを10月にはスマートフォンサイトを全面リニューアルし、一層の機能拡充やブランディング強化を図っております。さらに、2014年からは、より幅広い不動産企業様に物件情報をご掲載頂けるよう、システム開発や新規ご導入促進に注力しております。
こうした背景から、順調にサービス規模が拡大しており、本日、日本全国の賃貸マンション・アパート物件の情報掲載数が300万件を突破いたしました。

door賃貸では、今後も、ユーザー1人1人の「幸せな新生活」のスタートに必要不可欠なサイトへ発展させるべく、情報掲載数の増大やサイト機能の改善などに取り組み、ユーザーの皆様や不動産情報掲載企業様から圧倒的なご支持をいただけるNo.1 サイトを目指してまいります。
リブセンスから生まれる、新しい「あたりまえ」に、ご期待ください。



※:情報掲載を希望する企業に対して、掲載費などの初期費用は一切無料で採用や不動産物件問い合わせ等が確定した時点で初めて費用をいただく仕組み。企業は、掲載費を支払っても成果が出ないリスクを気にせず、安心して多くの情報を掲載できるメリットがある。また、当社では採用された求職者・入居されたユーザーに対して「祝い金」を贈呈。サービス利用企業・ユーザー・当社の全てにメリットがあるサービスとして利用拡大中であり、徐々に新たな「あたりまえ」として定着しつつある。

■ 株式会社リブセンスについて (URL :http://www.livesense.co.jp/
・所在地   東京都品川区上大崎2丁目25番2号 新目黒東急ビル5階
・設立    2006年2月8日      
・資本金   223,460千円(2014年6月30日現在)
・代表者    代表取締役社長 村上 太一
・事業内容   インターネットメディア運営事業
求人情報メディア「ジョブセンス(http://j-sen.jp/)」「ジョブセンスリンク(http://job.j-sen.jp/)」「ジョブセンス派遣(http://haken.j-sen.jp/)」や不動産情報メディア「door 賃貸(http://chintai.door.ac/)」、転職クチコミサイト「転職会議(http://jobtalk.jp/)」等のインターネットメディアを運営。

<本件に関するお問合せ先>
株式会社リブセンス 広報IR担当
E-mail : live-pr@livesense.co.jp / TEL : 03-6275-3330 / FAX : 03-3490-1853

企業プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

2014年8月28日 15時30分

NEW

新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE中野』 キャ...

 株式会社AMBITION(マザーズ上場、証券コード「3300」、本社:東京都渋谷区、...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!