いえらぶニュース > 賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏版 2014年7月を発表

賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏版 2014年7月を発表

株式会社タス

2014年7月31日 10時30分

 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏版 2014年7月」を発表しました。


 今回は合併号として、「アジア不動産学会AsRES2014報告」、「2014年5月期の首都圏賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」および「2014年5月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。
 これらの分析はアットホーム株式会社から提供を受けた、アットホーム全国不動産情報ネットワークに公開された情報若しくは成約状況を用いて行われています。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏版 2014年7月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol55_Vol27residential20140731.html


(1) アジア不動産学会AsRES2014報告
 第19回アジア不動産学会AsRES2014は、2014年7月13日~16日にかけて、オーストラリアのゴールドコーストアウトリガーホテルにおいて開催されました。アジア、オーストラリアおよび米国から約300人の不動産研究者が集い、3日間で約105本の研究発表(内日本からの発表は6本)が行われました。本学会には、例年、中国、シンガポール、韓国、台湾、香港などを中心としたアジア諸国から多くの若い研究者が参加しています。こと不動産に関する研究においては、日本は若い研究者が少なく、研究者の育成が立ち遅れていることを強く感じます。なお、アジア不動産学会の使用言語は英語です(一部中国語セッションもあり)。英語が母国語の一つであるシンガポールや香港は当然のこと、他のアジア各国からの参加者も流暢に英語でコミュニケーションをしているのが印象的です。
 株式会社タスは筑波大学の堤教授の指導のもと、2年前の第17回大会からアジア不動産学会で研究発表を行っています。本大会では、14日に藤井主任研究員が「東京23区における賃貸住宅の自然空室率の分析(Natural Vacancy Rate Analysis For Tokyo's 23 Wards Rental Apartment Market)」、15日に保泉研究員が「東京23区における募集期間と賃料下落率の関係(Relationship between Vacancy Duration and Rate of Rent Reduction:Evidence from the Rental Apartment Market in Tokyo's 23 Wards)」、16日に飯田研究員が「東京23区におけるヘドニック法による賃料指数とリピートセールス法による賃料指数の比較(Hedonic and Repeat Sales Rent Indices for the Rental Apartment Market in Tokyo's 23 Wards)」、というタイトルでそれぞれ発表を行いました。

研究概要はPDFファイルをご参照ください。
詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏版 2014年7月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol55_Vol27residential20140731.html

論文はタスのホームページに掲載いたしますので、ご参照ください。
タスホームページ: http://www.tas-japan.com/

論文を3本発表したことから、多くの研究者に関心を持っていただき、有効な情報交換を行うことができました。来年は、米国ワシントンDCでアジア不動産学会、米国不動産都市経済学会などの4つの国際不動産学会の合同カンファレンスが開催されます。株式会社タスは引き続き研究を行い、日本の不動産に関する研究成果を世界に発信して行く予定です。


(2) 2014年5月期の首都圏賃貸住宅指標
 千葉県の空室率TVIはアパート系、マンション系共に微減。特にマンション系は2013年11月から微減傾向となっています。埼玉県のアパート系の空室率TVIは2013年9月より微減傾向でしたが、2014年3月より横ばいとなっています。それ以外の地域のマンション系、アパート系の空室率TVIは微増傾向で推移しています。

図 1都3県マンション系空室率TVIへのリンク


【東京都】
<全域>
空室率TVI(ポイント):12.25
募集期間(ヶ月)   : 2.95
更新確率(%)    :45.33
中途解約確率(%)  :36.92

<23区>
空室率TVI(ポイント):11.90
募集期間(ヶ月)   : 2.96
更新確率(%)    :44.46
中途解約確率(%)  :37.60

<市部>
空室率TVI(ポイント):15.77
募集期間(ヶ月)   : 2.95
更新確率(%)    :50.50
中途解約確率(%)  :34.08

【神奈川県】
空室率TVI(ポイント):12.95
募集期間(ヶ月)   : 3.34
更新確率(%)    :47.20
中途解約確率(%)  :36.78

【埼玉県】
空室率TVI(ポイント):15.72
募集期間(ヶ月)   : 3.35
更新確率(%)    :48.09
中途解約確率(%)  :37.53

【千葉県】
空室率TVI(ポイント):13.00
募集期間(ヶ月)   : 3.28
更新確率(%)    :51.09
中途解約確率(%)  :36.02

(出所)データ提供:アットホーム株式会社
      分析:株式会社タス


(3) 2014年5月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標
 アパート系の空室率TVIは、京都府が微減傾向となっていますが、その他の地域は長期的には横ばい傾向で推移しています。マンション系の空室率TVIは、関西圏で微減傾向、中京圏で横ばい傾向で推移しています。

図 関西圏・中京圏マンション系空室率TVIへのリンク


【大阪府】
空室率TVI(ポイント): 7.57
募集期間(ヶ月)   : 4.62
更新確率(%)    :37.18
中途解約確率(%)  :49.12

【京都府】
空室率TVI(ポイント):13.22
募集期間(ヶ月)   : 5.50
更新確率(%)    :18.64
中途解約確率(%)  :66.49

【兵庫県】
空室率TVI(ポイント):11.31
募集期間(ヶ月)   : 5.12
更新確率(%)    :20.87
中途解約確率(%)  :70.18

【愛知県】
空室率TVI(ポイント):15.55
募集期間(ヶ月)   : 5.49
更新確率(%)    :27.92
中途解約確率(%)  :57.07

【静岡県】
空室率TVI(ポイント):23.01
募集期間(ヶ月)   : 6.53
更新確率(%)    :24.20
中途解約確率(%)  :58.92


詳細はPDFファイルをご参照ください。
詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏版 2014年7月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol55_Vol27residential20140731.html

なお、バックナンバーは以下のページから取得可能です。
http://www.tas-japan.com/news/news.html


■株式会社タスについて
 インターネットによる不動産評価、及び不動産情報サービス等を提供する「TAS-MAP」を運営するトヨタグループ会社のアプリケーションサービスプロバイダー(ASP)です。

会社名  : 株式会社タス(英語名 TAS Corp.)
所在地  : 東京都中央区八丁堀2-25-9 トヨタ八丁堀ビル7F
設立年月日: 2000年8月28日
資本金  : 1億8千万円
出資   : トヨタ自動車株式会社
       朝日航洋株式会社
       株式会社三友システムアプレイザル
       豊田通商株式会社
Web    : http://www.tas-japan.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

2014年7月31日 10時30分

NEW

新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE中野』 キャ...

 株式会社AMBITION(マザーズ上場、証券コード「3300」、本社:東京都渋谷区、...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!