いえらぶニュース > 【イノベイティブリサーチ&プロダクツ社(iRAP) 発表】世界のホームオートメーションアーキテクチャ市場は2018年までに208億5000万ドルへ到達

【イノベイティブリサーチ&プロダクツ社(iRAP) 発表】世界のホームオートメーションアーキテクチャ市場は2018年までに208億5000万ドルへ到達

株式会社データリソース

2014年5月15日 16時30分

イノベイティブリサーチ&プロダクツ社 - Innovative Research and Products (iRAP)は、調査レポート「世界のホームオートメーションのアーキテクチャ: タイプ、用途、進展、業界構造、世界市場」のプレスリリースにおいて、世界のホームオートメーションアーキテクチャ市場は2018年までに208億5000万ドルへ到達するとの予測結果を発表しました。


◆プレスリリース本文
世界のホームオートメーションアーキテクチャ市場は2018年までに208億5000万ドルへ到達

2014年5月9日

ホームオートメーション (HA) はこの数年でかなりの進歩を遂げ、その成長が続いている。iRAP社の新刊レポート「世界のホームオートメーションのアーキテクチャ: タイプ、用途、進展、業界構造、世界市場-HOME AUTOMATION ARCHITECTURE: TYPES, APPLICATIONS, NEW DEVELOPMENTS, INDUSTRY STRUCTURE AND GLOBAL MARKETS」は、世界のホームオートメーションアーキテクチャ市場は2013年の119億5000万ドルから11.7%のCAGRで成長を続け、2018年までには208億5000万ドルへ展開していくことが見込まれると伝える。

現在では音声、ビデオ、照明、サーモスタット、IPカメラ、セキュリティシステムやその他の多くからなる“スマート”ホーム全体をタップやジェスチャーによって容易に制御することが可能となった。また映画、アート、音楽などをすぐに閲覧・鑑賞することが可能だ。3GやGPRS、EDGEなどのセルラーネットワーク、あるいはWi-Fiを経由したホームオートメーション制御システムとのシームレスな通信に対応したAndroid phone、iPhone、iPod Touch、iPadやその他デバイス向けアプリケーションにより、視聴覚システム、照明、遮光、室温などのリアルタイムでのタッチ制御が簡単にできる。

エネルギー効率およびセキュリティへの要求に対する意識の高まりに伴い、生活水準の向上がホームオートメーション製品への需要を促進している。世界経済および不動産産業の確実な回復もまた市場の追い風となっていくであろう。近年のテクノロジーに精通した住宅所有者の増加はホームオートメーション市場の未来を肯定的に示唆するものである。また、スマートフォンやタブレットは無線技術やインターネットと連携して家庭用の器具や電化製品の制御・監視を行うために使用することができることから、スマートフォンおよびタブレット市場の成長もこの市場の前向きな兆しとしてとらえることができる。

2013年から2018年の間に、通信/モバイルネットワーク事業者が手ごろな価格のサービスやホームオートメーション製品メーカとのパートナーシップを通じたマスマーケットへの到達において重要な役割を担っていくとみられる。遠隔デバイスモニタリング、ファームウェア更新、およびデータ管理・分析などの実用化サービスの分野でとりわけ追加的な市場機会が存在する。

“マネージドソリューション”とは、ブロードバンドサービス事業者が提供する標準ホームオートメーション製品について言及したものであり、従来からのホームセキュリティ企業であるThe ADT Corporationに加え、Verizon Wireless、AT&T、Comcast、Time Warner Cable Enterprises LLC、Swisscom AGおよびBell Aliant Inc.のような大手通信事業者のものを含む。ホームオートメーション製品メーカは提供するオートメーションシステムを接続するためのケーブルや電話線を必要とするが、ケーブルや通信の企業では製造業者から供給される周辺機器 をベースにサービスを提供していることから、製造メーカとケーブル・通信の企業とは互いにパートナーであると同時に競争者でもあると言える。

メインストリームオートメーション市場は操作が簡単、相互操作可能、パーソナライズされた、フレキシブルで手ごろな価格の製品を扱う成長市場である。ラグジュアリインスタレーション市場では最高級のカスタマイズされたホームオートメーションを高所得者向けへ提供し、ポイントプロダクト市場ではスマートフォンやコントロールパネルを用いて顧客が自分自身で思い通りのホームオートメーション製品を経済的価格にて個々に獲得することができる製品が提供される。

iRAP社の調査レポートでは、ホームオートメーションアーキテクチャのテクノロジーとマネージドソリューション、ラグジュアリインスタレーション、メインストリームオートメーション、ポイントプロダクトのそれぞれの市場について焦点を当てているが、2013年においてはマネージドソリューションが全ての市場の中で最も大きな市場シェアを占め、メインストリームオートメーション、ラグジュアリインスタレーション、ポイントプロダクトがそれに続いている。


◆このレポートについて
世界のホームオートメーションのアーキテクチャ: タイプ、用途、進展、業界構造、世界市場
HOME AUTOMATION ARCHITECTURE: TYPES, APPLICATIONS, NEW DEVELOPMENTS, INDUSTRY STRUCTURE AND GLOBAL MARKETS
出版社:イノベイティブリサーチ&プロダクツ社 (iRAP)
http://www.dri.co.jp/auto/report/irap/iraphomeaa.html

◆市場調査会社 イノベイティブリサーチ&プロダクツ社 - Innovative Research and Products (iRAP)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/irap/index.html

株式会社データリソースはイノベイティブリサーチ&プロダクツ社 - Innovative Research and Products (iRAP)の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース (iRAP  日本販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php


企業プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ

2014年5月15日 16時30分

NEW

グローカル総合不動産企業 リストグループ 2021年4月入社の全新卒社...

21年入社新卒社員

世界規模の不動産ネットワークと国内不動産の実績を強みとする総合不動産企業、リスト株式会社(...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!