いえらぶニュース > JLL、7年連続で「世界で最も倫理的な企業」に選出

JLL、7年連続で「世界で最も倫理的な企業」に選出

ジョーンズ ラング ラサール株式会社

2014年5月19日 11時10分

総合不動産サービス大手のJLLグループ(本社イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者コリン・ ダイアー、NYSE JLL、以下:JLL)は、米系シンクタンクのエシスフィア・インスティテュートが発表した「世界で最も倫理的な企業2014」に選出されました。当社の選出は、7年連続です。

JLLの社長兼最高経営責任者(CEO)コリン・ダイアーは、次のように述べています。「JLLが、倫理的な企業として7年連続で選出されたことを大変誇りに思います。倫理的な企業活動は、JLLの創立当初から現在にいたるまで変わらないJLLのコアバリューです。継続的な企業倫理への取り組みは、お客様との信頼を確立し、従業員にとっても充実したキャリアを積める環境となり、また、ステークホルダーに対して付加価値あるサービスを提供することができます」

また、当社のグローバル・ゼネラル・カウンセル兼倫理担当役員(Chief Ethics Officer)であるマーク・オーリンガーは次のように述べています。「透明性があり責任ある行動は、持続的な企業の基盤をなすものです。各ビジネスシーンにおいて倫理原則遵守の徹底に努めてくれたJLL各国の倫理担当者に感謝します。また、常に倫理的な態度でお客様やサプライヤーなど全ステークホルダーと業務を行ってきたJLL従業員の努力を称えたいと思います」

「世界で最も倫理的な企業」の選出は、エシスフィア・インスティテュートが開発した倫理指数(Ethics Quotient)により評価されています。スコアは、倫理及びコンプライアンスプログラム(25%)、評判、リーダーシップ及び革新性(20%)、ガバナンス(10%)、企業市民の活動及び責任(25%)、企業の倫理文化(20%)の5つの分野で採点されます。今年は、41部門について、5大陸、21ヵ国で展開する企業が選出されました。

JLLグループについて
JLLグループ(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。世界75ヵ国、1,000都市、200超拠点で展開し、売上高は約40億ドルに上ります。2013年度は、プロパティ・マネジメント及び企業向けファシリティ・マネジメントにおいて、約2億7,900万m2 (約8,370 万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、990億ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベスト マネジメントは、総額480億ドルの資産を運用しています。

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在15ヵ国、80事業所で27,500名超のスタッフを擁しています。2013年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックでは3ヵ国で「最優秀不動産コンサルタント賞」を受賞、 また2013年ユーロマネー・リアルエステート・アワードにおいては9つの賞を受賞しました。詳細な情報はホームページをご覧下さい。www.joneslanglasalle.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年5月19日 11時10分

NEW

短期間の同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で三...

初期費用0/保証人不要、即入居も可能な同棲特化型サービスで東京都世田谷区・三軒茶屋駅エ...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!