いえらぶニュース > 新規展示会「地盤改良技術展」を10月15日~17日、東京ビッグサイトにて開催~液状化対策、地盤改良技術を持つ企業の出展を募集~

新規展示会「地盤改良技術展」を10月15日~17日、東京ビッグサイトにて開催~液状化対策、地盤改良技術を持つ企業の出展を募集~

株式会社シー・エヌ・ティ

2014年5月8日 15時30分

「地盤改良技術展」を新規展示会として、来る2014年10月15日(水)から17日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて開催します。
合わせて、ビジネスマッチングや市場開拓の場として、地盤改良に関する技術を持った企業様からの出展を募集しています。(※出展申込締切:2014年6月27日(金))

URL: http://www.sgrte.jp/sit/


■開催の背景
2011年3月11日に発生した東日本大震災では、震源から遠く離れた東京都内でも、臨海部のほかにも、内陸部の宅地などに液状化による甚大な被害が発生しました。今後、首都直下型地震や南海トラフ巨大地震等の大規模地震の発生が懸念されており、液状化による宅地の被害を抑制するための対策を講じていく必要があります。
本展示会は、数多くある地盤改良工法を一堂に集め、また新たな技術開発の成果を見極める絶好の機会となります。
各地方自治体への参加誘致をはじめ、最新の地盤改良工法についてのセミナーも開催するなどさまざまなニーズに対応できるよう本展示会の内容を充実させてまいります。

なお同時開催といたしまして、震災対策をはじめとする国内外の危機管理に関する製品・技術・サービスを幅広く対象とした「危機管理産業展 2014」、土壌・地下水汚染対策に関する情報を発信する「2014地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展」が行われ、幅広い分野の関係者の方々のご来場を見込んでおります。


【開催概要】
・名称
2014地球環境保護 地盤改良技術展

・会期
2014年10月15日(水)-17日(金) 10:00-17:00

・会場
東京ビッグサイト 西ホール

・入場料
2,000円(招待券持参者・インターネットからの事前登録者は無料)

・主催
フジサンケイ ビジネスアイ

・オーガナイザー/展示会事務局
株式会社シー・エヌ・ティ

・URL
http://www.sgrte.jp/sit/

・同時開催
▼危機管理産業展 2014(主催:東京ビッグサイト)
震災対策など国内外の危機管理に関する製品・技術・サービスを幅広く展示。
自治体、企業の防災対策部門を中心に約5万人が来場する展示会。
▼2014地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展(主催:土壌環境センター)
大手建設会社、土質調査、土壌・地下水改良技術取扱い企業が出展。
工場誘致関係者、不動産・建設関係、環境対策関係を中心に約2万人が来場する展示会。


■出展対象
・地盤改良工事施工者
・調査コンサルタント
・分析
・液状化防止対策工法・処理システム
・構造的な対策技術
・その他情報関連


■主な業界別来場者
・道路、河川、港湾等を管理する官公庁・地方自治体
・道路、河川、港湾等に諸施設を有する官公庁・地方自治体・民間企業
・官公庁・地方自治体・民間企業における環境および危機管理対策関係者
・大学および研究機関


■小間規格と出展料
・小間規格
1小間(間口3m×奥行き3m)

・出展料(消費税込・1小間単価)
388,000円(税込)


■出展製品・技術発表会
展示会開催期間中、出展社のプレゼンテーションの場「出展製品・技術発表会」の場を設置します。製品展示とあわせて多面的なPRの場としてご活用いただけます。

発表時間:1セッション 40分/1社(質疑応答含む)
発表料金:1セッションにつき 54,000円(税込)


■主催者
フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)
〒100-8125 東京都千代田区大手町1-7-2
Tel:03-3273-6180
Fax:03-3241-4999

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

2014年5月8日 15時30分

NEW

新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE中野』 キャ...

 株式会社AMBITION(マザーズ上場、証券コード「3300」、本社:東京都渋谷区、...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!