いえらぶニュース > エスクローファイナンス、ビルダー向け融資が10億円を突破~完成保証付き出来高融資でビルダーと施主をサポート~

エスクローファイナンス、ビルダー向け融資が10億円を突破~完成保証付き出来高融資でビルダーと施主をサポート~

エスクローファイナンス株式会社

2014年5月8日 10時00分

住宅ビルダーを対象に、建築事業資金の出来高融資業務を行うエスクローファイナンス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:須田 幸生、以下「EFI」)は、ビルダー向けの完成保証付き出来高融資の累計額が10億円を突破しましたので、お知らせいたします。

ビルダー向け 完成保証付き出来高融資
http://www.efinst.jp/service/construction.html


1.建築事業資金の出来高融資とは
従来の建設業界の商慣習では、住宅建築にあたり、施主からビルダーに一定の前払金が支払われ、ビルダーは、これを建築資金に充当していました。
しかし、近年、住宅ビルダーの相次ぐ倒産により、施主は住宅が完成しないばかりか、既に支払済みの前払金も返還されないといった深刻な社会問題が発生しています。
このような事態が発生するなか、EFIが提供を開始した完成保証付き出来高融資サービス(ビルドセーフティー)は、住宅ビルダーに対し、住宅着工から完成引渡しまで「出来高に応じて」工事資金を融資するという住宅業界初の画期的な融資制度です。
工事には完成保証を付与しており、仮にビルダーが倒産した場合においても、バックアップビルダー(倒産先に代わって工事を引き継ぐ建設会社)が工事を継続することで建物が完成するため、施主はEFIが融資するビルダーに安心して建築を発注することが可能となります。
この完成保証付き出来高融資サービスが多くのビルダーに普及することで、ビルダーの建築事業資金についての不安と、施主の工事発注へ不安を同時に解決することができます。

▼出来高融資サービスの仕組み



2.出来高融資の実績
EFIでは、平成24年9月に出来高融資サービス(ビルドセーフティー)の提供を開始し、平成26年4月末時点での融資累計額が10億円を突破しました。
注文住宅を建築している住宅ビルダーをはじめとして、建築条件付きで土地を販売し、販売後の建設を請け負う不動産会社や、地主や投資家から受注してアパート等の収益物件を建築する建設会社への融資も行ってきました。
ビルダーからはもちろん、取引先である住宅ビルダーの与信に不安を持つ住宅資材関連会社、住宅ローンやアパートローンのつなぎ融資実行に不安を持つ金融機関や、工事期間中の支払いに不安を持つエンドユーザーなどから相談を受けています。


3.今後の方針
今後は、EFIが加盟する全国住宅産業協会(全住協)、JBNをはじめ、住宅フランチャイズ、ボランタリーチェーンなどの組織との連携を強化する一方、住宅資材関連会社、金融機関、エンドユーザーへの情報提供を行うことで、完成保証付き出来高融資サービスをより一層普及し、健全な住宅建設業界の実現に寄与いたします。


【会社概要】
商号     : エスクローファイナンス株式会社
代表者    : 代表取締役 須田 幸生
本店所在地  : 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階
主な事業の内容: 住宅関連事業資金融資
         住宅関連企業の経営に関するコンサルティング業務
貸金業登録番号: 東京都知事(2)第31291号
所属団体   : 日本貸金業協会会員(第005578号)
         全国住宅産業協会企業会員 JBN協力会員
URL      : http://www.efinst.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

2014年5月8日 10時00分

NEW

グローカル総合不動産企業 リストグループ 2021年4月入社の全新卒社...

21年入社新卒社員

世界規模の不動産ネットワークと国内不動産の実績を強みとする総合不動産企業、リスト株式会社(...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!