いえらぶニュース > 第25回マンション購入に対する意識調査【アトラクターズ・ラボ調べ】

第25回マンション購入に対する意識調査【アトラクターズ・ラボ調べ】

アトラクターズ・ラボ 株式会社

2014年4月30日 12時31分

画像1
現在の物件価格は高いが、1年後のマンション価格は上がるというインフレ懸念

不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。

【調査結果要約】
◆「現在の物件価格が高い」との回答率は、リーマンショック以降で最も高い水準
◆以前と異なるのは、価格は高いと感じながら「1年後は価格が上がる」とインフレを懸念している点
◆価格上昇で、マンション購入が難しい層は、購入意欲が減退


不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員に対し、 直近3ヶ月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある方のみを対象とし、マンション購入に対するアンケートを実施した。
<調査期間と回収数は次のとおり。(  )内は有効回収数>
第15回:11年10月7~13日(137件)、 第16回:12年1月10~13日(122件)、第17回:12年4月 5~11日(118件)、第18回:12年7月19~22日(115件)、第19回:12年10月22~26日(108件)、第20回:13年1月10~16日(107件)、第21回:13年4月 5~ 9日(112件)、第22回:13年7月2日~8日(128件)、第23回:13年10月4日~8日(156件)、第24回:14年1月10~14日(110件)、第22回:14年4月 3~ 9日(108件)

【調査の結果】
今回の調査では「現在の物件価格が高いと感じているが、1年後にマンション価格が上がる」というインフレ懸念が数値に現れている。現在の物件価格が高いと回答したのは全体の約半数となり、リーマンショック以降で最も高い水準となった。
一方で1年後の価格は「上がる」との回答は8割弱で、依然高水準を維持している。購入意欲が「増した」のは全体の5割強にとどまる。これは前回調査より19.9ポイント減少した。希望購入価格帯により、意欲の程度が異なり、希望価格5000万円未満の人は意欲が増したとの回答は42%と過半数に満たないが、希望価格5000万円以上では意欲が増したのは66%と半数を上回る結果となり、購入希望価格帯によって差が出始めている。また「なるべく早く購入したほうがいい」は7割に達した。購入は早めに決断したほうがいいと感じているものの、価格上昇により、買えない層が出てきており、この層の意欲が減衰している姿が明らかになった。

中古マンションを購入検討する割合が前回の1月調査以降は増加傾向にあり、新築価格の上昇に伴い、選択肢を広げ購入可能な物件を探す様子も見えてきた。

※当資料は弊社Webサイト(http://www.a-lab.co.jp/research/press140430.html)でも公開いたします。

-------------------------------------
【アトラクターズ・ラボについて】
1998年に設立した住宅分野に特化した不動産市場分析を専門とするマーケティング会社。
マーケティング・統計解析・ITの三分野を統合させ、大量のデータ取得と分析を行う仕組みを構築。
不動産市場では特異な地位を確立している。
2004年より分譲マンションを本気で考える人のための情報サイト「住まいサーフィン」を運営。

【住まいサーフィンについて】
相場情報や新築マンションの価格予想、中古マンションの自宅査定が話題を呼んでいる。
https://www.sumai-surfin.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年4月30日 12時31分

NEW

新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE中野』 キャ...

 株式会社AMBITION(マザーズ上場、証券コード「3300」、本社:東京都渋谷区、...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!