いえらぶニュース > 住宅購入の大きな選択肢、新築と中古の比較をあらわした「新築・中古 どちらを選ぶ?」インフォグラフィックを公開しました。

住宅購入の大きな選択肢、新築と中古の比較をあらわした「新築・中古 どちらを選ぶ?」インフォグラフィックを公開しました。

アート・クラフト・サイエンス株式会社

2014年3月4日 10時59分

画像1
アート・クラフト・サイエンス株式会社は、住宅購入の大きな選択肢、新築と中古の比較をあらわした「新築・中古 どちらを選ぶ?」インフォグラフィックを公開しました。

■住宅購入の大きな選択肢「新築・中古 どちらを選ぶ?」インフォグラフィック
http://acskk.com/?page_id=10461

住宅を購入する際の一番大きな選択肢と言っても過言ではない、新築 or 中古。本インフォグラフィックでは、新築と中古それぞれのメリット・デメリットを記載しながら、購入にいたるまでの道のりをすごろく風にあらわしました。

・新築ばかりが優れているとはいえない?
出来上がったインフォグラフィックを見ると、新築だからすべての面で優れている、というわけでもないようです。新築・中古それぞれにメリット・デメリットが存在しており、住宅購入を検討しているユーザーにヒントを投げかける内容になっています。


■【リビングラフィクス~住まいを楽しく見つめてみる】
アート・クラフト・サイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三好満国)と株式会社リカサ(本社:東京都港区、代表取締役:若山幸司)は共同して住まいに関するインフォグラフィク【リビングラフィクス】を展開してまいります。
リビングラフィクスは「住まいを楽しく見つめてみる」をコンセプトとして住まいにまつわる全般的な情報を視覚的にわかりやすくまとめてリリースいたします。
具体的には、毎月ごとにアート・クラフト・サイエンスかリカサのいずれかが提供者となってマンション購入ノウハウ・各国のリフォーム事情・東京の不動産市況変化など独自調査を含めた関心度の高い情報を発信していく予定です。


■サイト「acskk.com」について
acskk.comは、アート・クラフト・サイエンス株式会社の自社取扱物件を掲載しているサイトです。
自社でリノベーションを手がけた中古マンションを掲載し、エンドユーザーに直接販売しています。
販売サイトとしてのカタチにとどまらず、アート・クラフト・サイエンスが活動している地域の情報を定期配信する
「知ってるタウン」や、リフォーム中のマンションの工事風景を取り上げた「顔の見えるリフォーム」など
エンドユーザー目線のコンテンツを随時配信しています。


■アート・クラフト・サイエンス株式会社について
アート・クラフト・サイエンスは、市場にストックされている中古マンションを厳選して仕入れ、
単なる改修を施すのではなく、高い付加価値を加えてより快適な住まいに再生し(リノベーション)、
提供しております。


■リカサ株式会社について
リカサはリフォーム・リノベーションに関する情報サイトReCasaを運営しております。
ReCasaの現在は首都圏マンションに特化したリフォーム即見積サイトですが、今春、より総合的な情報サイトとしてリニューアルする予定です。


▼住宅購入の大きな選択肢「新築・中古 どちらを選ぶ?」インフォグラフィック
http://acskk.com/?page_id=10461
▼アート・クラフト・サイエンス株式会社
http://acskk.com/
▼リフォーム・リノベーション情報サイトReCasa
http://recasa.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

2014年3月4日 10時59分

NEW

賃貸か持ち家かに関する意識調査を株式会社AlbaLinkが実施

価値観は年代と年収でハッキリわかれる結果に 株式会社AlbaLink(本社:東京都江...

  • Daily
  • Weekly

アーカイブarchive

もっと見る

タグtag

もっと見る

いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。

いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。一人でも多くのユーザーが満足する住まいを見つけられるよう、不動産業界の“いま”を配信し続けます。
※プレスリリースに関するお問い合わせは各掲載元の会社に直接お問い合わせください。
※出典先などの外部サイトへのリンクについては、閲覧時期によってリンク先が存在しない場合がありますので、予めご了承ください。

トップへGO!