ライフスタイル

【男性版】もう着ないお洋服、どうしてますか?

着なくなった服、どうしてますか?

ハイライト

  • 着なくなった服、どうしてますか?
  • 売れそうもないし…捨ててしまう人が大半!
  • とりあえずリサイクルショップへ持っていくのもアリ!
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

着なくなった服、どうしてますか?

衣替えをすると、最近着ていない洋服やサイズが変わってしまった洋服の処分に困ってしまうことはありませんか?洋服の好きな人は、ついクローゼットがパンパンになってしまいがち、でも新しい服が欲しい…なんてこともあると思います。

そこで、今回は男性のみなさんに着なくなった洋服は、その後どうしているのかアンケートをとってみました。

Question

着なくなった服、どうしてますか?

  • A捨てる:47%
  • Aリサイクルショップ:22%
  • Aタンスの肥やし:18%
  • Aその他:12%
  • Aオークション:1%

アンケート結果グラフ

売れそうもないし…捨ててしまう人が大半!

アンケートの結果、約半数の人が捨ててしまうと回答する結果となりました。

  • タンスの中にあっても邪魔だし、売りに行っても大したお金にならないので、いろいろな手間を考えると捨てるのが良いと思っているから。(20代/男性/自営業(個人事業主))
  • 高級な服は使えなくなるまで着るし、安物の服は売却価値がつかないので、捨てています。(30代/男性/パートアルバイト)
  • リサイクルショップやオークションに出しても手間の割りにお金に全くならないので、諦めて捨てています。(20代/男性/学生)
  • 売ってしまってもよいのですが、そんなに価値はありません。定価の1%も付けば御の字です。(20代/男性/自由業・フリーランス)

まとめると…

多くの人は、生地が傷んだり着れなくなるまで着用するため、リサイクルやオークションでは売れないと踏んで捨ててしまうようです。もし売れたとしても、ほんの僅かな金額にしかならない、という体験談も複数見受けられました。

そのため、まとめて捨ててしまうのが一番手っ取り早くクローゼットも片付くと考える人が多いようです。

とりあえずリサイクルショップへ持っていくのもアリ!

アンケートの結果、着なくなった洋服は捨ててしまうと回答した人に次いで、リサイクルショップ、タンスの肥やし、その他、オークションの順となりました。

  • リサイクルショップにて最低限の資金回収をしつつ処分いたします。ゴミになるだけなので(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 着なくなった服は、ブランド物で売れそうなものはリサイクルショップに持って行き、汚れや傷みが激しかったりと売れないようなものは雑巾にしています。(30代/男性/会社員)
  • 売ることが出来るならオークションかリサイクルショップで捌きたいが殆どが肥やしとなっている。(30代/男性/会社員)
  • 余程状態が悪い物以外は、ボランティア団体へ寄付をしたり欲しい人がいればその人にあげるようにしています。酷い状態になった物はぞうきんとして使用しています。(40代/男性/会社員)

まとめると…

リサイクルショップへ持っていくと、買い取りをしてもらえない洋服でもお店側で処分してくれるケースが多いので、近くにリサイクルショップがある人は処分がてら持ち込んでみるのもアリかもしれないですね。思わぬお小遣いになるかもしれません。

リサイクルショップよりも良い金額になる可能性が高いのはオークションですが、写真撮影や商品説明、発送など手間がかかるため、なかなか挑戦する人が少ないという現状のようです。

総まとめ

捨てるだけじゃない。誰かの役に立つ処分方法もある!

アンケートの結果、男性は約半数が着なくなった洋服を捨てていることが分かりました。クローゼットを片付けるには一番手っ取り早い手段ですが、もしかするとちょっとしたお小遣いに替えることも出来るかもしれません。

とは言いつつも、いつかまた着たいと思う日が来るかも…とついタンスの肥やしにしてしまうという意見も複数見受けられました。

リサイクルやオークションといった方法の他に、地元の廃品回収で貢献したり、寄付するなど誰かの役に立つ処分方法もあるので、ぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか?

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】男性
  • 調査期間:2015年09月15日~2015年09月29日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【捨てる】

  • リサイクルショップに持っていってもガソリン代にも満たないから。(40代/男性/会社員)
  • たまに洋服棚を整理するけどだいたいは捨ててしまう、ショップに持っていくのも数がないからしない(30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 10年以上前のものですし、かなり痛んでいるので資源ゴミに出しています。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 流行り廃りがあるものなのでリサイクルは考えずに捨てることにしています(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 大抵の場合、擦り切れるまで着てから買い換えるため他の選択肢は無い。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 買っている服は元々の値段が安いものばかりなので、リサイクルショップには持ち込まずに捨てるようにしています。(30代/男性/契約派遣社員)
  • 着なくなった服は基本、捨てます。あまりきれいなものでもないので、他人が着るようなことはしません。(50代/男性/無職)
  • リサイクルショップやオークションに出しても手間の割りにお金に全くならないので、諦めて捨てています。(20代/男性/学生)
  •  リサイクルショップでもちょっとうれなさそうな感じがしますので、捨ててること多いです。(30代/男性/その他専門職)
  • 着なくなった服よりももう着れない服になるまで着るためオークション等に出せません。(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 再利用するにもはばかられるほど傷むくらい着たおすので、捨てるしかありません。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • あの頃の時代に流行った服を、今着ても大変古臭く思えてなりませんので、躊躇わず処分します。(40代/男性/契約派遣社員)
  • 私の場合、ボロボロになるまで着るので、古くなった服は捨ててしまいます。(40代/男性/会社員)
  • 高級な服は使えなくなるまで着るし、安物の服は売却価値がつかないので、捨てています。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 着なくなった服には虫がつくし、長く放置するとシラミ等が発生して不潔だから(50代/男性/公務員)
  • 服が着れなくなるまで着るため、着れなくなったら捨てます。それ以外の理由はありません。(20代/男性/パートアルバイト)
  • リサイクルショップに持っていってもたいした金額にならないし、面倒くさいから。(50代/男性/会社員)
  • 着なくなった服で売れそうもないものは捨てるようにして、売れそうなものはネットのオークションに出品しています。(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 売るのも面倒くさいしタンスの肥やしにしても邪魔だし捨てるのがいいと思ったからです。(30代/男性/会社員)
  • ファストファッションが多い為、ヨレや痛み等でとても売れたものではなくなるから。(20代/男性/その他専門職)
  • まだ着れるものなら古着屋に売ったりもしますが、大体すりきれてぼろぼろになっているからです。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 家においていても邪魔になるから。売りにいってもあまりお金にならないから。(20代/男性/会社員)
  • タンスの中にあっても邪魔だし、売りに行っても大したお金にならないので、いろいろな手間を考えると捨てるのが良いと思っているから。(20代/男性/自営業(個人事業主))
  • そのまま捨てます。いらないものなのでもっていてもしょうがないですし。売ろうとしてもたいした金額にもならないので面倒ですから。(40代/男性/無職)
  • 自分が着ていた服を他人が着るのはなんだか気持ち悪いので、燃えるゴミで捨てます。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • リサイクルショップやオークションに出せるほど綺麗なものがない場合がおおいので、だいたいは捨ててます。(40代/男性/会社員)
  • 購入後、数年間着るものが大半であり、流行遅れでほころびもある為(40代/男性/会社員)
  • リサイクルショップが自宅の近くにない、オークションに出品できるほど綺麗ではないから。(20代/男性/学生)
  • 部屋が狭いので着なくなった服はすぐ処分するようにいています。(20代/男性/学生)
  • 私は、服はボロボロになるまで着ますので、着なくなった時はほとんどの場合売ることもできない状態になってます。よって捨てるしかありません。(30代/男性/会社員)
  • 買取してくれるところもあるみたいですが、1度みてもらったら安かったので捨ててしまっています。ただ、スーツは新しい物を買う時に下取りしてもらっています。(40代/男性/会社員)
  • 私は、衣類はボロボロになるまで着るので、基本的に不要になった衣類は、処分します。(30代/男性/会社員)
  • ぼろぼろになるまでは着る方なので、最終的には捨てるしかなくなります。(30代/男性/会社員)
  • 売ったとしても、いつも0円や5円とかなので、面倒くさいので捨てます!オークションもトラブルがあると面倒なのでしません!(30代/男性/会社員)
  • 着なくなった服は捨てます、面倒な手間考えると捨てたほうが良いです(30代/男性/会社員)
  • 自分が着なくなったものをほかに人にあげたりすることに抵抗があるので、いらないと思ったらすぐに捨ててしまいます。(40代/女性/専業主婦)
  • 買値が安いという事もあって、捨てています。多少もったいないような気もしています。(50代/男性/無職)
  • 基本的に、擦り切れるなどの破損状態になるまでは着るので、後は捨てるしか選択肢が無い(50代/男性/自営業(個人事業主))
  • 古着屋に売りに行っても、信じられないくらい安く買い取れられるだけなので、仕方ないから捨てています。(30代/男性/会社員)
  • 近場に古着屋が無く売却する手段もなく、オークションも心得が無いので今の所捨てています。しかし何らかの売る手段の目途が経てば売る方向にシフトする可能性は大いにあります。(20代/男性/パートアルバイト)
  • リサイクルしてもらえるほど良いものではないので、おもいきって捨てます。(50代/男性/自営業(個人事業主))
  • 捨てないでいますと、たまる一方ですぐに箪笥が満杯になります。(70代/男性/無職)
  • 売ってしまってもよいのですが、そんなに価値はありません。定価の1%も付けば御の字です。(20代/男性/自由業・フリーランス)
  • いらなくなった物でも、肌身に来ていた物を他人が着ることに抵抗があります。そのため、焼却処分するため、捨てます。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 私の場合、着ているうちに襟元や袖口がひどく傷んでいる物や、虫食い状態になっているものがほとんどなので、家族から「みっともないから捨てなさい!」と言われ、お気に入りの服でもしぶしぶ捨てている状況です。(40代/男性/無職)
  • 子供服は親戚の子にあげていたが、自分の分については全てごみとして出している。(50代/男性/会社員)
  • 捨てる方が基本で、売れそうならリサイクルに出そうかと検討する。(30代/男性/会社員)

【リサイクルショップ】

  • リサイクルショップに持っていくと多少なりお金になるので、そうしています。(20代/男性/会社員)
  • リサイクルショップに持っていきます。大概値段は付きませんが処分はできるので重宝しています(30代/男性/会社員)
  • リサイクルショップにて最低限の資金回収をしつつ処分いたします。ゴミになるだけなので(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 売れるものは売る、売れない状態なら捨てる。着れる状態のものを捨てるのは忍びないので。(40代/男性/会社員)
  • 着なくなった服は、ブランド物で売れそうなものはリサイクルショップに持って行き、汚れや傷みが激しかったりと売れないようなものは雑巾にしています。(30代/男性/会社員)
  • もったいないし、お金にすることで次の利益が生まれると思ったから。(20代/男性/学生)
  • せっかくなら少額でも換金出来た方がいいのでまずはリサイクルショップへ持って行きます。(30代/男性/会社員)
  • リサイクルショップに売って、新しい洋服や他のことに使う資金にします。特に、冬物は高く売れて、夏物は安いですが枚数で稼ぎます。(40代/男性/会社員)
  • 着なくなった服とはいえ、まだ着れるのでリサイクルショップに出し、誰かに着てもらいたい。(40代/男性/会社員)
  • 着なくなった洋服は、出来るだけ買取をしてくれる古着屋さんに売りますし、捨ててしまうともったいないと思います。(40代/男性/無職)
  • 以前は切ってウエスにしていましたが、まだ着れるので捨てるよりは良いかと思います。(30代/男性/無職)
  • 捨てるのももったいないし少しでもお金になるなら売った方がいいから。(30代/男性/会社役員)
  • 簡単に捨ててしまうよりは、何らかの役に立つ方が良いと思ったから。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 少しでもお金に繋がるのであればリサイクルショップで売って活用してもらいます。(30代/男性/会社員)
  • 捨てるのは、もったいないのでいくらでもいいので生活費に回しています。(20代/男性/無職)
  • 着なくなった服はリサイクルショップか知人に差し上げています。喜んで頂けるケースが多いのが幸せです。(60代/男性/無職)
  • 捨てるのがもったいないのでお金になるのもんはお金にしたい。どうしても売れないものは雑巾にするか最終的には捨てます。(30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 売れないものもありますが、売れる可能性があるのなら、捨てるためにお金を使ってしまうより、少しでもプラス収入になったほうが良いです。(50代/男性/会社員)
  • わずかですが、収入となること、再利用してもらえれば、廃棄するよりもエコなので。(40代/男性/会社員)
  • 購入時の気持ちを思い出してしまうからです。好きで手にしたものですから…。リサイクルショップで監禁しても二束三文にしかなりませんが、どこかで誰かが着てくれたら嬉しいですね。(60代/男性/無職)
  • 古着がお金に替わるのは最高です。その帰りに、お宝探し(服探し)ができるから(20代/男性/無職)
  • サイズが変わってしまって着られなくなってしまったからしょうがなく処分をした。(30代/男性/無職)

【タンスの肥やし】

  • 気が付いたらタンスや押し入れの収納ケースに溜まってる事が多くまたいつか着れるかと思い捨てるのももったいない気がする。(40代/男性/会社員)
  • また流行がくる可能性があると思うし、違う組み合わせをすればいろいろなコーディネートができてファッションの幅も広がると思い捨てないで次着る機会までとっておきます。(20代/男性/会社員)
  • 家での部屋着として利用していることが多いため、リサイクルショップなどにはもっていかず家で取っておくことが多いです。(10代/男性/学生)
  • ほしい人がいればあげて、後は雑巾にしたりして、それでもの時は捨ててます。(40代/男性/会社員)
  • どうしても捨てることには抵抗があります.ごみの中身を見られたくない.あとは,リサイクルやオークションで他の人が着るのはなんとなく気持ち悪くて嫌だ.引越しの時に思いっきり捨てたことはあります.(30代/男性/その他専門職)
  • 着なくなった服は、いつか着るかもしれないと思いつつ、タンスの肥やし状態になってます。(30代/男性/パートアルバイト)
  • いつかは着られると思い、一応はとっておきます。もったいないから。(50代/男性/自営業(個人事業主))
  • タンスの肥やしになってます。処分するのを忘れてるものも中にはあったりします。時間のある時に処分と思いますが結局そのままでタンスの肥やしですね。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 本当は捨てたいのですが、なかなか時間をつけれなく捨てるタイミングを逃してますあと、平日はほとんど私服を着ないのでもともと服の数も少ないです(40代/男性/会社員)
  • 今は着ないだけで場合によって着る可能性があるため、捨てたり売ったりすることはしない。(20代/男性/学生)
  • もう着ないどろうなと思っていても、まだ使えるし、、とかいつか着る事があるかもしれないと思ってしまうので処分できません。(40代/男性/会社員)
  • 売ることが出来るならオークションかリサイクルショップで捌きたいが殆どが肥やしとなっている。(30代/男性/会社員)
  • 捨てるに捨てれず物置スペースにどんどん溜まっていきます。タンスの肥やしではなくタンスに入りきれません。(60代/男性/会社員)
  • 処分の方法で迷っているうちに後回しになり、ためこんでしまっている。(40代/男性/パートアルバイト)
  • いつか着るかもしれないと思って、とりあえずとっておいている。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 捨てるのにもお金がかかる上ゴミ捨て場に行くのも面倒くさいから(20代/男性/学生)
  • 自分の体型の変化で着れない服は、もしかしてヤセたら着れるので、そのまま取っておいてあります。(50代/男性/専業主夫)
  • 汚れ作業時に着る、またはボロ切れとして清掃やDIY時に活用する事があるので、一応は取って置くケースが多い。(30代/男性/自営業(個人事業主))

【その他】

  • 着なくなった服といっても思い入れがあると思うのですぐには捨てたりしないで従弟や友達、となりの子どもに服を譲って使ってもらう。または雑巾などにして使うこともある。(10代/男性/学生)
  • 友人にあげています。売っても自分の為にしかならないですが、友人にあげたほうが喜んでもらえるからです。(20代/男性/パートアルバイト)
  • 余程状態が悪い物以外は、ボランティア団体へ寄付をしたり欲しい人がいればその人にあげるようにしています。酷い状態になった物はぞうきんとして使用しています。(40代/男性/会社員)
  • タンスにしまったことを忘れてタンスの肥やしになって黄ばみが付いて最後に捨てます。(40代/男性/パートアルバイト)
  • 妻や友人などが使うことができるようならもったいないので使ってもらっている。(40代/男性/会社員)
  • 町内会の廃品回収に出す。リサイクル料が町内会活動の費用に還元されるので。(30代/男性/会社員)
  • シャツなんかだと切り取って縫い合わせ、簡単な雑巾や台拭きにします。(20代/男性/無職)
  • 服を小さく切り、掃除用の時に使用する雑巾にしてから捨てています。(20代/男性/会社員)
  • 古布回収に出してリサイクルしてもらっています。または、自宅で汚れ取り雑巾として使用。(40代/男性/会社員)
  • 自転車の洗浄や部屋の掃除の為のウエスにするために切り刻んでいます。(40代/男性/契約派遣社員)
  • フリーマーケットに出品し、可能な限りはけるようにしている。もちろん、採算(収入)などは考えない。それでも残ってしまったら、使える生地を縫い合わせて雑巾にしている。使えない部分は、仕方なく捨てる。(40代/男性/パートアルバイト)
  • 洗車用のぞうきんに出来るものはそれに回します。それ以外は捨ててしまいます。(40代/男性/契約派遣社員)

【オークション】

  • 洗練された街の中で多くの一流の人達に囲まれながら働けてスキルアップしていけるから。(30代/男性/会社員)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事