引越し

同じ部屋での居住期間はどれくらい?

引越し

ハイライト

  • 同じ部屋での居住期間が2年を越えたことがあるかアンケートを取った。
  • 同じ部屋に2年以上住んだことがあると回答した人が97人という結果になった。
  • 仕事によって住み続けるか、引っ越しを続けるかがきまることが多そうだ。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

引越し

新しく引っ越しをして部屋を借りる時に、何年住むか見通しが立っている人は実は少ないのではないでしょうか。住み続けるということは、その部屋だけではなく周辺の環境や暮らしやすさなども密接に関係してきます。大学生であればおおよそ4年間は住むことになる見通しを立てて、物件選びをすることが出来ますよね。

では、それ以外の人は同じ部屋にどれほどの期間住むものなのでしょうか?そこで、同じ部屋での居住期間が2年を越えたことがあるかどうか、アンケートをとってみました!

Question

同じ部屋に2年以上住んだことありますか?

  • Aある:97%
  • Aない:3%

2年以上同じ物件にすんだことがあるか

引っ越しはそれほど頻繁にするものではない事が判明!

アンケートの結果、同じ部屋に2年以上住んだことがあると回答した人が97人という結果になりました。

  • 新築で入居したので綺麗だったことと、お風呂が広かったこと、オール電化で部屋も暖かく快適だったから。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 全てにおいてのアクセスがすごく便利な場所で10年近く同じ所に住んでいました。(20代/女性/学生)
  • 最初は嫌でも、一年もすれば愛着が湧き、離れがたくなってしまう。(20代/男性/会社員)
  • 結婚資金を貯めるためにパートナーと同棲し、結婚してからも同じ部屋に住みました。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 住んでいたところが通学に便利で、生活するのにも近所に安いスーパーもあり引っ越す理由がなかったため。(30代/男性/自営業(個人事業主)

まとめると…

立地やアクセスの良さを理由に挙げる人が多く見受けられました。また、引っ越しに掛かる費用を想うと、2年契約の更新をする方が楽であると考える人が多いようです。

引っ越しをするのにはかなりの費用と労力がかかるため、将来に向けて貯金をしている人や何か差し迫った理由が無い場合には住み続けるという選択をすることが伺えます。

転勤を繰り替えし、2年以上住んだことがないという人も!

2年以上同じ部屋に住んだことが無いと回答した人は、非常に少なく3人という結果になりました。

  • 一人暮らしをしてまもなく、引っ越すつもりはないがまだ一年も住んでいないため。(20代/男性/学生)
  • だいたい借りる部屋は2年契約が多いので、それ以上住んだことはないです。(30代/女性/パートアルバイト)
  • 特に部屋が嫌だとか気分転換などでの引っ越しではなく転勤だったり転職だったりで最高でもぎりぎり2年未満しかない。(40代/男性/無職)

まとめると…

仕事の都合上、転勤が多い人にとっては2年以上同じ部屋に住んだ経験が無い人もいるようです。

また、初めての一人暮らしを始めたばかりで2年以上住んだことがないという意見もありました。引っ越しを繰り返し、見知った街がどんどん増えていくのは楽しいですよね。

住む街によって、日々の生活や暮らし方に変化が生まれ、まるで旅をするように住み替えていくというのも、新しい生き方かもしれません。

総まとめ

仕事によって、居住期間に間逆の差が出る?

アンケートの結果、同じ部屋に2年以上住んだことがあると回答した人が殆どという結果となりました。

2年以上住んだことがあると回答した人の中には社宅に住んでいたからという意見もありましたが、一方で2年以上住んだことが無いと回答した人の中にも仕事の都合上転勤が続いたという意見がありました。

仕事によって住み続けるか、引っ越しを続けるか分かれることもあるようです。

どちらにせよ、一度住むことになった街には愛着をもって、とことん楽しんで暮らしたいものですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年5月1日~5月15日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【ある】

いい家選ぶ、いえらぶ
▼一人暮らし向きのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

一人暮らし向きの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事