ライフスタイル

【ゲスト用布団】一人暮らし、急な来客に備える必要あるの?

ライフスタイル

ハイライト

  • ゲスト用のふとんを用意しているかどうか、アンケートをとってみた。
  • ゲスト用の布団を用意していないと回答した人の方が多く52人という結果になった。
  • 布団にとって代わるものを用意しておくなどの工夫をしている人もいた。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口

ライフスタイル

進学や就職などをきっかけに実家を出て、賃貸を借りて一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。初めての一人暮らしに慣れて少し余裕が出てきたら友人を招いて一緒に食事をしたり、パーティーをしたりと夢がふくらみますよね! しかし、そこで気になるのは、急な来客や友人・家族の訪問に備えてゲスト用の布団を用意しておくか否かという問題です。いつ使うか分からないものですが、いざ無いとなると少し困ってしまうかもしれません。そこで、一人暮らしをしている人を対象にゲスト用のふとんを用意しているかどうか、アンケートをとってみました。

Question

一人暮らしにゲスト用の布団を用意しているか

  • Aある:48%
  • Aない:52%

アンケート結果

ゲスト用の布団を仕舞う場所も敷く場所もない現実!

アンケートの結果、ゲスト用の布団を用意していないと回答した人の方が多く52人という結果になりました。

  • 特に泊まりに来る人がいないから。泊まる人は、一緒に寝ても気にならない人か、オールをする人だから。(20代/女性/専業主婦主夫)
  • 狭い1Rなので余分に布団を敷くスペースも収納するスペースもありません。(20代/女性/学生)
  • ゲスト用の布団を用意したいが、その布団を置いておくスペースの確保が難しいため。(30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 一人暮らしの部屋には、自分のベッドに布団はありますが、クローゼットには、布団をしまうスペースが余りないからです。(40代/女性/専業主婦主夫)

まとめると…

一人暮らし用の物件には、ゲスト用の布団を仕舞っておくスペースの余裕などないという意見が非常に多く見受けられました。用意しておきたいのは山々だけれど、仕舞っておく場所もいざ布団を敷く床のスペースもないというのが現状のようです。

また、泊まりにくる人物であれば仲のよい間柄なので一緒の布団に寝たり、睡眠をとらないというパターンもあるようです。

親が泊まりにくる時のために用意しているという意見も!

ゲスト用の布団を用意していない人が多い一方で、用意していると回答した人が48人という結果になりました。

  • 親が来たり、家での飲み会の時に友人が泊まるときがあるので、一式は準備してあります。(30代/女性/パートアルバイト)
  • 泊まるのが1人なら同じベッドでもいいが、複数人の場合もあるので念のため用意している。(30代/女性/無職)
  • 親や姉妹が泊まりに来ても大丈夫なように、必ず1セットは用意しています。(30代/女性/自営業(個人事業主)
  • 引っ越し初日に親が泊まったこともあり、布団を置いてある。また、友達が泊まりに来ることもあるため。(20代/女性/学生)

まとめると…

ゲスト用の布団を用意していると回答した人の中には、親が泊まりにくるためという意見が複数見られました。初めて一人暮らしをする場合は、最初のうちは心配をした親が度々泊まりにくることも充分あり得ますよね。

また、学生に多い状況としては学校の近くに一人暮らししていると友人が複数遊びにくる機会もあるため、あらかじめ用意しているようです。

総まとめ

一人暮らしの二人に一人がゲスト用の布団を所持!

アンケートの結果、ゲスト用の布団をもっていないと回答した人の方が僅かに多い結果となりましたが、ほぼ二人に一人がゲスト用の布団を用意しているということが分かりました。

一人暮らし用の部屋では収納スペースが充分に無かったり、自分用以外の布団を敷くスペースが無いなどの諸事情があるのもまた事実です。そんな時のために寝袋やこたつなど、布団にとって代わるものを用意しておくなどの工夫をしているという意見もありました。また複数の友人で泊まりをすることがあれば50%の確立でゲスト用の布団を持っている人がいるため、あらかじめ確認しておくといいかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年3月20日~5月1日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【ある】

  • 友人がのみのあとに泊まりに来るので、2組は用意をしてあります。便利です。(20代/女性/自由業・フリーランス)
  • 友人や家族が泊まりに来た時などに対応てきるよう一応用意しています。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 先輩などが遊びに来ると思たすいますので、一つあるとたすかります。(20代/男性/学生)
  • 実家に余っていた布団を余分にもらってきました。友達が遊びに来たときなど、便利です。(20代/女性/自由業・フリーランス)
  • 実際には全く使ってないのですが、友達が来たときや親が来た時に利用できるように準備はしています。(20代/女性/学生)
  • あります。誰がが泊まる場合があるのでとりあえず用意しています。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 親や友人が良く遊びに来るので1セットだけ用意しています。布団は圧縮出来るので普段はクローゼットに入れています。(20代/女性/専業主婦主夫)
  • 一人暮らしをしたら、友達や彼氏を呼んだりお泊まりしたりしたかったから。学生ならいざ知らず、いい大人が寝具もなく雑魚寝は体力的にもしんどいので。(30代/女性/契約派遣社員)
  • 引っ越し初日に親が泊まったこともあり、布団を置いてある。また、友達が泊まりに来ることもあるため。(20代/女性/学生)
  • 友人が泊まりに来たときに、床で寝てもらうのは変に気を遣うから、一組はあると便利。(20代/女性/専業主婦主夫)
  • 一応、1組だけは用意しています。誰が遊びに来てもいいようにしています。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 1セット、実家の親が持って行きなさいと言って用意してあります。(30代/女性/会社員)
  • 友達がいつ来ても良いように1組だけ用意している。けっこう使うから買って正解です。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 終電を逃した友人を家に泊めたり、友人と家で夜遅くまで遊んだりすることがあったりと、布団があった方がいい場面が増えたため。(20代/男性/学生)
  • 家族が泊まりに来たり、友達が終電を逃してそのまま泊まっていくことがあるためあった方が安心できるから。(20代/女性/学生)
  • 友人や両親が泊りに来ることがあるので、最低1組は用意している。(40代/女性/契約派遣社員)
  • 親や親戚が来たときに、すぐ横になれないと困るじゃないですか~・・・(40代/女性/会社員)
  • シングルベッドに一緒に寝るのも狭いし、かといって床に寝かせるのも申し訳ないので1セット用意しています。(20代/女性/学生)
  • ゲスト専用というだけでなく、いつどんな災害があるかわからないので、予備としても使えるのであった方がいい。(40代/女性/会社員)
  • ロフト付きのワンルームなので、一組シングル布団をゲスト用として置いている。(40代/男性/無職)
  • 私は用意しています。家族が遠方に暮らしてるのでたまに泊まりにきたときに使います。(20代/女性/無職)
  • 親が来たり、家での飲み会の時に友人が泊まるときがあるので、一式は準備してあります。(30代/女性/パートアルバイト)
  • 彼女がいるから。友人と自宅でお酒を飲んだ時に、友人がそのまま自宅で寝てしまう可能性があるから。(20代/男性/学生)
  • 一人暮らしする時に親が用意をしてくれたものがあります。最初は使わないと思っていましたが、時々友達が部屋に泊まりにきた時に役立ちました。(30代/女性/会社員)
  • たまに友達が2.3人遊びにくるので布団用意してます。自分ベットなんで床にそのまま寝てもらうわけにもいかないので(20代/男性/パートアルバイト)
  • 友人がよく家に飲みに来るのでそのまま寝てしまうことが多いため用意しています。(30代/男性/会社員)
  • 上京一人暮らしだとやっぱり地元から遊びに来てそのまま泊まる友達が多いので。(30代/女性/無職)
  • 寝袋がある程度しか無いので、ゲストを泊めることは考えていない。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 両親が遠く離れて住んでいるので泊まりに来てくれたように用意している。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 友達が来ることが多かったので敷布団を買いました。ベットに一緒に寝るより疲れなくていいので。(30代/女性/自営業(個人事業主))
  • 友人や親戚が急に来たときに、すぐに横になってもらえるように必要です。(40代/女性/会社員)
  • 大学のそばに家があるので友人が結構来るので必須ですね。あまり来ないとしても自分用とあと一枚くらい持ってていいと思います。(10代/男性/学生)
  • 親や友達が遊びに来た時などに使用できるから1セットは用意してある。(20代/女性/無職)
  • ゲスト用として用意しているわけではありませんが、余っている布団があるのでそれがゲスト用になっています(30代/男性/会社員)
  • 友達や、家族が泊りに来ることがあるし、そういうことが無いと寂しい。(30代/女性/会社員)
  • 親が週に1回程度泊まり掛けで掃除や料理を作りに来てくれるので、また駅から近いので飲み会がある時は友達も時々泊まっていくので。(50代/女性/自営業(個人事業主))
  • 誰かが泊まりにくるときのために、ロフトに一組置いてそこで寝てもらうようにしている。(10代/女性/学生)
  • 荷物にもなるし、邪魔な存在無駄だから。。。必要無し。。。泊まるなら代用聞くものdw(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 一人暮らし同士の仲間で、お互いの家に泊まることがあるため。圧縮袋などで収納しておけば、場所も広くとることは避けられるため。(20代/女性/医師)
  • 友人がよく家出をして泊まるところがないからとよく連絡してくるので布団の他、日常用品は用意しています。(10代/女性/無職)
  • 友人が来た時に酒が入って泊まりなんてこともありますので用意しています。(20代/男性/会社員)
  • 友人が泊まりにくることがあるので、布団は1組だえですが用意はしています。(30代/女性/パートアルバイト)
  • 勿論用意して有ります。何が有るか分からないので用意して有ります後悔しない様にしないと。(40代/男性/パートアルバイト)
  • 時々、オカンと妹が来るからダブルの蒲団を一式用意してます。友人も来るし(30代/女性/パートアルバイト)
  • 親や姉妹が泊まりに来ても大丈夫なように、必ず1セットは用意しています。(30代/女性/自営業(個人事業主))
  • 泊まるのが1人なら同じベッドでもいいが、複数人の場合もあるので念のため用意している。(30代/女性/無職)
  • 自分用の掛け布団をシェアしてます。ゲストはソファかこたつに寝ます。(40代/男性/会社員)
  • お客さんや母や父、友達等が来た時にソファーよりも安いししまうのが楽だからです。(10代/男性/学生)

【ない】

  • 独り暮らしの家なので収納スペースに余裕がないことと、家にはあんまり入れたくないから必要ない。(20代/男性/学生)
  • もともと人を自宅に泊めるのは好きじゃないので、布団も用意しない。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 自分の家には他人を泊めたくない性格なので、あえて用意せず、泊まる気をなくさせます。(10代/女性/学生)
  • 誰かを泊めるとしても布団を敷くほどのスペースがない部屋なので、自分が床に寝る。(10代/女性/学生)
  • 狭い部屋に一人暮らししているのでゲスト用の布団を用意するだけのスペースがありません。(30代/男性/会社員)
  • いつ使うか分からないゲスト用の布団など、用意するだけ無駄だと思っていたから(30代/男性/会社員)
  • 余分な布団を収納する場所がないので、誰かに来てもらう時は寝袋持参をお願いしています。(30代/女性/会社員)
  • そんなスペースはまったくありません。彼女がいれば別ですけれど。(50代/男性/契約派遣社員)
  • 用意してはいませんが、夏掛けと冬掛けのどちらかを使って急場を凌いでいます。(50代/男性/無職)
  • そういうのってあまり必要ないと思いますし自分の荷物で手いっぱいでしょう。(20代/女性/無職)
  • ゲストを招くときは大体、同性であり、ある程度よい仲なので同じ布団で就寝することが多いから。(20代/女性/学生)
  • ないです。友達が泊まりにくることじたいがないので必要ないです(40代/女性/その他専門職)
  • 狭い1Rなので余分に布団を敷くスペースも収納するスペースもありません。(20代/女性/学生)
  • 一人暮らしをしていたことがあるのは、学生時代だけ。学生時代、来客があった時は、シングルの布団にセミダブル位の敷き毛布をひいて、ひとつの布団で2人で寝たりした。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 人を宿泊されることがないのでありません。収納スペースも少ないです。(30代/女性/会社員)
  • していません。もともとダブルの布団で寝ているので友人が来た時には一緒に寝てもらっています。それでも平気なほど親しい友人しか呼ばないので。(30代/女性/契約派遣社員)
  • 用意すべきだとは思うが、部屋の収納スペース上、常には使わないものを常備しておくのはかなり無駄になるから。(10代/女性/学生)
  • 片付けるところもないですし、用意していません。お泊まりに来てもらう場合は、一緒の布団で寝てもらいます。(20代/女性/会社員)
  • お友達が泊まりに来たとしても同性なので、一緒の布団に寝てもらうということにしてます。(20代/男性/学生)
  • ないです。でもあれば良いですよね。ソファで寝てもらう感じです。(30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 一人暮らしの部屋には、自分のベッドに布団はありますが、クローゼットには、布団をしまうスペースが余りないからです。(40代/女性/専業主婦主夫)
  • 使用頻度がすくない事に対して、収納場所がないので置かない様にしている。(30代/男性/会社員)
  • ないです。友達が来た時はベットを譲るかもうみんなで雑魚寝うぃます(10代/女性/学生)
  • 以前は用意していたが、押し入れ等の収納スペースが狭い部屋に引っ越した際に処分した(留学生に譲った)それ以後はゲスト用は持っていない。(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • そもそも二人が寝る場所を確保できるだけのスペースがない。仮に誰かが泊まりに来るのであれば、自分のベッドを使わせ、自分はPCデスクのいすで寝る。(30代/男性/無職)
  • 誰も来ないので、一人暮らしにゲスト用の布団を用意していないです。(30代/男性/会社員)
  • 収納が小さく、布団をしまっておけない。後、布団をもう1枚敷く充分なスペースすらない為(30代/女性/専業主婦主夫)
  • だれも泊まりにこないので、用意していない。布団は場所をとるし、ちゃんと保存しないとダニとかがわきそう。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 寝袋やこたつがあるので、それを使用してもらってるから。カーペットも敷いてあるのでそれなりに寝れる環境ではあると思う。(20代/女性/学生)
  • 掛け布団はあるが、敷き布団は用意していない。ゲストにベッドで寝てもらい、自分が床で寝る。(20代/女性/会社員)
  • 収納が少ないので、一組しか置いてないです。彼氏とは一緒に寝るし、友達や家族が来たら、自分がカーペットで寝ます。(20代/女性/会社員)
  • ゲスト用の布団を入れておくだけの押入れのスペースがないこととあまり使用する機会も少ないため。(30代/男性/無職)
  • 部屋が狭くなり収納スペースが少ないのでそこまで用意ができない為。(40代/女性/会社役員)
  • 余分な布団を置いておくスペースなんて無いし、布団が必要になるような客の呼び方をする事もない。(40代/男性/無職)
  • 特に泊まりに来る人がいないから。泊まる人は、一緒に寝ても気にならない人か、オールをする人だから。(20代/女性/専業主婦主夫)
  • 現在使っている布団がダブルなので、一緒に寝ることができるから(30代/女性/無職)
  • いちいち用意していられない。シングルベットですが、一緒に寝るか床で寝させます。笑(20代/女性/会社員)
  • でも寝袋は置いてあって、知り合いが止まった時は布団を貸して自分は寝袋で寝る事がありました。(30代/男性/会社員)
  • 誰かが泊まりに来ることはほとんどないのにそのために布団を用意しておくことはスペースの無駄だと考えるから。(20代/女性/学生)
  • 1ルームでとてもお客様をよべるような広さの家ではないため用意していません。(20代/女性/学生)
  • 来るかどうかわからないゲストのために用意する必要はないと思うから。(50代/女性/パートアルバイト)
  • 別に誰も泊りに来る予定はないと思うので、そんなものは用意していないです。(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 一人暮らしの部屋が狭すぎるので、ゲスト用のふとんをすくスペースがないからです。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 遊びには来ても、泊まっていくような人は今のところいませんからね。(10代/女性/学生)
  • 色んな条件がある中で、収納の広さは女子にとっては大問題。ですが、収納も機能も広さも・・・なんてわがままを言っていたら中々決まらないのが現状。なので自分一人の荷物を考えるとやはりお客様用の布団を用意するのは厳しい現実があります。(30代/女性/専業主婦主夫)
  • 家に人を泊めることもほとんどないですし、置き場所にも困るので用意していません。(40代/男性/その他専門職)
  • ゲスト用の布団は用意していないです。タオルケットぐらいならありますが。(40代/男性/契約派遣社員)
  • 一人暮らしで部屋も狭いのでゲスト用の布団を持っていないからです。(20代/男性/会社員)
  • 置くスペースもしまうスペースもないから。来客用を用意するほどのひとは来ないw(20代/女性/会社員)
  • あっても埃がたまるほどゲストが来ない新しいものを用意したところで同じく埃がたまる(50代/男性/会社員)
  • 人を泊めたことがないし泊めようと思ったこともないので用意してない。(20代/女性/自由業・フリーランス)
  • ゲスト用の布団を用意したいが、その布団を置いておくスペースの確保が難しいため。(30代/女性/自由業・フリーランス)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事