ライフスタイル

好感度のアップする女の子の趣味はピアノ?それともバレエ?

ライフスタイル

ハイライト

  • 好感度の上がる女の子の趣味は何か、アンケートを取ってみた。
  • 圧倒的に「ピアノ」と回答した方が多く、全体の6割いた。
  • ジェンダーフリーの社会だからこそ、女性らしさに魅力を感じる人が多かった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

ライフスタイル

賃貸物件を探す時は、家賃や立地条件などが重視される傾向にありますが、どんな人が住んでいるかを気にする人も少なくないのではないでしょうか。最近では、音楽好きやペット好きなど、同じ趣味の人だけが住む「コンセプト型賃貸」というものもあり、騒音や他人の目などを気にせずに趣味に打ち込める物件も見られます。

時には趣味が人の好感度に影響することもあることから、特に趣味を婚活に役立てたいと考えている方にとっては、住人同士でコミュニティを形成できることが、いろいろな面でプラスに働くかもしれませんね。 そこで、好感度の上がる女の子の趣味は何か、アンケートを取ってみました。

Question

女の子の趣味で好感度のあがる趣味は何ですか?

  • Aピアノ:60%
  • Aバイオリン:22%
  • Aクラシックバレエ:18%

高感度のあがる女の子の習い事とは?

好感度アップの圧倒的一番人気はピアノ!

アンケートの結果、圧倒的に「ピアノ」と回答した方が多く、全体の6割ほどいらっしゃいました。

  • 自分がピアノ好きなので、ピアノを趣味にしている女の子は非常に好感を持つ
  • ピアノの調べが好きなので、それを弾ける女性は品のある人だなぁと思えます
  • ピアノができる娘は金持ち、親のしつけがよく、上品で、美人という印象があります
  • 女の子らしい楽器で一番親しみのある楽器。家に行ったときなどで聞かせてもらいたい
  • 定番だと思いますが、高尚すぎず、女の子らしくて、可愛いと思います。

まとめると…

ピアノが好きだから、というストレートな理由が多く見られました。特にカップルの場合、共通の趣味を持つことは、共有できる経験や喜びも多いことから、長く良好な関係を築くためには重要なことなのかもしれません。

また、品を感じるというコメントも複数ありました。ピアノを弾いている姿に、艶やかさを感じる人は多いようです。あるいはピアノ=上品というイメージが出来上がっているのかもしれませんね。

その他では、女性らしくて可愛いという意見もありました。趣味に女性らしさを求める声はまだまだあるようです。

清楚で知的なバイオリン、柔軟性のクラシックバレエ清楚で知的なバイオリン、柔軟性のクラシックバレエ

「ピアノ」に次いで「バイオリン」、次いで「クラシックバレエ」の順となりました。

  • バイオリンですね。なんとなくですが、知的なイメージがありますから。清楚な感じもしますし
  • 音楽をやってる女の子は、それだけで清楚なイメージが付く。特にヴァイオリンは高貴な感じがする
  • 趣味でバイオリンをやっている女性は知的で魅力的だと思うからです。
  • からだが柔軟で健康的であり姿勢がよく女性的であり好感が持てる
  • クラシックバレエのレオタード姿と体の柔らかい女性にすごく憧れます。

まとめると…

「バイオリン」の回答では「ピアノ」とは違い、清楚や知的といった言葉が目立ちました。ポピュラーなピアノに比べて、バイオリンを趣味としている女性が少ないことから、習うのが難しいというイメージがあり、清楚なお嬢様という印象に結びついているのかもしれませんね。また、バイオリンを弾いている姿が、知的な雰囲気を醸し出しているようです。

「クラシックバレエ」の回答からは、体の柔らかさをあげる意見が多数見られました。体の柔軟性に、女性的な魅力を感じる方は多いようです。レオタードなど衣装に関するコメントから、視覚的効果もあるようです。

総まとめ

女性らしさの強調が好感度アップに繋がる?

今回のアンケート結果から、多くの人がピアノは女性の好感度を上げる趣味だと考えていることがわかりました。単純にピアノが好きだという意見もありましたが、ピアノから品の良さや可愛らしさを感じ、それが女性的魅力のアップに繋がっているようです。

バイオリンやクラシックバレエでは、清楚や柔軟性などピアノとは異なる理由が多かったものの、女性的魅力の強調という意味で、本質的には同じ理由なのかもしれません。

ジェンダーフリーの社会だからこそ、女性らしさに魅力を感じる人が多いのかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男性
  • 調査期間:2014年2月4日~2月18日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【ピアノ】

  • ピアノで自分の好きな曲を弾いてもらえると、テンションがあがると思うから。(21歳/男性/学生)
  • この選択肢の中では一番現実的だと思うので、ピアノを選びました。(45歳/男性/会社役員)
  • どれもいいと思うが、一番身近なピアノが一緒に共有しやすく楽しめるから。(32歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 私も独学でピアノをよく趣味で弾いていて、ピアノアレンジのコツなどを聞きたい(20歳/男性/学生)
  • 一般的で良いと思う。他の選択肢はお嬢様をイメージしてどうしても引いてしまう。(54歳/男性/無職)
  • ピアノの調べが好きなので、それを弾ける女性は品のある人だなぁと思えます。(55歳/男性/契約派遣社員)
  • 自分はドラムを演奏するので、ピアノであればいっしょに合わせることができるので、好ましいですね。(51歳/男性/専業主婦主夫)
  • バイオリンやクラシックバレエというのは、お金持ちというイメージだからです。(33歳/男性/会社員)
  • 単に自分がピアノが好きなのがあるためかピアノが趣味な女の子は好感度が上がりますね。(31歳/男性/契約派遣社員)
  • ピアノが好きな楽器なのでそれができるとなると好感度が上がります。(43歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ピアノを弾ける人と言うのは、何だかワンランク上な人のように思えてとても良いと思います。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • やっぱりピアノですね、ただし「ねこふんじゃった」だけではいや(36歳/男性/会社員)
  • 自分が好きだというのもありますし、ピアノを教えてもらいたいなと思うのもあるので、ピアノが趣味というのは好感度が上がりますが、どんな趣味でも別にこだわりがないというのが本心です。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 楽器を習っていれば、私の演奏とセッションが出来るから。ピアノなら、伴奏もソロもなんだってできるし。(22歳/男性/学生)
  • クラシックバレエって何ですか、わかりません。バイオリン趣味の人よりピアノ趣味の人のほうが器用そうだからでしょうか。(22歳/男性/学生)
  • 女の子らしい楽器で一番親しみのある楽器。家に行ったときなどで聞かせてもらいたい。(47歳/男性/公務員)
  • ピアノをする女性は育ちが良さそうで好感度が上がります。優しい女性のイメージもあります。(37歳/男性/公務員)
  • ピアノをやっている女の子は、育ちが良いと感じるから高感度が上がります(33歳/男性/会社員)
  • どれも別段好感度があがるというわけではありませんが、しいて言うなら、です。(48歳/男性/その他専門職)
  • どれも鼻にかけているようで好かないですがまぁピアノくらいはできるとカッコいいかなとは思う。(28歳/男性/パートアルバイト)
  • 清楚なイメージがあるので好感が持てる。絶対音感を持っていたら尚、憧れる。(33歳/男性/会社員)
  • ピアノならその辺にも置いてあるので、ピアノを引いた時に凄いと思います。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • ピアノが弾ける女性は気品高い気がしてすごく魅力的に見えてしまう。(24歳/男性/自営業(個人事業主))
  • ピアノを弾いてる女性の手はとても繊細で美しいからです。後綺麗な音楽を聴きたいです。(32歳/男性/自由業・フリーランス)
  • この3つの中では、高慢な印象が一番小さいからです。座った姿勢というのもいいです。(30歳/男性/パートアルバイト)
  • 弾いている後姿がおしとやかで、女性らしいから。また、やさしさと調和した教養だと思うから。(23歳/男性/学生)
  • クラシックバレエはあまり興味がなく、バイオリンは奥歯を痛めそうなので。(37歳/男性/無職)
  • お嬢様という気がしてきます。ピアノが弾けなくても音感は必要かと思います。(41歳/男性/会社員)
  • ピアノが弾ければ好きな音楽を弾いてもらい、話が盛り上がるかもしれないから。(21歳/男性/学生)
  • バイオリンやクラシックバレエも好感度が持てますが、やっぱりスタンダードなピアノです。(45歳/男性/会社員)
  • ピアノの音が好きなのでそれを上手に弾いてくれると思うと好感度が上がります。(31歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 知的だし、自分の好きだった子がピアノをよくひいていたため。魅力がある。(47歳/男性/会社員)
  • 自分の指が短く、、、ピアノが弾きたくても弾けないから。ピアノを弾く娘はイメージ的に指先が綺麗なイメージがあるから。(41歳/男性/会社員)
  • 彼女にピアノ伴奏をしてもらって、歌曲を歌ったりする事にあこがれますね。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 音色が好きですし、ピアノが趣味な女性は、大人しくて可憐なイメージもあるので。(28歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 自分が弾くことが出来ないので、弾けると好感度が上がる気がします。(41歳/男性/会社員)
  • ピアノを弾けるというと、育ちがいいように感じるし、何かの時に役立つと思うので。(34歳/男性/その他専門職)
  • 音痴なので、音楽のセンスがみにつく、ピアノが好感度は高いと思います。(51歳/男性/会社員)
  • ピアノが演奏できる女性は憧れです。休日に彼女の演奏するピアノを聴きながら、木洩れ日を浴びてコーヒーを飲むシーンを浮かべます。(65歳/男性/会社役員)
  • ピアノの旋律がいいですね、ただ買ってくれなんて言われるときびしいです。(58歳/男性/会社員)
  • 特に理由はありません。何でも一生懸命している習い事なら好感度は上がります。(45歳/男性/会社員)
  • ピアノを弾いてくれると癒されますし女性的な感じがすごくします。(32歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ピアノができ、趣味にしているとお嬢様のような生活をしていると感じます。(36歳/男性/会社員)
  • ピアノをやっていると、芸術家みたいで少し憧れますね。バイオリンだと逆に引くかな。(44歳/男性/契約派遣社員)
  • ピアノがひける女の子っていうのは良いですね。音楽は心を癒す効果があるのでバイオリンでも好感度あがります。(21歳/男性/学生)
  • ピアノができる娘は金持ち、親のしつけがよく、上品で、美人という印象があります。(32歳/男性/会社員)
  • 定番だと思いますが、高尚すぎず、女の子らしくて、可愛いと思います。(48歳/男性/会社役員)
  • ピアノの音がとても好きなので、ピアノが趣味の女性の好感度はすごく上がります。(28歳/男性/契約派遣社員)
  • 好きな曲の伴奏としてもらえるのなら凄くテンション上がりそうですね。(18歳/男性/学生)
  • 音楽系の3択ですか…。どれももう一つですね。本当は料理かジョギングとかですけど。あえて消去法で選ぶとこれです。(42歳/男性/その他専門職)
  • 上記3つの中ではピアノですが、正直あまり興味ないです。釣りの方が良い。(39歳/男性/会社員)
  • 知的でとても気品がある趣味だと思う。引いてるところを見ると好いてしまいそう。(22歳/男性/学生)
  • ピアノを選択しましたが趣味がたくさんあると生活が充実していると思います。(30歳/男性/無職)
  • 上品な感じと、かっこいいと感じてしまいます。あとかわいらしいかな。(34歳/男性/会社員)
  • 自分がピアノ好きなので、ピアノを趣味にしている女の子は非常に好感を持つ。(39歳/男性/会社員)
  • ピアノが上手に弾ける女性はポイントが高い。バイオリンやバレエはお金持ちの家のお嬢さんがするイメージで身構えてしまいそう。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ピアノはわたしも経験があるので話で盛り上がることができるから。ひいてる姿とか見てみたい。(21歳/男性/学生)
  • 私もピアノに興味があるのでピアノの女性に心が惹かれます。ピアノはよいと思います。(22歳/男性/学生)

【バイオリン】

  • バイオリンはオーケストラで使用されるので、趣味でオーケストラにを参加している自分と話が合いそうだから(21歳/男性/学生)
  • バイオリンはいかにもお嬢様がやりそうな趣味。ハイソな感じがしてドキッとします。(37歳/男性/会社員)
  • バイオリンを弾く姿には神々しささえ感じますね、好感度上がります。(36歳/男性/会社員)
  • 自分が全くできないので、楽器が少しでも弾ける人を素直に尊敬するから。(23歳/男性/学生)
  • バイオリンならピアノと違いすぐ聞かせてもらえそうだからです。ピアノは知り合いが習っているのでそこまで好感度上がるとは思えない(29歳/男性/無職)
  • バイオリンはいいかもしれません。どう考えてもバイオリンをするということはお嬢様の可能性があるので(43歳/男性/自営業(個人事業主))
  • なんかお嬢様って感じがして交換もてる。目の前で披露してもらいたい(23歳/男性/学生)
  • 音楽をやってる女の子は、それだけで清楚なイメージが付く。特にヴァイオリンは高貴な感じがする。(23歳/男性/学生)
  • 趣味でバイオリンをやっている女性は知的で魅力的だと思うからです。(40歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ピアノもクラシックバレエも好感度あがりますが、私がバイオリン好きなので。(45歳/男性/無職)
  • バイオリンの音色はとてもきれいで大好きなので。それに、中々引ける人が少ないのも選んだ理由としてはあります。(24歳/男性/無職)
  • イメージではあるが、家庭環境の良さや育ち良さが分かるようで、印象がよい。(32歳/男性/会社員)
  • 好感度が上がるという訳ではないのですが、あまりやっていない趣味なので、良いです。(42歳/男性/会社員)
  • ピアノはどんな女性でも小さいころに経験していることが多いので、とくに好感度は上がらない。クラシックバレエは独特な世界という印象で、バイオリンは素敵。(41歳/男性/会社員)
  • 3つの中ではバイオリンかな。高級バイオリンなんかで演奏されたら更に感度UPだね。(58歳/男性/無職)
  • ピアノは割りと多いし、バレエなどだと、違う世界な感じがするけど、バイオリンなら、質問とかもしやすく、話しが広げられそうだから。(37歳/男性/自営業(個人事業主))
  • バイオリンですね。なんとなくですが、知的なイメージがありますから。清楚な感じもしますし。(40歳/男性/無職)
  • バイオリンは耳の近くで音をだすため音感がかなり大事になる。音感がいいと分かるから(25歳/男性/無職)
  • すごく清楚なイメージがあると思うので。バイオリンは普通どの家にもないだろうし。(35歳/男性/会社員)
  • ピアノは少々陳腐な感じがするので、バイオリンの方が好感度があがると思います。(48歳/男性/自由業・フリーランス)
  • バイオリンの音色が好き。そう簡単にできるものでもなく難しいしそれをやっているのが素敵だと思う。(32歳/男性/パートアルバイト)
  • 選択肢に登山とかサイクリングとかランニングがあれば、それらが一番だ。上記3つから選ぶならバイオリンかな。(56歳/男性/医師)

【クラシックバレエ】

  • 体が柔らかい人が多いので女の子らしく思い好感度が上がります。(46歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 体が柔らかく、痩せていて、姿勢が良いから。見た目が若く保たれることも多いし、気品などもアップすると思うから。(40歳/男性/自由業・フリーランス)
  • クラッシックバレレエが趣味なんて言われたらとてもお嬢様ぽくてOKです。(26歳/男性/会社員)
  • からだが柔軟で健康的であり姿勢がよく女性的であり好感が持てる。(53歳/男性/会社員)
  • クラシックバレエのイメージとして体をよく動かすというイメージがあるので常にスタイルを維持できていると思いますし体も柔らかいと思います。個人的に体が柔らかい女性に性的魅力を感じることも理由の一つになっていると思います。(31歳/男性/会社員)
  • バランス感覚と感度の良さを鍛えていそうで、私生活の面でも活きてきそうだから。(35歳/男性/自営業(個人事業主))
  • クラシックバレエとか習っていましたといわれたら、すごいなあと思いますよね単純に(36歳/男性/会社員)
  • クラシックバレエのレオタード姿と体の柔らかい女性にすごく憧れます。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 体がしなやかなのかなと想像してしまう。色々楽しめそうだし。変な想像をしてしまってワクワクする。(35歳/男性/その他専門職)
  • 女の子の趣味で好感度のあがる趣味は何ですか? クラシックバレエ(40歳/男性/会社員)
  • 実際にバレエをやっている子と会った事がないので分かりませんが、バレエのみならず体を動かすスポーツ全般の経験がある子に悪い子はいませんでした。(46歳/男性/契約派遣社員)
  • 女の子特有のバレエシューズとチュチュを着ていると思うと可愛いし魅力的だと思う。(38歳/男性/自営業(個人事業主))
  • バレエをやってる女性は姿勢や仕草も美しくなるので良い趣味だなと思う。(35歳/男性/会社員)
  • ただ、運動は健康にいいので、運動している女性はいいと思うし、がんばる姿がかっこいい(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 興味あります。私もY字バランスを教えてもらいたいです。習得したい。(36歳/男性/会社員)
  • 楽器がないと披露出来ない趣味より、クラッシックバレーならどこでも腕前を見せてもらえるからです。(41歳/男性/会社員)
  • まわりにクラシックバレエをやっている人がいないので、是非お話を聞いてみたい。(38歳/男性/無職)
  • 女の子の趣味で好感度のあがる趣味は「クラシックバレイ」です。すこし浮世離れしていて、観いてて現実逃避ができそうなのでいいと感じます。(45歳/男性/自営業(個人事業主))
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事