住宅設備

地下室の有効な活用法とは!?

住宅設備

ハイライト

  • もしも地下室があったら、何に使うかアンケートをとってみた。
  • 3割以上の人がシアタールームと答え、防音や暗さがメリットになっていた。
  • 2位には真逆の印象のある物置・スタジオがランクインした。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

住宅設備

怪しい秘密基地や実験室など、ミステリアスな空間として映画やドラマなんかで地下室はよく登場しますが、実際日本の家についているケースはあまりないですよね。騒音などで近隣に迷惑をかける心配もなさそうですし、あるとなにかと便利かも!と考えたことはありませんか?

もし自分の家に地下室があったらどう利用したいかについてのアンケートをとりました。

もしも我が家に地下室があったら、何に使いますか?

もしも我が家に地下室があったら、何に使いますか?
・ワインセラー:9%
・シアタールーム:35%
・物置:23%
・スタジオ:23%
・パーティールーム:10%

【一位はシアタールームという結果に!】
今回のアンケートでは、3割以上の人がシアタールームとして利用したいと答えました。

「大きな画像で大きな音響で心行くまで映画を楽しみたいです。やはり通常では近所迷惑もあるので音響の音量にはだいぶ気を付けます」
「地下なら完全暗転ができるので、気軽に映画を楽しめそうだから。地下なら少しくらい大きな音を出しても大丈夫そうだから」

防音や遮光が通常の部屋よりでき、より映画を大画面で楽しめるからという意見が最も多かったです。確かに家にいながら映画館のような迫力を思う存分楽しめるのは魅力的ですよね。また「一人でゆっくり映画を見れる空間を持つことが本当に夢なんです」など、完全なプライベート空間を作れるのがいい、という理由をあげた人もいました。


【スタジオ・物置が同着2位!それぞれの理由とは?】
同着2位となった物置・スタジオですが、使い道としては結構真逆の印象です。それぞれどのようなことが理由としてあげられたのでしょうか?

まず物置!
「収納が足りません。地下室があれば収納庫になっていくはずです。」
今の収納スペースに不満を感じているから、という人が最も多かったです。その他では趣味の骨董品のコレクション室や、書斎にしたいという人もいました。

スタジオに関しては…?
「音楽が趣味なので、地下室があったら防音効果に期待できるのでスタジオにします。」
1位のシアタールームと同じく防音性が高いという理由が最も多かったです。またパーティールームに関しても同様でした。

最後に今回最下位という結果になったワインセラーですが、
「湿気や温度を一定に保つことができる地下室には、ワインセラーなどのお酒の貯蔵庫に使いたいです」
など温度を一定に保てるからワインセラーには最適との意見が多く、バーカウンターやビリヤード台も一緒に設置したいという人もいました。


【地下室の使い道は趣味が大きく反映される!】
今回のアンケートではこのような結果になりましたが、こうして見ると地下室の使い道はその人の趣味・嗜好によって大きく異なるようです。

映画好きな人はシアタールーム、音楽が好きな人はスタジオにカラオケ、お酒好きな人はワインセラーなどの貯蔵庫・・・など、「収納がないからそれに使う」と答えた人以外はほとんど自分の趣味の部屋として使うと答えた人が多かったです。

やはり地下室は他人から見られず、また自分も外のことを気にしなくて良いので、家族みんなで共有する部屋というよりも「自分だけのプライベート空間」と考える人が多いのがわかります。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年12月2日~12月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【ワインセラー】

  • 好みのワインを揃えて、いつでもワインを楽しめるようにしたいからです。(33歳/男性/会社員)
  • 地下室いいですね、憧れます。地下室と言えば一般的には物置なのかと思いますが、私はワインが好きなので地下室にワインセラーなどのある自宅なんか、非常に贅沢ですよね。(44歳/男性/会社員)
  • 湿気や温度を一定に保つことができる地下室には、ワインセラーなどのお酒の貯蔵庫に使いたいです。(43歳/男性/自営業(個人事業主))
  • ワインセラーや食糧庫(備蓄)です。地下室は温度が一定なので、食料の備蓄にはちょうど良いと思っています。(37歳/男性/会社員)
  • ワイン好きの私には保温管理が容易な地下室にワインセラーが欲しいですね。今は1階で温度管理しながらワインを保管しています。(55歳/男性/会社員)
  • 地下にバーカウンターを作って、ビリヤード台と車がおけるスペースが欲しいですね。(45歳/男性/会社員)
  • ワインが好きなので、定期的に海外を旅して現地のワインを買って収集するのが趣味だからです。(38歳/男性/会社員)
  • 少し地下室といえば暗く冷たいイメージがありますので ワインセラーが良いですね 家に地下室は似合わないですが。(50歳/男性/会社員)
  • ワインセラーですね。日が当たらないので気温が一定に保つことができますから。ワインを置いておくには地下室が一番適していると思います。(40歳/男性/無職)

【シアタールーム】

  • 地上より静かなイメージがあるので、より映画に集中できる環境そうだから。(29歳/男性/専業主婦主夫)
  • 好きな時に好きな映画を大画面でフィルムで見たい、音響も部屋中響くくらいの迫力で・・・(58歳/男性/会社員)
  • 家にあったらうれしいし、ゆっくりできそう。みんなとも楽しめる。(30歳/男性/無職)
  • もともと地下室は、日光が入らないので、シアタールームが最適である。(51歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 以前からの夢だからです。また地下であれば騒音対策も出来、迷惑にならないと思うからです。(27歳/男性/自由業・フリーランス)
  • シアタールームにもしたいし、自分だけのプライベート空間に使いたいです。使っているうちに自然と物置みたいになるでしょうね。(37歳/男性/パートアルバイト)
  • 映画はやはり大音響で楽しみたいので、周囲に迷惑のかからない地下室があれば、そこで気兼ねなく楽しみたいですね。(42歳/男性/会社員)
  • 映画が好きなので、シアタールームにしようと思います。地下なので、明るさや音漏れも気にせず楽しめるためです。(42歳/男性/会社員)
  • 小さな映画館さながらのシアタールームがもしあれば、とても楽しいと思います。大画面のプロジェクターなどを設置して、大音量でも気にせずに楽しめそうなので、もし地下室があればそのように使いたいです。(40歳/男性/会社員)
  • 地下なら騒音も気にならないし、音量を気にせず映画やライブ映像などをみたいです。(30歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 誰も来ない静かな部屋で、一日映画をゆっくり見てみたい。贅沢だと思います。(37歳/男性/公務員)
  • 迫力のある大画面に、臨場感あふれるサウンドが家にあれば最高だから(30歳/男性/契約派遣社員)
  • 地下なら完全暗転ができるので、気軽に映画を楽しめそうだから。地下なら少しくらい大きな音を出しても大丈夫そうだから。(20歳/男性/学生)
  • 一人でゆっくり映画を見れる空間を持つことが本当に夢なんです。(41歳/男性/会社員)
  • 音響等の環境が良くなりそうなので大画面で迫力のある映像で映画を見れるようにシアタールームがいいと思う。(44歳/男性/会社員)
  • ゆっくり映画でも観たい時に、シアタールームにしたいと思います。パーティーもできるし。(39歳/男性/会社員)
  • 自分は映画が趣味だし、大きなスクリーンで好きな作品をたくさん見たいです。映画がなんか自分のものになったような気になりそうですね。(55歳/男性/契約派遣社員)
  • ホームシアターを大音量で体験したいので、近所迷惑にならない地下室に作りたいです。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 大きな画像で大きな音響で心行くまで映画を楽しみたいです。やはり通常では近所迷惑もあるので音響の音量にはだいぶ気を付けます。(37歳/男性/会社員)
  • 防音に適していると思うので、外部から遮断された環境でゆっくり映画や音楽を楽しめそうだから。(51歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 壁一面をスクリーンにして、サラウンド環境を完備し、大きな音で映画を楽しみたい。(52歳/男性/会社員)
  • 大音響でも気にしないでいいので、地下室にはシアタールームをおきたいと思っています。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 外界の喧噪を離れて好きな映画を静かな環境でたっぷり堪能できれば幸せです。(48歳/男性/その他専門職)
  • あまり、音を気にしなくていいからシアタールームが最適かと思います。(41歳/男性/会社員)
  • 家にいる時ぐらいのんびりゆっくり映画でも見て、リラックスしたいから。(38歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 地下のひんやりとした静かなスペースで映画を観たら、大音量でも観れるためシアタールームを選びました。(37歳/男性/会社員)
  • 防音の面から地下室は向いていると思った窓が無くても支障が無いお酒はほとんど飲まない(45歳/男性/会社員)
  • 遮音性を考えると天井と出入り口のみで済む地下は一番良い条件だと思う。(42歳/男性/自由業・フリーランス)
  • シアターとするために暗所が確保し易いことと、迫力のある音量でも周囲への影響が余りないと考えられるので。(57歳/男性/公務員)
  • 音が漏れないので思う存分音を高くして視聴できるので活用したい(55歳/男性/会社員)
  • プロジェクター、大迫力スピーカーを設置して、思う存分楽しみたいです。(46歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 他のことに邪魔されずに、集中して映画を見ることができるから。(28歳/男性/無職)
  • 映画館が家の近辺に無く、いつも小さいテレビでDVDを見ているので、ホームシアターで映画が見てみたいからです。(35歳/男性/専業主婦主夫)
  • 家にいながら、映画館のような大音響で鳴らしても、近所からクレームがこないと思うから。(47歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 真っ暗にできますし、音量にも気兼ねなく楽しめますから、シアタールームが最適だと思います。(48歳/男性/会社役員)

【物置】

  • 趣味で骨董品を収集してるのですが、部屋だけでは手狭で置ききれないからです。(42歳/男性/会社員)
  • とりあえず地下室に人を収容する設備はいらないと考えたから。地下室はあくまでも収納の一部。(20歳/男性/学生)
  • 物置というよりは書斎として使いたい。静かに自由な個人図書館みたいな感じになればいいなあと思う。(22歳/男性/学生)
  • ワイン・映画鑑賞・歌唱・演奏・パーティーを一切することがないので。(37歳/男性/無職)
  • 収納が足りません。地下室があれば収納庫になっていくはずです。(32歳/男性/会社員)
  • 自宅内にモノが散乱しているため、地下室を物置として有効活用したい。(23歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 保存するものが目に付くところにおきたくないので、物置として使用します。(36歳/男性/会社員)
  • まあ、無難なところではこれになるでしょう、収納は悩ましいですから。(36歳/男性/会社員)
  • 地下室になるべく普段使わないものを置いておいて自室を広く使いたいから。(25歳/男性/無職)
  • 地震などが来た際の自給自足用の食料品入れが一番使えるかな。天然で寒いから夏でも安心(29歳/男性/無職)
  • 所詮は地下室なので、物置ぐらいにしかならない。ただし、シェルターの役割を持った貯蔵庫にはなる。(36歳/男性/会社員)
  • 地下室は、大抵の家には無いですが、思いつくのは物置です。湿気が多そうで、部屋としては使いにくいです。(71歳/男性/無職)
  • 現在、収納場所が少なく困っています。地下に物置があったら、生活空間が広くなり、快適に過ごせるようになると思います。(65歳/男性/契約派遣社員)
  • 日光が入ってこないので、書籍などを収納するのに使いたいです。日光によって傷んで劣化したりするのを防げて、長く大事に保管できそうですから。(45歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 地上に荷物を置いてもいいけれども、いらないものとかをしまっておきたいから(18歳/男性/学生)
  • 選択肢の中では物置としての使用が一番有用そうだと思ったから。(20歳/男性/学生)
  • 住む地域にもよりますが、自宅に地下室があったとすれば、行くのが面倒なので不要なものをしまっておきます。(41歳/男性/会社員)
  • 出来る限り収納を地下室に収めて他の上の階をすっきりさせて、開放感を出したいからです。(21歳/男性/学生)
  • 現在の部屋のスペースではものをしまうのにスペースが足りず狭いから。ものを把握しやすくなるから。(28歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 物が多いので必然的に物置にはなると思います。ゴミとかも置くようになるかもしれません。(28歳/男性/パートアルバイト)
  • 押入れやクローゼットは思っているよりも収納スペースがなくて、物置があればなといつも購入を検討してるから。(41歳/男性/会社員)
  • 家の中には、あまり使わないものがたくさんあり、特に冬のイルミネーショングッズなどをしまいたいです。(50歳/男性/会社員)
  • 収納スペースがどうしても狭くなってしまうので、もし地下室があったら収納スペースとして活用したいです。(44歳/男性/会社員)

【スタジオ】

  • 音楽が趣味なので、地下室があったら防音効果に期待できるのでスタジオにします。(28歳/男性/自由業・フリーランス)
  • いくらでも音が出せる環境が自宅の地下にあるのは、とても理想ですね。(30歳/男性/パートアルバイト)
  • 地下なので、結構大きな音をだしても、吸音してくれそうだから。(27歳/男性/会社員)
  • 地下室だったら騒音による迷惑をかけにくくなるからです。隠れた場所として好きな人たちとだけで楽しめるからです。(21歳/男性/学生)
  • 音楽が趣味なので、大音量を出しても大丈夫な部屋にしたいです。(54歳/男性/会社員)
  • 自分のバンドの練習場に使います。簡単な防音壁を作り大声でビートルズの曲を熱唱します。(68歳/男性/無職)
  • 音楽が好きでバンドをしたいので練習が周りを気にせずできたらいいなと思ったため(19歳/男性/学生)
  • 地下室を音楽スタジオにして、機材を入れて大音量で楽器を演奏したい(33歳/男性/会社員)
  • スタジオというか、集中してデスクワークをするための書斎にしたい。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 一つ目に、バンドを組んでいるので、専用の練習場所にしたい。二つ目に、外部に音が漏れにくいから。(20歳/男性/学生)
  • 趣味でギターを弾いているので、いつでも気兼ねなく大きな音でかき鳴らしたいので。(51歳/男性/学生)
  • 自分がギターが趣味なので、スタジオが出来たら友達を呼んでバンドの練習をしたいので。(31歳/男性/会社員)
  • 音楽が好きなので、好きに演奏できるスタジオを持つのが夢です。(30歳/男性/会社員)
  • スタジオという程ではないですが、カラオケで歌いこみたいですねえ。(36歳/男性/会社員)
  • スタジオですがジム的なスタジオです運動部屋にしたい、毎日エクササイズしたい(43歳/男性/会社員)
  • 防音装置を施して気兼ねなく大きな音を楽しみたい。都会のオアシスにしたいです。(48歳/男性/自由業・フリーランス)
  • スタジオというかカラオケルームにして友達を呼んでみんなで楽しみたいです。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 楽器は出来ませんがギターやキーボードの演奏にはあこがれていました。スタジオというか楽器演奏の練習部屋として贅沢に使いたいです。(46歳/男性/契約派遣社員)
  • 楽器演奏を趣味でやっているので地下室があったら防音完備のスタジオを作りたいと思います。(31歳/男性/自由業・フリーランス)
  • やはり防音を完璧にして、夜中でも大音量で鳴らせるスタジオが良いでしょう。シアターとして映画も大音量で楽しみたいですね。(51歳/男性/会社員)
  • 遮音性が高そうなので楽器を思いっきり演奏できる場所にしたい。(20歳/男性/学生)
  • 心置きなく大きな音を出せる空間はなかなか無いので、地下室があれば、防音対策をしたうえで、スタジオとして使用したいです。(51歳/男性/会社員)
  • シアタールームと迷いましたが、スタジオにしました。音を気にしないでいいのであれば、スタジオが1つ持てたらいろんな活用が出来そうですし、自分の得意分野と専門分野も生かすことが出来るので。(41歳/男性/自由業・フリーランス)

【パーティールーム】

  • 地下室なら多少騒いでうるさくなったとしても、地上に聞こえるようなことはなかなかないと思うから。(21歳/男性/学生)
  • パーティールームとは名ばかりの麻雀部屋を作って電動卓を置き、仲間とワイワイ楽しみたいです。(55歳/男性/公務員)
  • 地下室なら、多少のドンチャン騒ぎをしても近所迷惑にならないだろうと思うから。(39歳/男性/会社員)
  • パーティールームというか、パーティーもできるビリヤードルームにしたいです。(43歳/男性/会社員)
  • 防音処理などをきちんとしたうえで、騒いでも迷惑にならないスペースにしたい。(34歳/男性/その他専門職)
  • いろんな友人を招いて、周りのことも気にせずに騒いだりしたいです。(30歳/男性/契約派遣社員)
  • 外では見せることができないようなパーティを行うには音も響かない地下は、とても最適だから。(35歳/男性/会社員)
  • 大騒ぎしても音漏れが少なくすむので、気兼ねなくパーティーができるから。(28歳/男性/会社員)
  • パーティールームであれば、パーティーもできるし、スペースを活用してほかのことにも流用できるため。(31歳/男性/会社員)
  • もちろん地下でも防音にして、友達を呼びパーティやカラオケ大会など出来るため。また防音もし地下ならいくら騒いでも近所に迷惑をかけずに済む。(51歳/男性/自由業・フリーランス)
    いい家選ぶ、いえらぶ
    ▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

    いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

    よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

    いい家を選んでみませんか?

    「いい家」を探す

    この記事のタイトルとURLをコピーする
    • faebook
    • ツイッター

    記事一覧へ戻る

    Related article関連記事

    New article 新着記事