借りる

これで安心?失敗しない賃貸物件選びの方法とは?

賃貸

ハイライト

  • 賃貸物件選びに失敗しないように失敗談や回避法を聞いてみた。
  • 約7割の人が失敗した経験があり、日当たりや騒音問題が多かった。
  • 徹底したリサーチと近所との関係を良好に保つことがポイントのようだ。
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

賃貸

賃貸物件に住むなら、後になってからこんな所に引っ越さなければよかったと思ってしまうような失敗は誰もしたくないものですよね。しかし、深く考えないで物件を選んでしてしまうと、後悔してしまう事態になりかねません。

では、具体的にどんな失敗のリスクがあり、どれだけの方が失敗した経験があるものなのでしょうか。それをはっきりとさせるためにも、賃貸物件で失敗経験はあるか否かのアンケートを取り、失敗したことがある方には、失敗談やそのような状況をなぜ招いたのか、失敗したことがない方については、その理由や回避テクニックについて教えてもらいました。

賃貸物件に住んで、失敗したことはありますか?

賃貸物件に住んで、失敗したことはありますか?
・ある:68%
・ない:32%

【失敗経験者が7割!騒音や日当たりの問題が多い?】
なんと、賃貸物件で失敗したことのある方が約7割という結果になり、騒音トラブルや日当たりの悪さでの失敗談が主なようです。他にも、駅から遠くにしたら不便だった、ロフトつきにしたけど殆ど使わなかったなど、さまざまな失敗談がありました。

「家賃の安さで決めてしまった物件で、壁が薄くて騒音のトラブルに巻き込まれ1年で引っ越しした事があります。」
「夜の時間に部屋を内覧して選んで住み始めたら、昼間は西日がひどく、夏は日差しと暑さでまいりました。一番部屋で過ごす時間帯に合わせて、部屋を内覧すべきでした。」
「日当たりが悪すぎて、押入れがカビだらけでした。何気に日当たりは大事です。」

騒音トラブルに関しては、壁の薄さが原因となっていることが多く、内覧の時に壁の薄さまでチェックしなかった可能性があることが伺えます。実際に住み始めてみないことには失敗だと思えてしまうような点がわからないこともありますが、壁の薄さや日当たりなどは事前の確認を怠らないようにすれば、十分に回避できると言えるでしょう。

夜に内覧をして失敗したという意見もあるので、内覧の時間帯を考えることでもいくつかの失敗を回避できるのかもしれません。


【対応策はさまざま!失敗しないための物件選びテクニック】
失敗したことがない方の回答の中では、物件についてよく調べてから住むようにしているという回答が最も多くなっていました。他にも、近所付き合いを上手くする、悪い部分は気にしないように努めることなど、さまざまな対応策があるようです。

「最初に見学会に参加して、納得してから賃貸物件をかりるので失敗ないです。」
「周辺の環境を把握し、間取りや生活経路をよく見る事。たくさんの物件をみてよく考える事。」
「近所付き合いを上手にすること、また、であったときは挨拶をきちんとすること」
「どんな物件にも良い部分があるので、その部分を見つけて悪い部分をカバーすることがコツになります。」

失敗したことがない方は3割程度と少ないですが、それぞれが自分なりの物件の探し方や決め方、過ごし方などに関してのこだわりがあることが伺えます。探し方については内覧に参加し、周辺環境や生活経路など、細かな所まで徹底したリサーチを行い、それから吟味するようにしているから、後悔のない物件に決めることができているようです。

すべてにおいて何の不満もないような物件はあるほうが珍しいものですから、悪い部分に目をつむれるだけの心の余裕もあったほうが、より快適に過ごすことができるのかもしれません。


【徹底したリサーチと住み始めた後の対応がカギ!】
賃貸物件選びで何らかの失敗をしたことがある方は全体の7割、そして十分な下調べを行い、後悔したことがない方は3割と、失敗談のある方のほうが多いことがわかりました。失敗談の中でも、騒音や日当たりの問題に悩まされたことがあるという意見が多くなっていましたが、リサーチ力があれば回避できるものだということもはっきりしましたね。

賃貸物件に住んで後悔する結果を招かないようにするために大切なのは、徹底したリサーチと、近隣住民との関係を良好に保つこと、そして不満に感じてしまいそうな物件のデメリットにも目をつむる余裕があるといいと言えるでしょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年11月20日~11月25日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【ある】

  • となりの壁が薄く防音でなかったので部屋で騒いだりできなかったです。(28歳/男性/パートアルバイト)
  • 壁が薄いのか、隣や下階の人のちょっとした生活音や話し声がよく聞こえ、気になるうえに、自分の生活音なども聞こえているのかと思うと落ち着かなかった。(34歳/男性/会社員)
  • 親戚に物件選びを任せたら、壁が薄く、学生の溜まり場になっているようなアパートに住む羽目になってしまった。(40歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 失敗というかきちんと物件の視察をしないで料金で決めてしまい、一日のうち西日しか当たらず、家の中が非常に暗く、寒かった経験があります。(41歳/男性/会社員)
  • 賃貸物件に住んで、失敗したことは、虫が発生しやすいことです。(37歳/男性/無職)
  • 安すぎる物件を借りてしまい、物音がすごく響いて、下の住人が文句を言ってきたこと。(32歳/男性/会社員)
  • その部屋に住んで、金縛りにあったり、夜に変なものを見たりしたので。(43歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 隣との壁が物凄く薄くて、隣の人の会話などが筒抜けになる事です。やはり、そんな状態だとどうしてもいらない神経を使ってしまいます。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 子供がいるため、鉄筋で多少ドンドンしても、周囲に響かないようにと選んだが、いざ住んでみると、前に住んでた賃貸マンションより響いたこと。(35歳/男性/会社員)
  • 角部屋は、夏暑く、冬寒いです。また24時間換気で通気性を良くしているので、窓が少ないです。キッチン周りに小窓が欲しかったです(臭いがこもるので)。(42歳/男性/その他専門職)
  • 過去に角部屋の1階に住んでいたのですが、通りから奥まったところの物件であったため、空き巣被害に遭いました。それ以来、防犯を賃貸選びのポイントに挙げ、オートロック・防犯カメラを設置しているところ、2階以上を選んでいます。(49歳/男性/契約派遣社員)
  • あまり良く内覧せず決めてしまい、壁がもの凄く薄い物件で夜隣人の物音が酷く結局程なく再度引っ越ししました。(50歳/男性/会社員)
  • 長年住んでいて、いつの間にか家賃相場が下がっているにも関わらず、高い家賃を払い続けていた事があります。年に一回の更新時には、毎回家賃交渉が必要です。(48歳/男性/会社員)
  • 平屋建ての長屋に住んだ時に、隣の住人の騒音が酷くて悩まされました。又、近所にお節介な年寄りが居て、何かとプライバシーに立ち入ってこられ、迷惑しました。(65歳/男性/会社役員)
  • 広さ、家賃、オートロック、トイレ・バス別などの条件は良かったのですが、東向きのためお昼を過ぎると若干部屋が暗くなってしまった。(33歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 水回りで失敗しました築30年の集合住宅でしたが,5階建ての3階だったのですが,上階の配管から水漏れで和室の天井,床がびちょびちょになり,その部屋は使えませんでした。結局,半年で退去しました。(55歳/男性/会社員)
  • 水道から赤水(さび)が出て困った。飲み水だけは大家と交渉してフィルタを付けてもらったけど、風呂はダメ。結局半年住まなかったな。(47歳/男性/専業主婦主夫)
  • 初めてアパートに住んだときは、簡単に決めてしまった気がする。もっと良くて安いところもあったのに。じっくり選べばよかった。(44歳/男性/会社員)
  • 公団住宅に住んでいたとき、帰宅してみると家の中で水が天井からもれていました。家財道具がぬれて困ったことがありました。上の階の方が浴槽の水を漏らしてしまい、大変な目にあったことがありました。(71歳/男性/無職)
  • 夏の暑い日に上の階に住む住人がお風呂場で子供に水遊びをさせていたら、私達の階にまで水漏れでとても大変な思いをした(31歳/男性/パートアルバイト)
  • 壁が薄く隣のドアの開く音や声などが聞こえて睡眠の妨げになるから。(22歳/男性/無職)
  • よく確認したつもりが、床がふわふわしている箇所があったり、夜には不気味な雰囲気になったりと嫌なことばかりでした。(27歳/男性/パートアルバイト)
  • 敷金と礼金を払い毎月家賃として天引きされ、壁の汚れや柱の傷をつけないようにして暮らすのは窮屈だと感じる。(35歳/男性/会社員)
  • 独身のころ下階がコンビニのマンションを選んだのですが、夜、若者がたむろして煩くてたまりませんでした。(55歳/男性/公務員)
  • 一人で住むか、二人で住むかで部屋の大きさを考えた方がよい。収納が少ない。(41歳/男性/会社員)
  • 初めてアパートを借りたとき、不動産屋さんの勧められるまま他のところを検討しないで契約してしまったが、他の不動産屋でもっと条件の良いところがあった。(51歳/男性/会社員)
  • 隣の住人がサッカーの試合があるたびにどんちゃん騒ぎをするので困りました。(35歳/男性/会社員)
  • 若いころは金が無くて相応のアパートに暮らしてましたが、やはり周りの住人も同じ回想の人たちで「貧すれば貪す」ではないですが、みなさんモラルが薄かった。(57歳/男性/会社員)
  • 近所におかしな人が住んでいて怖かった。下見の時にはわからなかった。(38歳/男性/会社員)
  • 日当たりが悪すぎて、押入れがカビだらけでした。何気に日当たりは大事です。(30歳/男性/パートアルバイト)
  • 不動産屋がきちんと情報を伝えていないことが原因で、洗濯用の排水溝から異臭がする部屋を紹介された。(32歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 下見をせずに家を決めたら、バイクが止められず、部屋もめちゃくちゃ狭かったため、すぐに引っ越した。(31歳/男性/会社員)
  • 思いっきりバブル期に建てられたであろう、大家さんの自宅とつながっているタイプのアパートに住んだとき、壁の断熱材なども入っておらず、夏暑く、冬寒いという最悪なことがありました。(40歳/男性/会社員)
  • ロフトつきの部屋に住んでみたくて、一度ロフトつきの物件を借りたことがあります。結局、夏は暑いしいちいち上へ上るのも面倒なので、ロフトはほとんど遣うことがなく荷物置き場にしていました。(45歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 家賃が安かったので内見せずに選んで住んで見たら壁が薄くて隣の会話や足音が丸聞こえでしかもその当時水商売だったので寝る時間にバタバタとされて全然寝れない日が多かった(40歳/男性/無職)
  • 警察署がほど近いので、治安がいいと思ったが意外にそうでもない。変な輩が多すぎる。そしてサイレンうるさい。(32歳/男性/会社員)
  • 近隣が夜中までうるさい住人でした。日々暮らす家はあせらず、情報をきちんと考慮して決めることにその後はしています。(37歳/男性/会社員)
  • 湿気がすごく、窓際等カビだらけだった。生活するうえで日あたりは非常に重要で近くに高い建物はないかなど事前に調べておくべき。(46歳/男性/公務員)
  • 月額料金が安いので借りていたアパートが壁が薄かったので隣がうるさくて困りました。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 夜の時間に部屋を内覧して選んで住み始めたら、昼間は西日がひどく、夏は日差しと暑さでまいりました。一番部屋で過ごす時間帯に合わせて、部屋を内覧すべきでした。(42歳/男性/会社員)
  • 家賃の安さで決めてしまった物件で、壁が薄くて騒音のトラブルに巻き込まれ1年で引っ越しした事があります。(42歳/男性/会社員)
  • 大家さんが近所に住む物件で、勝手に部屋の鍵をあけて、水道のパッキンの修理をする大家さんがいて、貴重品を家において置けないと思いました。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 電車の騒音がうるさいと思って、駅から遠いところに住んだときは不便だった。また、隣に大家の親が住んでいたが監視されていた。(37歳/男性/会社員)
  • 隣人問題。テレビの音がうるさいとか洗濯機夜中に回すとかささいなことではあるがしんどかった。(30歳/男性/無職)
  • 昔住んでいたアパートの上の階の住人がとてもうるさかったです。足音が最悪でした。(22歳/男性/学生)
  • 敷金、礼金なし生活用品備えつけということで入居しましたが、備え付けの洗濯機で脱水ができませんでした。新たに洗濯機を置くスペースもないので苦労しました。(32歳/男性/会社員)
  • 給湯器がついていると聞いていたのについていなかった。また、生活してみると周辺で虫が発生して部屋のなかにはいってきたことがある。(32歳/男性/医師)
  • 隣人がうるさく、注意しても聞いてくれるような人ではなかった。(40歳/男性/会社員)
  • 家賃が安いと思って飛びついたところ、隙間風が入ってきたりする部屋だったことです。(33歳/男性/会社員)
  • 隣に住んでいたホストか何かをしているらしき男性が、夜な夜な大騒ぎをして非常に迷惑を受けた。(39歳/男性/会社員)
  • 賃貸物件には1度しか住んでいないが、退去のとき言われるがまま敷金全額を修復費として認めてしまったが、あとで交渉の余地があったことを知った。(62歳/男性/無職)
  • 押入れの壁紙をめくると一面カビの海だったことがあります。風通しや、壁自体の厚み(構造)、断熱効果がありそうな建て方か、などのチェックが大切です。(51歳/男性/会社員)
  • 人間的には良い所に住みましたが シロアリが発生して大変な事がありました 慣れると生活の一部になりますが(50歳/男性/会社員)
  • 家の建て替え時に住んでいた賃貸の団地は古いせいか、いろいろ設備面でのトラブルが多く、最初から直してもらわないといけないことが多く大変でした。大家さんと管理会社の信用が今1つ良くなかったというのもありますが、ここしか物件は選べず我慢せざるを得ませんでした。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 隣人は選べないので大変です。上の階の住人のセックスの声が絶叫系なので週末などはとてもブルーです。(45歳/男性/会社員)
  • 学生時代に、初めて住んだ物件が非常に壁が薄く、常に気を使う必要がありましたし、隣の音も気になりました。失敗しないコツは、住人が帰宅しているであろう夜間も内見をする事です。(39歳/男性/無職)
  • 備え付けのエアコンの暖房がガス式だった事を入居後に知りました。おまけにガスはプロパンなのでガス代も高い。冬にガスコンロ、お風呂に加えて備え付けエアコンのガス暖房を使うとガス代がとんでもない事に…。結局電気ストーブを新たに購入し余計な出費がかさんでしまいました。(30歳/男性/無職)
  • かなり背伸びをして良い部屋に決めてしまったが賃料が高すぎて生活が苦しくなった。身の丈を知る事は大切だ。(26歳/男性/会社員)
  • 家賃を重視してユニットバスの部屋にしたら冬に寒すぎて風呂に入れなかった。(21歳/男性/学生)
  • 現在住んでいる賃貸物件に内見して、その際は大丈夫だと思い契約したのだが、キッチンにコンロがおいてなく、実際おいてみると料理用スペースがほとんどなかった。(26歳/男性/会社員)
  • 壁が薄いのだと思いますが、隣の部屋の人のいびきが聞こえてきます。いくら事前に調査しても、こればかりは住んでみないと分かりません。(52歳/男性/公務員)
  • 彼女との同棲の時で、相手に物件選びを任せましたが大失敗でした。1DKのユニットバスでとても狭く、おまけにベランダは前の建物が邪魔をしてほとんど日が当たらなくて最悪でした。(28歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 両隣からはいびき、上はうるさい。かびがはえまくり、最悪でした。(48歳/男性/無職)
  • 収納が非常に少なく、キッチンも狭かった。備え付けの冷蔵庫が小さかった。(39歳/男性/会社員)
  • 実際に住むまでは隣の住人のことはわからないので、お隣さんとトラブルになったことがあります。(43歳/男性/会社員)
  • 気になる物件は1度見るだけでなく日中に中を見て、夜にも物件を見に行く。下の階の部屋がカラオケスナックになっていてうるさくなる事が昼では分からなかった。(46歳/男性/会社員)
  • 壁が薄くて隣の物音が聞こえたり、変な人が居たりして困ったこともあります(41歳/男性/会社員)
  • 隣りがすごい騒音を出す住居でしたが、かなり怖そうな人だったので文句も言えませんでした。賃貸は壁が薄い部屋が多いです。(36歳/男性/会社員)

【ない】

  • 私が済んだ物件は本当に良い物件でした。角部屋で独立しており騒音も気にならない。首都圏であり駅から徒歩一分で8畳で家賃49000円。海まで歩いて10分。(36歳/男性/会社員)
  • 引越をする前に、ありとあらゆることをシュミレーションしておくことだと思います。(48歳/男性/会社役員)
  • まず、一階に住む。これなら足音を気にしたり、遠慮する必要がない。あとできれば角部屋がよい。挟まれるとセックスの喘ぎ声とか気になる時もある。(55歳/男性/契約派遣社員)
  • 物件探しする場合には、自分の譲れない条件を十分にまとめておくこと(64歳/男性/無職)
  • まだ独り暮らしをしたことがないので、賃貸物件に住んだことがないので失敗とかもしたことがない(18歳/男性/学生)
  • 一回しか選んだことないですが、とにかくインターネットや口コミで下調べをしまくりました!(25歳/男性/会社員)
  • アパートやマンション等に住む場合は隣近所とトラブルを抱えない事が一番重要だと思います。(26歳/男性/会社員)
  • 賃貸物件なんてこんなものと半ばあきらめていちいち目くじら立てないような気持ちを持つことです。(31歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 住む前に絶対に内覧会をする事と水の出具合など細かい所もチェックする。(30歳/男性/無職)
  • その物件だけではなく、周辺の環境もいろいろ見て調べることだと思います。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • じっくり観察して、人から話もよく聴くことが大切でしょうね。これが1番です。(31歳/男性/会社員)
  • 実際に物件(その住戸内の間取りだけでなく、集合住宅ならその集合住宅全体の管理状況や、周辺地域の治安状況など)をよく見たり聞いたりして調べてから借りるかどうかを決めるのが、失敗しないコツです。(44歳/男性/会社員)
  • 下見にいったりして、不動屋さんとしっかり話して決めた方がいい。(20歳/男性/学生)
  • 近所付き合いを上手にすること、また、であったときは挨拶をきちんとすること(45歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 最初に見学会に参加して、納得してから賃貸物件をかりるので失敗ないです。(36歳/男性/会社員)
  • 失敗したことの具体例が分かりませんが、小さな事は気にしない事でしょうか。また、貸してくれる方の人柄にもよるのかもしれません。(38歳/男性/会社員)
  • 特にはないですね。とにかくいろんな物件を探して、なるべく近隣との騒音トラブルになりにくい角部屋の最上階に住むことをおすすめします。(40歳/男性/無職)
  • 周辺の環境を把握し、間取りや生活経路をよく見る事。たくさんの物件をみてよく考える事。(39歳/男性/パートアルバイト)
  • どんなものでも丁寧に使えば管理人も自分自身もイライラせずに済むし、いい関係になれる、(23歳/男性/学生)
  • 共同場所の利用について昼と夜に下見に行って、周辺住民の様子をちゃんと観察すること。(34歳/男性/その他専門職)
  • 物件を数多く見せてもらうこと。実際に現地に足を運んでみて細部まで細かくチェックすれば、大きく失敗することはないと思う。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 自分の家を親族から受け継ぐなど信頼できる物件を選ぶ、親族の物件を参考に選ぶ(28歳/男性/無職)
  • 賃貸なんてお金の無駄遣いです。親に借金して、ローンも組んで、まずはワンルームマンションから持ち家でしょう。(62歳/男性/無職)
  • 複数の物件をよく見て、その中から、よく考えて納得のいく物件を選ぶこと。不動産は縁や相性もあるので、自分が感じるインプレッションを大切にすること。(44歳/男性/会社員)
  • 自分が住みたいと思う賃貸物件を納得がいくまで調べてからでないと失敗などするもんです。念入りに調べてから借りるようにしましょう。(20歳/男性/パートアルバイト)
  • 何箇所かの候補を決めておいて全て見て回って、家賃と部屋の状態と周辺の交通事情と、あとコンビニの有無やスーパーの有無なんかの全てに関して気をつけておくべきだと思います。学生なら別ですが、職場に近いをあまり優先しすぎると通勤に便利なだけな住まいになってしまうのでそこが一番注意しないといけないと思います。(20歳/男性/学生)
  • どんな物件にも良い部分があるので、その部分を見つけて悪い部分をカバーすることがコツになります。(35歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 今のところ、信用できる人からしか借りていないから問題なし。見学しても見ていない時間帯に何かが起こっていることがあるから注意。(38歳/男性/会社員)
  • 住めば都というので、あまりこだわりを持たずに探してみると、何かあったときでも後悔が少ないかも。(30歳/男性/会社員)
  • たくさんの物件をじかにみる事かな。あとこまかい部分も担当者に確認をして納得できるまで、せかされても契約しないこと!(35歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 済んだことはありませんが住んでみたいとは、とても思いますし色々と見てみたいです。(30歳/男性/無職)
  • わずか2年間でしかも、夫婦二人の生活の為、問題は発生しませんでした。普通に生活すれば問題は起こりません。(68歳/男性/無職)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事