引越し

こだわりの一品、どこに注力しますか?

引越し

ハイライト

  • 家財道具で何に一番お金をかけるのかアンケートをとってみた。
  • 6割の人がベッドと答え、使用時間が長いのでお金をかけてもいいとの意見が多かった。
  • 自分に合うものを家具選びの際には選び、購入することが大切だ。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

引越し

素敵な家具や家財道具はたくさんあるに越したことはないですが、お金は限られているので集中して使うことでこだわりのものをグレードアップさせるといったやり方もあります。とりわけ生活に根差したり、美しいインテリアとなるものは一点豪華主義にふさわしいものです。

何に一番お金をかけるのかアンケートで聞いてみました。

ケチらずにいいものを使いたい!一番お金をかけたい家具とは?

ケチらずにいいものを使いたい!一番お金をかけたい家具とは?
・ベッド:66%
・ソファー:20%
・タンス:2%
・机:12%

【人生の3割以上を過ごす場所を整えよう】
6割の人がベッドという回答でした。

「生活の中で、一番長い時間を費やす道具であり、少しでも快適に過ごせるほうがいい場所だと思うから。」
「睡眠は人間にとって一番欠かせないことだと思うのでベットは真剣に考えて購入したいです。」
「不眠症なので、ぐっすりと睡眠がとれて、体や頭の疲れがしっかりと眠れることでとれるならば、いくらお金をかけても安い買物だと思ったためです。」

睡眠を快適にすることは健康を維持するためにとても役立ちます。ベッドにお金をかけるのは、その睡眠の質を大きく向上させることにもつながります。疲れを取ることができるようにすることで、起床時のパフォーマンスも快適なものになりますし、実質的に使用する時間はダントツで長いものになるので経済的にもかなりお得であるという結果でした。


【頻度の高いものほどお金をかけるべき】
2位からはソファー、机と続いています。

「友人が来た時にリビングにあるソファーには必ず触れるため、そこについてはお金をかけてもいいと思うため。」
「ベットもそうですが、今の一番くつろぐ場所になるソファーにはこだわりたいものが有ります。」
「ソファーは毎日くつろぐ場所であり,お客さんが来たときには一番目立つ家具なので,お金をかけておきたいです。」
「机の上で集中して作業をすることが多いので、良いモノを使いたい。」

くつろぐ場所であると同時に応接セットでもあるソファーは、来客に対応するためにもお金をかけて損はないと考えられているようです。テレビや軽食といった目的でも活用されることから、起きている間はそこで過ごすという場合も多く、やはり時間当たりのコストパフォーマンスに優れているという事が言えるようです。机も仕事や趣味など集中した作業をしたい時に使うので、快適性を得られるようにしておくことで効率を上げ、仕事をやりやすくしたり趣味に没頭しやすくなるということです。


【一生ものこそしっかりとお金をかけて】
大型の家具ほど生活に密接した役割を持つことが多く、また部材の耐久性からも一生ものとなることが多いと考えられているようです。多くの時間を過ごしたり、様々な目的に使うといった事を考えるとそこでお金をしっかりとかけて安心できるものにしておくことは生活の質を上げるために役立つといえます。

体格や性質に合わせておけば、ストレスなども少なくなりますし疲労感もなく過ごしやすいという事は家具選びの際に念頭に置いておくべきですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年10月20日~10月24日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【ベッド】

  • あまりお金はかけたくないが、選択肢の中ではベッドの寝心地がいいものがほしいです。(52歳/男性/会社員)
  • 生活の中で、一番長い時間を費やす道具であり、少しでも快適に過ごせるほうがいい場所だと思うから。(39歳/男性/会社員)
  •  自分が寝る場所で豪華なベッドとかはなかなか好きですね。ほかはあんまりお金かけなくてもいいかなあと思えるものばかりです。(37歳/男性/その他専門職)
  • ベッドで夜寝てる時が家の中にいる時間の内、一番多い時間を過ごしますし、良いベッドで良い眠りにつければ、健康にもよいから。(36歳/男性/会社員)
  • 睡眠は生活の基本なので、上記のうちで一番お金をかけるならベッドです。(43歳/男性/会社員)
  • 睡眠をよくとれないと次の日に差し支えるから、ベットにお金をかけたい(18歳/男性/学生)
  • 寝ることは、明日への活力を充電することだと思う。よい生活を送るために寝る環境を整えることが大事だと考えるためです。(44歳/男性/会社員)
  • 人生の大部分を占める睡眠を快適に過ごしたいのでベッドにはお金をかけたいです。(31歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 睡眠が一番大事。疲れを取るのはやはり睡眠であり、そもそも人の3分の1は寝ているのだから睡眠に力を入れるのは当然(28歳/男性/無職)
  • 毎日疲れを癒すために利用するものだから、明日のテンションをよくするためにも良いものを使いたいから。(35歳/男性/会社員)
  • 夜の休息の質をいかに良いものにできるかが翌日の仕事など全ての活動に関わるので。(37歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 家にいる間で一番長くいる場所で、疲れをとる必要がある場所なので。(42歳/男性/会社員)
  • 選択肢の中で、一番長い時間接するものなので、やはり重視します。(45歳/男性/会社役員)
  • 睡眠は人生の3分の1ぐらいの時間を過ごすのでいいベットの上で眠りたいので選びました。(33歳/男性/会社員)
  • 毎日一定時間は必ず使うものなので、質がいいと生活の質も向上するので。(34歳/男性/その他専門職)
  • 睡眠は人間にとって一番欠かせないことだと思うのでベットは真剣に考えて購入したいです。(28歳/男性/パートアルバイト)
  • 寝る事はとても大切な事なので、この中ならベットにお金をかけたいです。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 今は畳で布団なので寝心地のいいベッドがあればリラックスできそうだからです。(35歳/男性/専業主婦主夫)
  • 睡眠の質は生活の質。健康のためにも、良い睡眠をとることが必要。他の物は多少の何は我慢できる。(36歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 健康には気をつかいたいです。そしてリラックスして熟睡できるベッドが欲しいです。体に関係するところはしっかりお金をかけたいです。(46歳/男性/会社役員)
  • 一番長くいる場所であり、この居心地が悪いと一日中気分が悪くなるので、ここに一番お金を掛けたいと思います。(65歳/男性/契約派遣社員)
  • 睡眠は必ず毎日一回行う行為なので、これを疎かにしたら健康な生活ができないと思ったから。(25歳/男性/学生)
  • 毎日使うもので実際大きめのものをかったら体が楽になった経験があるためです。(32歳/男性/会社員)
  • 人生において睡眠の時間はかなりの割合を占める重要なものです。しっかりとしたベッドを選び、質の良い睡眠をしたいです。(27歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 疲れをとるのに欠かせない睡眠を与えてくれるのがbed.ヘルニア持ちなので、柔らかすぎは逆効果っだったり、堅すぎれば疲れが取れなかったり、自分に合ったものが欲しいから。(51歳/男性/会社員)
  • 自分が一番長くいる場所に一番いいものを使いたい。寝具がいいものだと体調もよくなって日々充実して生活できそう。(32歳/男性/無職)
  • 不眠症なので、ぐっすりと睡眠がとれて、体や頭の疲れがしっかりと眠れることでとれるならば、いくらお金をかけても安い買物だと思ったためです。(42歳/男性/会社員)
  • この中ならばベッドですね。安眠ができるものでなければいくら安くてもだめなものですから。他のものは安いもので十分です。(40歳/男性/無職)
  • 一度購入すると、よほどのことがない限りは長い期間使用し、しかも毎日必ず使用するものなので(46歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 普通に生活している人として考えた場合、一日の中で一番長い時間使用するのが寝具だと思うため。(45歳/男性/会社員)
  • ベッドは、休息の為には必須な家具なので、けちって安いのを使っても体の疲れも癒せないし、逆に疲れてしまう。疲れていると、仕事のペースも悪くなるので、ちゃんとやすみたい(22歳/男性/学生)
  • 安眠がとても大事だと思うから。また、安いのだと体が痛くなったりするから。(21歳/男性/学生)
  • ふわふわの寝心地のよいベッドで毎日寝られると,幸せになれると思うから。(25歳/男性/学生)
  • 睡眠は大事なので、やはり寝心地がいいのを選びたいです。枕も同様に選びたい(30歳/男性/無職)
  • 疲れをいやすためにはいい眠りがいいと思うので熟睡できるようなベッドが欲しい。(30歳/男性/無職)
  • 最も長く時間を共にするのはベッド良い睡眠を取るためならお金はいくらかかってもいいです(38歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 人生の4分の1程度を占める睡眠は、質を高める必要があると考えます。そのためお金は二の次で考えています。(50歳/男性/会社員)
  • 一日の終わりに身体を休める大事なスペースなので、寝たら逆に身体が痛くなったり、疲れが取れないものは嫌ですし、ベッドは満足のいくものを使いたいです。(28歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ベッドによってよく眠れるものとそうでないものがあるのでよく眠れないと疲れがたまるから。(30歳/男性/その他専門職)
  • 家にいる間で一番長い時間を過ごすのはベッドだからです。快眠することで一日の活力にもなります。(30歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 毎日使用するものであり、仮に安物で壊れた際に動かすのが面倒だから。(37歳/男性/無職)
  • 毎日寝る場所ですから、やっぱりいい寝心地でいることは良い人生を過ごす事に比例します。(32歳/男性/会社員)
  • 家具の中で一番気を使うべきものは、ベッドだと思います。拘りを持って選ぶべきだし、それに掛かる費用をケチらずに用意すべきです。安眠は人生最大の課題ですから。(60歳/男性/無職)
  • 良い睡眠は良いベットから。睡眠場所は人生の1/3を過ごす場所なので。(36歳/男性/会社員)
  • 毎日使うものですからね。ほかのものは別に毎日使わなくてもいいものなので。(25歳/男性/会社員)
  • 睡眠をとることによって、体の疲れや心の疲れもとることができるため、ベッドにお金をかけることが、健康の上でもよいことだと思う。(30歳/男性/会社員)
  • なぜならベッドは寝るために使うものであり、睡眠の質を上げるためにもいいベッドを使った方が良いからだと思います(19歳/男性/学生)
  • 毎日、使うものですし、次の日の調子にも影響するので、ベッドです。(30歳/男性/パートアルバイト)
  • マットの善し悪しで眠りが全く違ってくる。ベッド下の収納など、買ってからの生活に大きな影響をもたらす家具です。(53歳/男性/公務員)
  • 人生の3分の1は睡眠だと考えると,ぐっすり眠れ,疲れを取ってくれるベッドにお金を掛けたいですね。(55歳/男性/会社員)
  • 睡眠はなによりも大切だから。快適な睡眠がないと健康を害することになり生活のすべてに影響を起こすことになると思うから。(56歳/男性/会社員)
  • 気持ちよく安眠したいので、いいベッドを使いたいから。それにふかふかだと気持ちがいいからです。(50歳/男性/契約派遣社員)
  • 寝るという行為は、代替が効かない大切なものだと思っています。(22歳/男性/学生)
  • ベットが良いものだと睡眠が快適になり、睡眠不足、寝違えなどの健康に害するものが軽減される。なので、以上の選択肢の中ではベットに一番お金をかけたいと思いました。(23歳/男性/学生)
  • 人生の三分の一は寝ているわけですからベッドはいいものを使いたい、買いたい。(36歳/男性/会社員)
  • 8時間睡眠としたら1日の3分の1、6時間睡眠としても4分の1の時間を睡眠に費やしているから。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 睡眠はやっぱり大事なので、ぐっすり寝れる良いベッドにはお金をかけても良いと思います。(39歳/男性/会社員)
  • 人間の生活の上で、1日の3分の1の時間は寝ているので、その寝床となるベッドにはお金をかけてもいいと思います。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 睡眠の質は大事です。よい睡眠をとることが、よい日常生活をおくるために必須だと思っていますので、ベッドにはお金をかけたいです。(48歳/男性/無職)
  • 身体にあわないベッドを使っていると日常生活に支障が出ると思います。(35歳/男性/会社員)
  • 一番長く使う物なので多少値が高くても頑丈で寝心地が良いベッドを買いたいです。(40歳/男性/無職)
  • 睡眠は健康の源です。30歳前半の時腰痛になり10年程悩みましたが、ある医師のアドバイスで今のベットにしたところ腰の痛みがなくなり快適です。少々高額でしたが健康には替えられませんでした。(74歳/男性/無職)
  • 一番ゆっくり出来るところにお金を費やしたので、ベッドにお金を使いたいです。(36歳/男性/会社員)
  • 眠りは人生の1/4~1/3を占めているほどの重要なものです。それぐらいベッドに人生の時間を費やしているので、良いものがいい。(37歳/男性/会社員)
  • やはりせっかくお金をかけるなら、良い睡眠がとれそうなベッドですね。毎日の疲れが癒やされれば、仕事もプライベートもより充実しそうです。いつか高品質なベッドを買ってみたいです。(31歳/男性/会社員)
  • 実際に自宅でも一番お金をかけたのはベッドです。睡眠の質は非常に大切なのと人生の内で睡眠に要する時間が一番長いとなると、ソファーやタンスなどよりベッドなのかと。(44歳/男性/会社員)

【ソファー】

  • ゆったりとくつろげるソファーでのんびりテレビを見たいと思うので。くつろぎの時間が大切です。(26歳/男性/会社員)
  • ゆったりと過ごす為の場所になることは間違いないですし、早々買い替えるものでもないので、座り心地の良いものが欲しいです。(40歳/男性/会社員)
  • くつろぐ時間を大切にしたいので、ソファーは上質なものが良いです。(37歳/男性/会社員)
  • 家に帰ってゆったりくつろぐ場所はソファーなのでよいのを選びたいですね。(36歳/男性/会社員)
  • ソファーは毎日くつろぐ場所であり,お客さんが来たときには一番目立つ家具なので,お金をかけておきたいです。(37歳/男性/公務員)
  • リビングに長時間いる自分にとって、ソファーは、サイズやデザインの他に座り心地や使い勝手など、こだわる部分が多く、選ぶ祭には、他の家具にくらべて妥協点を見つけるのが大変で、結果的にだいぶお金をかけているから。(34歳/男性/会社員)
  • 来客の際、人目にもつきやすいし、家族で一番共有しあえる物だからです。(54歳/男性/会社役員)
  • 寛ぐ場所、語る場所、テレビを見る場所、うたた寝する場所、という普段の生活を考えると、リビングのソファになります。ならば、そこは贅沢でも良いと思います。(51歳/男性/会社員)
  • 日常生活の中で一番使う場所であるので自然に一番お金をかけたくなります。(31歳/男性/会社員)
  • 1日で一番頻繁に目にするし、座るものだから、見た目もよく、座り心地の良いものにしたい。(36歳/男性/専業主婦主夫)
  • お客さんが来た時に、ソファーを使うと思う。自分だけが使うものよりもお客さんの方に気を使いたい。(44歳/男性/会社員)
  • 利用する頻度が高く、又、来客者も使用するので、座り心地の良いソファーが大事だと思います。安っぽいソファーだと、全体を安っぽく感じます。(65歳/男性/会社役員)
  • 今は賃貸でリビングが狭いので、マイホームを建てたら、ソファーにはお金をかけていいものを使いたいです。(42歳/男性/その他専門職)
  • 子供の為に、成人になっても使えるデスクオーダーメイドを購入しましたが、半分は親のエゴみたいなものです(44歳/男性/会社員)
  • とりあえず起きている時には必ず座るであろうリビングのソファーにお金をかけたいです。(45歳/男性/会社員)
  • ソファーのすわり心地がよと、一日のストレスが解消されるからです。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • みんなが使う場所だから、少しでもいいものをかいたいから。いいものを買って、みんなに自慢したい(21歳/男性/学生)
  • ベットもそうですが、今の一番くつろぐ場所になるソファーにはこだわりたいものが有ります。(50歳/男性/会社員)
  • 一日の仕事の疲れをソファーでゆっくりしたいです。小さな贅沢です。(55歳/男性/会社員)
  • 友人が来た時にリビングにあるソファーには必ず触れるため、そこについてはお金をかけてもいいと思うため。(31歳/男性/会社員)

【タンス】

  • タンスは一度購入したら一生ものと考えているので、質の良いものを選びたいと思います。(39歳/男性/パートアルバイト)
  • 引き出しを出し入れするので、作りのよさがずっと使い続けられるかどうかに大きく関わってきます。(42歳/男性/自由業・フリーランス)

【机】

  • 消去法で選びましたが、現状必要としているものが机か机の代わりになるものなので、机は出来る限り長持ちをして使いやすくていい素材のものを使いたいと思います。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 毎日使うものであることと、作業をするものなので、気分よく使えるものが良い。(50歳/男性/会社員)
  • みんなが毎日使うものは、食卓とリビングテーブルですが、そのうちリビングテーブルはかなりお金をかけました。それも自作です。青森ヒバのテーブルに、台は100年もののイタヤカエデの幹を使用しました。自作でも材料及び作業費代で10万円くらいかかりました。でも家族皆が使ってくれるので我が家の宝物となりました。(55歳/男性/公務員)
  • 机の上で集中して作業をすることが多いので、良いモノを使いたい。(55歳/男性/会社員)
  • パソコンを中心とした副業をしているのでそれをセットする机にお金をかけたい。お金を稼ぐ基みたいなものだから。(55歳/男性/契約派遣社員)
  • 家の中で使う頻度が最も多いからです。長時間使用するものにこそお金をかけるべきだと考えます。(48歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 社会人になってから、自宅で机に向かうことが無かった。結構、書類を書くとか、文章を読むという作業がある。こういうことは、じっくりしっかり行ないたい。そのためには、きちんとした場所で向かい合いたいので、机がいいと思う。座ると、「よし、やるぞ!」って気にさせてくれるやつを。(48歳/男性/無職)
  • 土台のしっかりした机を今でも使っています。自分の友達みたいなものです。(68歳/男性/無職)
  • 机は長く使いたいと思うし、色々な多用途に使うものだから、いいものを厳選してお金をかけたいと思います。(53歳/男性/会社員)
  • 自宅の机で事務作業しているので、PCの操作に適したオーダーメードの机を買いました。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • ベッドやソファーは消耗品。机は一生モノの良いものを買いたいです。(48歳/男性/会社役員)
  • 一番目につく家具なので、なるべくなら良いものを買いたいと思ってます。(27歳/男性/パートアルバイト)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼リフォーム済・リノベーションのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

リフォーム済・リノベーションの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事