引越し

皇居VSベルサイユ宮殿!住むならどっち?

引越し

ハイライト

  • 憧れの王族の生活、皇居とベルサイユ宮殿住むならどちらかアンケートをとってみた。
  • 回答者の約7割が皇居と答え、和風で住みやすいイメージがあるようだ。
  • ベルサイユ宮殿と答えた人は現実離れしたセレブな生活にあこがれていた。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
GOTO不動産キャンペーン

引越し

世の中には豪華な住居が数多く存在していますが、その中で、一度は住んでみたいと思う住まいがある人は多いのかしれません。特に、王族の生活に憧れを抱いてしまう人も多いのではないでしょうか?一度は体験してみたい!そう考える人がいるでしょう。

そこで「皇居VSベルサイユ宮殿、住むとしたらどっちが良いか」についてアンケートしてみました。

アンケート結果

もしも住めるならどっちがいい?
・ベルサイユ宮殿:37%
・皇居:63%

【住みやすさ重視!日本人に合った造りになっていそう!】
回答者の約7割が「皇居」と回答しました。意見を見ると、住みやすそうというイメージがあるようです。

「日本人なので皇居のほうが住み心地が良いのではないかと思いました。」
「皇居の方が自然豊かで住みやすそうだし、和室とかもありそうだから。」
「和風なところが好きだ。畳やコタツが似合うのはやはりこちらだと思う。」
「日本に合った造りになっていると思うので、困惑しなさそうだから。」

回答者の多くが、皇居は日本人に合った造りになっていそうというイメージがあることが分ります。そのため、日本人にとっては住みやすい環境なのではないかと考えていることも伺えます。中には、和風な造りが好きだという意見もあり、好みの問題もあるようです。


【セレブ感満載!?現実離れした生活を味わってみたい!】
次に「ベルサイユ宮殿」と回答した人の意見ですが、現実離れした生活をしてみたいという願望があるようです。

「日本で単調かつ貧しい1日を繰り返し続ける方にとって、1ヶ月でもいいから外国の優雅な一人暮らしを是非とも体験したい。うまくいけば1年でもいい。」
「ベルサイユ宮殿の方が、高級感・セレブ感を味わいながら生活することができるからです。」
「ヨーロッパが好きなので洋風の雰囲気のベルサイユ宮殿が素敵だと思います。」

意見を見ると、非現実的な暮らしができそうだという意見やセレブ感を味わいたいなど、憧れがあることが伺えます。また、洋風の雰囲気が好きだという意見もあるため、洋式の生活を好む人もいることが分ります。


【住まいを選ぶ際は自分に合った造りを選びましょう】
今回のアンケートは、極端な例ではありましたが、多くの人は和式の生活様式を好んでいることが分りました。しかし、中には、洋式の生活をしたいという人もおり、洋式の住まいも人気が高いことも伺えました。住居は、人によっては、一生同じ場所で暮らさなくてはならない場合もあるようですから、自分に合った住まいを選ぶ必要があるのかもしれません。

住まいを選ぶ際は、自分に合った生活様式の住まいを選んだほうが良さそうです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年10月14日~10月17日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【ベルサイユ宮殿】

  • 皇居に住めるのような身分ではないので、皇居以外に住みたいと思います。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ヨーロッパが好きなので洋風の雰囲気のベルサイユ宮殿が素敵だと思います。(24歳/男性/会社員)
  • 質問が不敬だと思います。以上の理由フランスのベルサイユ宮殿ということにしました。(45歳/男性/会社員)
  •  漫画やアニメで目にする機会があるので、ベルサイユ宮殿のほうが良いと思います。(30歳/男性/無職)
  • 和の豪邸よりも立体感のある西洋の豪邸の方がインパクトがあり魅力的。(36歳/男性/会社員)
  • ベルサイユ宮殿の方がフランスの文化が学べる事が出来るし、鏡の間などのきらびやかな所があるからです。(30歳/男性/無職)
  • 皇居は息が詰まりそうだから。ベルサイユ宮殿は華やかな感じでいいと思います。(32歳/男性/会社員)
  • 皇居はどんな感じなのかがわからないので消去法でベルサイユ宮殿になります。(36歳/男性/会社員)
  • 王子様気分になれますし、シャンデリアが多く広々としていて何となく贅沢出来そうな雰囲気に浸れるのが良い。(40歳/男性/会社員)
  • ベルサイユ宮殿の方が、高級感・セレブ感を味わいながら生活することができるからです。(33歳/男性/会社員)
  • 一度くらいは外国にも住んでみたいですし、洋式の住居にも住んでみたいと思います。(35歳/男性/会社員)
  • ベルサイユ宮殿のほうが自由が利きそう。皇居は、官僚の管理がきつく、禁止事項が多くて、住み辛そう。(51歳/男性/会社員)
  • オランダやスイスと陸続きで、いざというときの安楽死ツアーに行きやすいから。(37歳/男性/無職)
  • どうせ住むならずばぬけて現実離れしたい。皇居は意外と目につきそうで。(35歳/男性/その他専門職)
  • 何やら双方とも禍々しい因縁でもあるそうで、本当はどちらも住みたいとは思いません。(52歳/男性/会社員)
  • 今までに経験したことがないゴージャスな暮らしができそうな感じがするから。(25歳/男性/学生)
  • 欧米の豪邸の方が部屋も広いし、召使もたくさん雇えるような気がします。(48歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 細部まで細かな装飾の部屋には憧れますし、ベルサイユ宮殿に住んでればモテそうだからです。(26歳/男性/会社員)
  • 西洋の宮殿のゴージャスな空間は、日本では味わえない雰囲気なので、住んでみたいです。(40歳/男性/会社員)
  • 皇居の画像はTVなのでよく中継されて、イメージで想像できるので、あまり知らないフランスのベルサイユ宮殿に住みたいです。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • ベルサイユ宮殿の方が特別感があるし、非現実的な暮らしが体験できそうだから。(31歳/男性/会社員)
  • どちらも魅力的だとは思いますが、様式のほうが好きだからです。ベルサイユ宮殿はヨーロッパならではの神秘的な雰囲気が漂っていると思います。(28歳/男性/自由業・フリーランス)
  • なんとなくゴージャスな気分になる。また、数百年の歴史を感じられてフランス貴族になった気分も味わえる。(51歳/男性/会社員)
  • かつてウィーンを訪れた際にシェーンブルン宮殿を見学し、その荘厳さと広さに圧倒され、一度は住んでみたいと思ったから。(61歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 皇居は広すぎます。ベルサイユ宮殿みたいな豪華絢爛なところに一度は住んでみても面白いと思います。(54歳/男性/会社員)
  • ベルサイユ宮殿がいいですね。いかにも一国一城の主というイメージがありますし、海外での生活に昔からとてもあこがれていたからです。(40歳/男性/無職)
  • 皇居に住むのは恐れ多い気がするベルサイユ宮殿なら思い入れもないし単純に住んでみたいといえる(38歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 皇居は堅い感じがして住んでても心地よく休めそうにないけど宮殿なら豪華な食事とか食べられそう。(23歳/男性/学生)
  • 想像できないような豪華な造りをしていると思うので,別世界の生活をしてみたい。(37歳/男性/公務員)
  • 皇居は高苦しそうなため生活していてすぐに限界を迎えそうなため(44歳/男性/会社員)
  • 日本で単調かつ貧しい1日を繰り返し続ける方にとって、1ヶ月でもいいから外国の優雅な一人暮らしを是非とも体験したい。うまくいけば1年でもいい。(44歳/男性/パートアルバイト)
  • 装飾などがゴージャスで、広くて住みやすそうなイメージがあるからです。(37歳/男性/会社員)
  • 自分は西洋系に憧れを抱くのでベルサイユ宮殿みたいなおしゃれなところがいいです。(28歳/男性/パートアルバイト)
  • 普段なら絶対にできない豪勢な食器を使って食事をしたり,豪勢なベットに寝てみたりしてみたいから。(25歳/男性/学生)
  • やたら広そうなので、毎日退屈せずに楽しめると思うから。また、部屋が多いので収納に困らないと思うから。(25歳/男性/学生)
  • 皇居は結局は日本ということだからです。ベルサイユ宮殿は見るものすべてが私たちの日常にない物や習慣があるから全く違う想像のつかない場所に住むほうが面白いと思ったからです。(25歳/男性/パートアルバイト)
  • 皇居も魅力ある建造物ですが「if」感をより楽しむなら、断然ベルサイユ宮殿だと思います。その広さを利用して、シェアハウス的な位置付けにするのも悪くないかも知れません。一家族では持て余しそうですので……。(34歳/男性/パートアルバイト)

【皇居】

  • 言葉が通じるし、親や友達がいる日本がいいから。やってるテレビやラジオも日本語だから。(36歳/男性/専業主婦主夫)
  • 日本的で落ち着けると思います。ベルサイユ宮殿はちょっと石造りで冷たい感じがします。(55歳/男性/会社員)
  • 正直、どちらも嫌ですが、どっちかというと皇居が良いかと思います。(39歳/男性/会社員)
  • しっとりとして落ち着きがありそうだから。また、日本人として住むなら皇居のほうが断然環境がいいと思うから。(39歳/男性/会社員)
  • 若いころだったら、宮殿に憧れていたと思います。でも今は皇居です。もちろん皇居の中に入ったことがありませんが、きっと日本らしい、「和」な感じだろうと想像します。日本庭園などもあるのでしょうか。落ち着いた佇まいで、日本庭園などを見ながら癒されたいです。(46歳/男性/会社役員)
  • ベルサイユ宮殿はフランスにあり、皇居は日本にある。住むなら住み慣れた日本がいいから。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 起床した際にランニングをしている人を見て、今日も頑張ろうという気持ちになれると思います。(22歳/男性/学生)
  • あんな都内のど真ん中でひろーい皇居に住んでみたい!もちろん自由にね!(25歳/男性/会社員)
  • 日本にいてもその内部はよくわかっていません。その神秘的な内部に興味があります。(48歳/男性/会社員)
  • 皇居は現在も天皇陛下や皇后陛下が住まれていて、現代の人間が快適に住める状況になっていますが、ベルサイユ宮殿は現代の人間が快適に住める状況ではないでしょうから、住むのなら皇居。見るだけならベルサイユ宮殿。(37歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 日本にあるので、日本語で会話ができる。知人の訪問も容易である。(48歳/男性/会社員)
  • ちょっと未知の領域だし、荘厳よりも落ち着いた印象のほうが好き。(38歳/男性/会社員)
  • 日本国内に住みたいので。フランスでは、部屋の造り・生活習慣等に馴染めないので、住んでみたいとは思いません。落ち着かないと思います。(65歳/男性/会社役員)
  • 皇居の方が落ち着いてゆっくり過ごせると思われる。それに、フランス語が話せないので、ベルサイユ宮殿では不便だと思われる。(49歳/男性/会社員)
  • 日本国内だから。日本語が通じないところでは生活できない人間なので。(45歳/男性/会社役員)
  • 和風なところが好きだ。畳やコタツが似合うのはやはりこちらだと思う。(19歳/男性/学生)
  • 日本人なのでやはり、自分としては皇居の方が落ち着くと思います。(50歳/男性/会社員)
  • 海外は自分としては住めるとは思っていないので、皇居の方がいい。ただし宮内庁の干渉は嫌だと思う。(53歳/男性/会社員)
  • やはり、日本人ですので長く住むのであれば皇居ではないでしょうか。ベルサイユ宮殿には畳はないとお思います。(49歳/男性/無職)
  • 日本建築なので住み心地がいいような気がします。広すぎると思いますが(26歳/男性/会社員)
  • 都会に済みたい自分としては、皇居こそ東京のど真ん中、2択でなくても、世界のどこでもよいから好きな場所に住めるとしたら皇居を選ぶ。(44歳/男性/会社員)
  • 都会の真ん中なのに緑が豊かで落ち着いている場所なので住んでみたいです。(31歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 何でもありそうなので、1度は住んでみたいです。どのくらい広いのかな。(31歳/男性/会社員)
  • 四季折々の広大な日本庭園の姿を堪能し、茶会などを開催してみたい。(23歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ベルサイユ宮殿に行ったことがありますが、住むとなると落ち着かなさそうなので。(27歳/男性/自由業・フリーランス)
  • ベルサイユ宮殿にはトイレが無いという逸話がある。さすがにトイレが無いのは不便です。(37歳/男性/会社員)
  • 日本人なのでベルサイユ宮殿よりも皇居の方が住みやすいはずだと思うからです(28歳/男性/無職)
  • 日本人なので皇居のほうが住み心地が良いのではないかと思いました。(46歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 恐れ多いですが、都心の皇居にはなかなか入ることもできませんので。ベルサイユ宮殿まで行くのは面倒です。(48歳/男性/その他専門職)
  • 高価な美味しいものがたくさん食べられそうだし、警備がしっかりしていそうだから。(48歳/男性/無職)
  • 日本に合った造りになっていると思うので、困惑しなさそうだから。(20歳/男性/学生)
  • 日本の皇室しか住む事が出来ない所なので、一度でいいから住んでみたいです。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 英語すらまともに喋れないので住むならまだ日本にある皇居の方がマシだと思います。(40歳/男性/無職)
  • 東京のど真ん中にありながら武蔵野の面影が残っているし、どこに行くにも便利そうだから(36歳/男性/パートアルバイト)
  • とても庭が広くて居心地がとても良いと思ったので皇居のほうが絶対にいいと思いました。(45歳/男性/無職)
  • 世界ナンバー1といっても過言ではない地位の人がどんな場所、どんな環境で生活しているのかに興味がある。(32歳/男性/無職)
  • 外国はあまり好みではありません。また、歴史で多く語られることが多いのは外国のことのほうが多いと思います。ですから、皇居はあまり想像することができないので、皇居を選びます(19歳/男性/学生)
  • お濠で囲まれたお城で日本食を頂いて、日本のお風呂に入りリラックスしたいです。(68歳/男性/無職)
  • どちらもあまり住みたいとは思わないですが、単に日本国内というだけの理由で皇居にしました。(43歳/男性/会社員)
  • 身分の高い人しか入ることすら出来ない場所でお世話もすべて任せられるからあこがれる。(35歳/男性/会社員)
  • ベルサイユ宮殿はフランスにありますよね。ところで、フランスでは香水が有名です。この香水ですが、実はうんこのにおいを消すために開発が進んだのです。当時、ベルサイユ宮殿で貴族が平然と床に排泄を行っていました。そんなところに住みたくはないですよね。(22歳/男性/学生)
  • 日本にある住居なので、日本式な部屋もあるとおもい、ゆったりできるのではないかと思います。(24歳/男性/契約派遣社員)
  • 皇居の方が自然豊かで住みやすそうだし、和室とかもありそうだから。(30歳/男性/その他専門職)
  • どんな感じなのかは分りませんが要は和風か洋風かを聞いてると思うんですが和風の皇居がいいです。(36歳/男性/会社員)
  • ジャパンが好きです。滞在ならベルサイユ宮殿もいいけれど、長くいたら目が痛くなりそう。(45歳/男性/会社員)
  • 日本人なので侘び寂びが落ち着きます。皇居の中がどうなっているかは分かりませんが、ベルサイユ宮殿は落ち着かない気がします。(50歳/男性/会社員)
  • やはり勝手のわかる日本で暮らすのが一番かと思います。交通の便やショッピングにも便利な立地なので、こちらを選びました。(42歳/男性/会社員)
  • 実際に住んだことが無いからどんな感じなのかを王族の生活を体験してみたい。(32歳/男性/自営業(個人事業主))
  • やはり住みなれた日本にある皇居に住んで、贅と利便性を満喫したいので。(57歳/男性/公務員)
  • ベルサイユ宮殿にはトイレがなかったということを聞いたことがあります。やっぱり、日本が一番でしょう。(49歳/男性/会社員)
  • どっちも望みませんが、日本人なので全く日本的でない所よりは、日本的なテイストの強いところの方が良いと思います。やっぱり島国ですね。(51歳/男性/会社員)
  • 皇居を選んだ理由は、単に親しみがあるのと矢張り日本人だからでしょう。フランスに住む事になると、色々な文化の違いや言葉の障壁が多くて辛いと思います。その点、皇居なら同じ日本で障壁もなく、食べ物や言葉で悩む事もありません。それに、皇居の周りは自然も多く、環境的にも立地的にも最高だと思います。(50歳/男性/会社員)
  • 日本人にとって恐れ多いことではありますが、皇居がどのようなところなのか、実際に住んでみたい気持ちが強いです。(25歳/男性/学生)
  • 日本人なので、和風のつくりがいちばん落ち着くからです。また、皇居内部は一般公開されておらず、日本にいながら見ることのできない場所なので、そのような謎になっている部分を見たい気持ちもあります。(29歳/男性/会社員)
  • 日本国都内一等地のうえ、適度な自然環境もあり、文句の言いようもないから。(43歳/男性/無職)
  • 正直どっちも嫌です。どちらかとなれば日本の皇居を選んだっていうだけで。格式ばったところで、常に緊張感をもって生活するというのでは疲れてしまいそうなので、それなら日本の和が取り入れられている皇居の方がまだ良いです。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 日本人ですから、当然、皇居です。ベルサイユ宮殿なんて、目がチカチカして生活しづらそう。無理だと思います。(48歳/男性/会社役員)
  • 広さで言えばともに広いが、やはり日本人なので、日本庭園のあるような風情がある皇居にすみたい。(42歳/男性/会社員)
  • 皇居は東京の中心部にあってアクセスが良いがベルサイユは郊外にあるので。(34歳/男性/その他専門職)
  • 日本人にはなじみの深い場所であり、普段は足を踏み入れることができないあこがれの地であるので(45歳/男性/契約派遣社員)
  • 旅行ならベルサイユ宮殿ですが住むとなったら皇居だと思います。(32歳/男性/会社員)
  • 皇居に住みたいです。皇居内で誠実な行動をしなければならないのです。(37歳/男性/無職)
  • 天皇家の住まわれている皇居に興味があり、どんな生活をしているか知りたいからです。(35歳/男性/専業主婦主夫)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事