住宅設備

住宅設備の情報収集に展示場めぐりは欠かせない?

住宅設備

ハイライト

  • 住宅の設備を新たに整える場合には、メーカーの展示場を訪れるか聞いてみた。
  • 8割以上の人がはいと答え、細部まで調べて確かめたいとの事だった。
  • 展示場に行かないという人はインターネットやカタログで情報収集するとの事だった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

住宅設備

住宅に長く住んでいると、様々な不都合が生じてきます。

古くなった設備をそのままにしておくと、使いにくいだけではなく、事故などにつながる可能性もあるので、新しいものへと変えていきたいものです。その際に、メーカーの展示場を訪れて情報収集するという方法があります。

そこで、設備を整える際にメーカーの展示場を訪れるかどうか、ご意見を伺いました。

住宅の設備を新たに整える場合には、メーカーの展示場を訪れますか?

住宅の設備を新たに整える場合には、メーカーの展示場を訪れますか?
・はい:83%
・いいえ:17%
      

8割以上の回答者が、設備を新しくする際にメーカーの展示場を訪れると回答しました。

「メーカーの展示場でレイアウトの参考にしたり、どんなものがあるのか?大きさは?と実際に見たいので」
「長い間使うものだからこそ、後悔のない選択をしたい。出来上がりのイメージが付きやすいので展示場に行くのは絶対条件です。」
「実際に、設備を見たり試してから購入を考えたい。メーカーの人の説明も参考にしたい。」
「住宅メーカーの展示場でどのような工法でやっているのか、どのような部材を使っているのかを現実に見て確かめられるのでみにいきました。」

大多数の方が、メーカーの展示場を訪れ、情報収集をしていることがうかがえます。実物を見て、実際に使うときにどういった具合になるのかをイメージしたり、カタログではわからない設備の細かい部分まで知ることができるという点が、展示場を訪れるメリットであるようです。

また、設備を見るだけではなく、直接説明を受けることができるということも、金額の多い買い物である住宅設備には必要なプロセスであるということも考えられます。


一方、17%の方が、住宅設備を新しくする際に展示場を訪れないと回答しました。

「メーカーの展示場が近い、またはアクセスしやすい場所にあるのであれば、考えなくもないですが、そうでない場合は展示場には行かないと思います。ネットでも今はチェックできますし、家を立てたハウスメーカー等を通じてカタログを見ることもできると思います。」
「近ければいくかもしれませんが、大規模なものやショールームは郊外にあることがおおいので。」
「展示場に行くより、カタログ等を多数取り寄せて見比べたほうが比較検討しやすいからです。」
「ネットの口コミや公式HPを見て調べます。メーカーの展示場を訪れても相場もわかりませんし、そこで購入するわけではないので意味ないです。」

展示場を訪れないと回答された方は、その理由として展示場が遠いこと、行くのに手間がかかることを挙げています。また、カタログにも詳しい情報が載っていて、一つのメーカーだけではなく多くのメーカーの商品を検討することができるため、実際に個々のメーカーの展示場に足を運ぶ必要性は少ないという考えがあるようです。

また、インターネットの発展により、詳細な情報や利用者の口コミなどの情報が集まりやすく、自宅で詳しい情報が得られるようになっていることも要因となっているようです。


住宅設備を検討する際に、メーカーの展示場を利用する方がかなりの割合を占める結果となりました。やはり、カタログ上の説明だけではなく、実際に設備を見ることができるという点が重視されていることがうかがえます。実際に見て、触ってみることで、使うときのイメージを具体的に描きやすくなるので、洗濯にあたって役立つ情報を得られるということでしょう。

住宅設備は長く使うものですから、カタログやネット上の情報に加え、展示場に足を運び実際に見てみたうえで決めていきたいものです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年8月26日~8月27日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 展示場には最新の設備などが展示してあるので、自分の目で見て確かめたいから。(29歳/女性/学生)
  • 写真だけでなく、実際に見て確認することで決定します。高いし、簡単に買い換えもできない物なので(24歳/女性/自由業・フリーランス)
  • どういったものがいったものがいいかは自分の目でみてはんだんしたほうがいいからです。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 大きな買い物になりがちなので、やはり実際に足を運んでみる必要がある(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 安い物ではないので、カタログで検討した上展示場で実際の物を見て決めます。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • やはり、住宅は一生ものですし高額な費用もかかるので必ずメーカーの展示場を訪れるようにします。他社比較は金銭面はもちろん、使いやすさなども大きなチェックポイントになると思います。(47歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実物を見ると安心できるから、展示場へ行きます。見ないで決めてがっかりしたくありません。(55歳/女性/公務員)
  • まずは事前にネットでいろんなものを調べたりしてその後やはり自分の目で確かめたり見たりする為に展示場へ行く。(45歳/女性/無職)
  • 色んなものと相場を確認しに行きたいので訪れる。しかしその後、ネットでも検索する。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • やはり、展示場などに行って事前知識を仕入れておくべきだと思います。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • どのような立て方をするのか、つくりなど細かいところを見たいから。(21歳/女性/学生)
  • 住宅メーカーの展示場でどのような工法でやっているのか、どのような部材を使っているのかを現実に見て確かめられるのでみにいきました。(49歳/男性/会社員)
  • イベントをしている時を狙って行くと思います。実際見たほうがイメージできそうだし、いろんなメーカーを見比べられると思います。(30歳/女性/パートアルバイト)
  • 住宅の設備を整える場合に、私は展示場を訪れます。何故なら、展示場に行けば室内の外観、状態が観れます。更に、「この部屋のココがいいなぁ」「この部屋は、ココをこうしたらいいなぁ」といったアイデアも生まれます。そのアイデアを設備の整えに活かせると思いましたので、訪れます。(29歳/男性/会社員)
  • パンフレットなどだけではあまりわからないことも多いので実際訪れて体験したい。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 自宅ではない他の場所で客観的にみた方が新鮮で、後悔することなくリフォームできるからです。(23歳/女性/学生)
  • 最新の設備がどんなものなのか、展示場で現物を見てイメージを膨らませたいから(31歳/女性/パートアルバイト)
  • 実際に見てみないことにはどういうものかは分からない。きちんと自分の目で見て確かめないと納得できないから。(27歳/女性/契約派遣社員)
  • 展示場を訪れます。実際に出来上がった家を見てみないとどういうものなのか確認できませんから。あとスタッフに具体的に質問もしやすいですし。(40歳/男性/無職)
  • まずはネットなどで情報を収集し、ある程度絞り込んだ上で絶対に現物を見に行きます。高さや材質などは触ったりしないとわからないからです。高価なもので失敗できないので慎重に見定めます。(46歳/女性/専業主婦主夫)
  • しっかりと目で見てこないとイメージがわきづらいからその方が良いと思います。(40歳/女性/無職)
  • やはり実際に見て説明を聞くと、思っていたことと違うことがあるので見に行きます。(27歳/女性/無職)
  • やはり話を聞くだけよりも、実際の物を前にして自分納得した物を選ぶには、一番はやい方法なので足は運ぶでしょう。特に色に関しては印刷と現物が若干異なる場合もあるので。(46歳/女性/専業主婦主夫)
  • どんなものがあるのか、設備を整えたらどうなるのかイメージしたいので展示場を訪れます。(36歳/男性/会社員)
  • メーカの展示場で直接目にして説明を聞いて納得した上で決定したい。(53歳/男性/会社員)
  • 展示場で実物を見学した方が実際に設備を設置した時のイメージができるからです。(35歳/男性/専業主婦主夫)
  • 具体的なイメージをつかむことができそうなので。展示場は有効だと思います。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • カタログなどではわからない使い心地や、営業の方からの評判、お勧めの使い方なども聞けるので。(46歳/女性/契約派遣社員)
  • 近々リフォームを考えているので、システムキッチン、洗面化粧台、ユニットバスなど、展示場へ見に行きました。メーカーごとにこだわりの部分が違うので、実際に目で見て触ってみると、使い勝手の良し悪しや違いがわかります。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • 設備とはゆえ、決して安い金額ではないので、念入りに下調べします。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分の目と手で確かめてから、しっかり検討して、購入したいからです。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • メーカーの展示場なら最新の設備がそろっているし、専門家の意見も聞けるから。(46歳/女性/公務員)
  • 実際に展示場で確認しないと、本当にそれが便利なのかや、その他のメリットとデメリットを判断できないと思うからです。(35歳/男性/無職)
  • 新しいものもあるので、実際に見て話を聞いてからカタログなどで選ぶことが多いです。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • カタログの写真と実際のカラーが違うと行けないので、展示場で実物をみて決めます。(39歳/女性/会社員)
  • ネットやカタログで見るよりも実際に展示場で見て触れてみると全然ちがうので面倒がらずに足を運ぶ。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 長い間使うものだからこそ、後悔のない選択をしたい。出来上がりのイメージが付きやすいので展示場に行くのは絶対条件です。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実物をみて、サイズ感や色合い、手触りなどパンフレット等ではわからないものを知ってから購入を検討したいと考えます。(34歳/男性/会社員)
  • 多くのメーカーがいろいろなものを出しているので、一つ一つ使いやすさを見たり、他のものと比べることが出来る(32歳/女性/無職)
  • 私の場合はメーカーの展示場よりホームセンター等に見に行きます(56歳/男性/会社員)
  • ちゃんと、現物を自分の目で見て確かめてから、検討していきたいと思うので。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • やっぱり自分の目で実際のものを見て決めたい。展示場ならいろんなパターンがあるので。(47歳/女性/会社員)
  • 展示場で実際を確認しないと、写真だけではわからない部分も多いから(30歳/女性/会社員)
  • なるべくいろいろな展示場を訪れて、スタッフに相談するとよいと思います。それまでわからなかったプロの考え方、自分の考え方との違いなどがわかってくると思います。また、展示場スタッフの対応によってどの会社が、住宅に、お客様に向き合ってくれているかがわかると思います。(56歳/男性/パートアルバイト)
  • 自分の思っている商品がどんなものか知ることができるし、他の商品との比較もできるので行きます(54歳/女性/パートアルバイト)
  • 実際に、設備を見たり試してから購入を考えたい。メーカーの人の説明も参考にしたい。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 実際に触ってどのくらいの大きさや高さか、使い勝手はどうなのか体験してから選びたいからです。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • カタログ等だけでなく、実際に自分の目で見てメーカー側に疑問点を聞けることと、自分の家に設置した場合等がイメージ出来るからです。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • 書面の情報や写真を見ただけでは実際のイメージがわきにくいので、展示場へ行ってみます。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 住宅の設備は長く使用するものが多いので、展示場で実物の確認と詳しく説明も聞いておきたい。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 展示場では、いろいろな設備がいっぺんに見れるので、訪れると思います。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際に、展示品をみてから、決めたいと思ったのでこちらを選びました。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際に目でみたあとに取り付けるかどうかを決めたいので、展示場には訪れます(31歳/女性/契約派遣社員)
  • やはりカタログだけでなく実物の設備を見て確かめたいです。高い買い物ですし。(37歳/女性/会社員)
  • なにも見ないで決めるよりは他の家を見て吟味した方が良いと感じたから。(18歳/女性/学生)
  • メーカーの展示場でレイアウトの参考にしたり、どんなものがあるのか?大きさは?と実際に見たいので(36歳/男性/会社員)
  • カタログだけでなく実際に実物を見た方が使い勝手や色、手触りなども良くわかるから。(56歳/男性/会社員)
  • できるだけ実物をみてから決めたいので、同じものか似たようなものがある展示場へ行きます。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 展示場で色々みてからの方が、完成後のイメージもつきやすいから。(32歳/女性/会社員)
  • カタログやサンプルの画像だけでは、どうしても実際のイメージが持ちにくいので、展示上で現物を目にすることが重要だ。また業者と直接会えるので、質問をすることで不安要素を取り除くことができる。多少手間でも訪れるべきであると考えるから。(34歳/女性/自営業(個人事業主))
  • カタログではわからない細かな部分も実際に目で見て確かめたいです。あと、どんな風に使うかなどの説明もきちんと聞きたいです。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際どんなものか見てみたいので、時間に余裕があると見に行きたいです。(43歳/女性/会社員)
  • 当然、メーカーの展示場を訪れて実物を確認する。設置された後に思っていたものと違うとなっては大変だ。(42歳/男性/会社員)
  • 展示場では実際の設備や、価格の相場等を知ることができるので、訪れると思う。(34歳/女性/契約派遣社員)
  • 色々なメーカーの展示場へ行って、カタログを収集し、検討します。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 賃貸なら行かないかと思いますが、一戸建てとなると長年住む事になると思うので、詳しく知りたいと思うから。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 最新の流行を取り入れているものが並んでいるので、新しい視点でいろいろな選択肢の中から選ぶことができるようになると思います。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • どのような住宅設備があるのか見ておきたいし、気になる設備があればそれを参考にして取り入れたいから。(45歳/男性/会社員)
  • 展示場で色々と情報収集をしてから設備を整えたほうが良いと思うからです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 特にキッチンの場合、設備の使い勝手を確認するためには、実物を見るのがベストだから。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 高い買い物だけに、カタログを見るだけでは決められません。実際に展示場で、現物を見て、触って、感じて決めたいです。設備を整えた後に「やっぱり違うかった」では済まされないので。(46歳/男性/会社役員)
  • 展示場に行けばいっきにメーカーを訪れる事ができるので、それから絞り込める。景品も沢山もらえる。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 見ておいた方がイメージしやすくいいですね。デザインはある程度カタログなどでもわかりますが、素材感などは実際に見た方が進めやすいです。(44歳/男性/会社員)
  • 見た目だけではなく、実際の使い勝手を現状と比べる必要があると思います。特に住宅設備は普段から使用する箇所なので、使いにくいとそれだけでストレスになるので選定も慎重になります。(30歳/女性/契約派遣社員)
  • 可能であれば展示場を訪れて、実際の様子を見てみたいです。イメージと違うとがっかりするので。(42歳/女性/会社員)
  • カタログで見るのと、実物を見るのとでは、大きな違いがあるので、実際に展示場で確認をしたいため。(53歳/女性/会社員)
  • いろいろな物が見れるのし、詳しく説明もしてもらえて、ホームセンターよりゆっくり見れるので。(41歳/男性/会社員)
  • 新しい設備を整えるに当たって、実際に展示場を訪れることで、新しい設備のイメージをしたいから。(21歳/男性/会社員)
  • いろいろ見たいですね。特に水周りは重要だと思います。最新設備を見ておくのはいいと思います。(48歳/男性/無職)
  • 展示場では様々な設備を実際に目にすることができ、相談ができるから。(33歳/男性/会社員)
  • おとずれないと実際にどんな業者かわかりません。目で確かめるのが一番です。(55歳/女性/公務員)
  • 何社か展示場はみにいきます。色々な種類をみてみたいからです。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実物を見た方が、安心して購入できるから。本物を見た方が、より納得して決められるから。(30歳/女性/パートアルバイト)

【いいえ】

  • 家を建ててもらった大工さんを信頼しているので、まずその方に相談してから決めると思います。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • メーカーの展示場が近い、またはアクセスしやすい場所にあるのであれば、考えなくもないですが、そうでない場合は展示場には行かないと思います。ネットでも今はチェックできますし、家を立てたハウスメーカー等を通じてカタログを見ることもできると思います。(41歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 一言でゆうなら、行くのがめんどくさいついでにゆうなら、人とかかわるのが苦手だから(25歳/男性/会社員)
  • 展示場まで行く手間をかけるよりは、カタログなどで済ましてしまいそうです。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 展示会に足を運ぶよりも、パンフレットをみたほうが私にとってはわかりやすいから。(20歳/女性/学生)
  • カタログなどを見せてもらい決めていて、あまり不便に思ったことがないからです。(46歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 訪れたいという気はありますが、家の近くにそういう場もなく行くひまもないので恐らく行くことはないと思います。(21歳/女性/学生)
  • 大掛かりに家のリフォームをするなら訪れるが、換気扇だけとか食洗機の取り付け程度ならカタログやホームページで済ませる。(56歳/女性/契約派遣社員)
  • 実際に場所を見てもらって、希望の物を設置できるか確認してもらう。(26歳/男性/会社員)
  • メーカーの展示場を見るだけでは実際にどのような状況で使用するか想像しずらい為です。(34歳/女性/その他専門職)
  • ネットの口コミや公式HPを見て調べます。メーカーの展示場を訪れても相場もわかりませんし、そこで購入するわけではないので意味ないです。(47歳/女性/専業主婦主夫)
  • メーカーも決められないので、ホームセンターなどに行くと思います。価格も安そうです。(43歳/女性/パートアルバイト)
  • 住宅を買う場合には訪れますが、わざわざ新しく設備を整えるためには展示場を訪れません。(30歳/男性/無職)
  • わざわざメーカーの展示場に赴くことはありません。基本的に計画してではなく、広告をみて衝動的に行うことが殆どです。(29歳/女性/会社員)
  • 展示場に行くより、カタログ等を多数取り寄せて見比べたほうが比較検討しやすいからです。(46歳/女性/会社員)
  • 近ければいくかもしれませんが、大規模なものやショールームは郊外にあることがおおいので。 (45歳/女性/その他専門職)
  • 足を運ぶのが面倒くさいので、営業担当の方の説明や資料を参考にして依頼すると思います。(36歳/男性/会社員)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事