リフォーム

どんなリフォームをしたい?

リフォーム

ハイライト

  • 家全体のリフォームより、部分的なリフォームに興味があるか聞いてみた。
  • 8割弱の人が部分的なリフォームに興味があると回答した。
  • 全体のリフォームに金銭的時間的なハードルを感じているようだ。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

リフォーム

昨今、リフォームによって住環境が多様化しています。

物件を購入する際は必ずしも新築ではなく自分にピッタリの中古物件を購入したり、中古物件を購入して自分にあったリフォームを行ったり、様々なスタイルがあります。すでに住んでいる物件に関しても、古くなった部分を修復したり、ライフスタイルの変化に伴ってリフォームを行うことで自分に合った住環境を手に入れることができます。

リフォームによって、選択肢が広がると言えますが、実際のところどのようなリフォームに興味を持っているのでしょうか?アンケートをとってみました。

質問と回答は下記の通りです。

全体のリフォームに対して金銭的、時間的にハードルを感じている方が多くいらっしゃるようです。

家全体のリフォームより、部分的なリフォームに興味がありますか?
・はい:79%
・いいえ:21%

アンケート結果を見ると、家全体のリフォームよりも部分的なリフォームに興味を持っている人が多いことがわかりました。部分的なリフォームに興味がある方の中には、

「家全体のリフォームをするとなると、考えておかなければいけないことがありすぎて、すべてに手が回らずに「こうしたら良かった」と思うことが多いです。部分的にリフォームしていけば、家族と納得がいくまで相談できるので、そちらを選びたいと思います。」
「家全体をするとなると膨大な費用がかかるので、するならばどうしても気になる部分だけをリフォームしたいので。」
「家全体を一度にリフォームするのもいいですが、少しずつリフォームして行く方が金銭面的に楽なような感じがするからです。」

といった意見があり、部分的にリフォームしたいという方よりも家全体のリフォームに対して金銭的、時間的にハードルを感じている方が多くいらっしゃるようです。


一方、家全体のリフォームに興味ある方の意見には下記のような意見がありました。「少しずつ部分的にやるより、一気に家全体のリフォームをした方が達成感があると思うから。」というように、どうせなら一気に変えたいといった気持ちを持っている意見が多く見受けられました。

また、
「直すなら、一気に全部直したいです。でないとちぐはぐになってしまいそうです。」
「場合にもよりますが、どちらかというと家全体のバランスを見ながらリフォームしていきたいです。部分リフォームを繰り返す家で素敵な家を見たことがありません。」
といったように、長期的に考えたときのことを懸念する意見もありました。


リフォームは理想の住空間を手に入れるための手段の一つとして非常に有効である反面、その規模も幅広いので、どのようにどこまでやるべきか?ということを悩むこともあるかもしれません。

金銭的、時間的な問題はもちろんですが、長期的な視点で検討することが大切かもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年7月1日~7月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 全体をやる予算もないので、不便と感じる部分だけを手軽にリフォームしたい。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 段差や壁の色など、自分は家の一部分が気になるので、全体のリフォームにはあまり興味がないです。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 家全体をリフォームしなくても、キッチンや風呂場、トイレなどをリフォームしてきれいにするだけでも新築の家のようになると思うので。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分としては、リフォームは必要な箇所を最低限度の設備と費用で行えば足りると考えている。(52歳/男性/会社員)
  • 水回りやキッチン等、使用頻度が高い場所は他の所より傷みやすいので、年数が建ってきたらリフォームしたいと思うためです。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自宅はマンションですが、間取りには特に不満がなく、キッチンやユニットバスや洗面化粧台などの水周りの設備は新しくできると良いなあ、と思います。(54歳/男性/会社員)
  • 家全体のリフォームは金額的にもなかなか手が出しにくいし、水回りと電気工事以外なら日曜大工でこつこつ自分でやるという手もあるため。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • マンションなので、内装以外自由に出来ません。勿論内装も事前に許可が必要です。また、現在リフォームしたい場所が一部分と言うのも理由です。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 生活していく途中で、部分的に不便を感じることが多いので、全体的なリフォームより、部分的に少しずつリフォームしたい(43歳/女性/無職)
  • 壁紙やキッチンのリフォームなど金銭的な理由でも部分だけのリフォームで十分の可能性もあるから(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今の自分の部屋があまり自分の好みではないため、好みに合わせて変えたいと考えているからです。(45歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 部分的なリフォームの場合、比較的手ごろな価格で行うことができ、住宅内で不満に感じている部分のみ改善を行うといったことが可能だからです。(33歳/男性/学生)
  • 全体の住み替えは金額が発生するため、改善が必要な部分的なリフォームを実施したいので。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 家全体だとコストも時間もかかりますし、きりがないので、部分的に行いたい。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 台所のガス台が古い型のままなので、できればその部分だけリフォームできたらと思った事はあります。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 水回りや収納スペースなどの日数もそれほどかからない、手軽に始めることができるリフォームに興味があります。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 家全体をリフォームするには金銭的に余裕がないとできない気がします、不具合が出た所、不便を感じる所、その都度リフォームするという選択が良いと考えています。(46歳/女性/無職)
  • 家自体は大変だけど、一部づつ着実にリフレッシュしていくのって気持ちいいかも。(50歳/女性/パートアルバイト)
  • とりあえず全体をやるとお金がかかるので少しずつ悪くなったところからやっていきたい(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • キッチンやお風呂など部分的なリフォームをする事で快適に暮らせる場合もあると思います。家全体となると費用もかかると思います。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家全体をリフォームする金銭的余裕がないので、傷んでいる箇所のみをリフォームしたいです。(45歳/男性/会社員)
  • 興味というより現実的ですね。部分的なリフォームだけでも空間はずいぶん変わりますし満足感は十分得られると思います。(34歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 予算の問題もありますので、どうしてもリフォームしておきたい場合だけにします。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 浴室やトイレなど、水周りの場所は他の部屋に比べて劣化するのが早いと思うからです。そういった場所だけをリフォームするのはありだと思います。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実家が1世帯住居でかなり広いので、2世帯になるように部分的にリフォームできたらと考えたことはあります。(42歳/男性/その他専門職)
  • どちらにも興味あります。いまの家に不満はないけれど、もっとオシャレにしたい願望はあります。(21歳/女性/専業主婦主夫)
  • 土台や柱など躯体がしっかりしているのであれば、キッチンやお風呂場など傷みやすい水回りだけのリフォームは「あり」だと思います。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • ドアや内装が変わるだけでも、十分家の雰囲気は変えられる。使えるものは使えばいいと思う。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家全体のリフォームは現状では金銭的に無理なので、リフォームが必要になっている部分から少しずつやりたいと思っています。自分でできればいいなとも思いますのでやり方などにも興味があります。(31歳/女性/パートアルバイト)
  • 家全体リフォームするとなると、どのくらい費用がかかるか見当も付かないので。必要な箇所だけでいいと思う。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • お試し感覚でできそうなので、興味があります。価格も抑えれるのもメリットだと思います。(28歳/男性/会社員)
  • まだ建築して2年くらいしか経っていませんが、既にお風呂が変色している為、部分的なリフォームの方が興味があります。(40歳/女性/会社員)
  • 現在居住している家屋が老朽化や、子供が増えた、同居の両親が老齢になったなど生活内容が劇的に変化した場合なら全体的なリフォームを考えると思うがそうでないないなら、最も快適性を求める部分をリフォームすると思う。資金的な部分から考えても。(46歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 部分を改良していくのがリフォームだと思っています。全体を変えるのなら新築を建てたいです。(24歳/女性/学生)
  • 全体的なリフォームは資金的にもスケジュール的にも難しいので、気になる所から少しずつリフォームしていきたい。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 毎日料理をするのでキッチン回りを変えてもっと使いやすい場所にしたいと思う(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 部分的なリフォームをした方が後々リフォームしたい所が出ても二重の出費にならないと思うので、部分的なリフォームの方が興味があります。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • ゆくゆくはマンションに住みたいので、全部をリフォームすることは考えていません。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 気になる部分だけを部分的にリフォームする方が、安上がりそうだから。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • できるだけ現存の家自体は残したいと考えているのと、費用を安く抑えたいからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 一番は簡単に行うことが出来ると言う面で、やり易いからです。又、費用もあまり、掛からないのでやりたいです。(30歳/女性/無職)
  • 家全体のリフォームには費用がかかりすぎるし、傷んでくる度合いも部分部分で違うと思うので、その都度リフォームするのがよいです。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 築年数の新しい物件に住んでいるので、今のところ家全体をリフォームする必要はないのですが、気になるところや、使い勝手の悪いところの部分的なリフォームには興味があります。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家全体には不満は無いですが水回り(風呂・キッチン等)が不便です。建てる前の考えより実際使い始めると細かい事(キッチン台の高さ、コンロの位置、浴槽の大きさ等)が使いにくくストレスが溜まります。建てる前と後ではこちらの生活環境や健康状態が変わったこともあり細かな改築ができるのがベストでしょう。(51歳/女性/専業主婦主夫)
  • 部分的なリフォームになるかどうかわかりませんが正直なところ浴室や脱衣室がほしいなあとは思います。それ以外には文句はありませんが、銭湯行くのがきついときはあります。(37歳/男性/その他専門職)
  • 我が家では、子供が成長し、ひとつの部屋しかないためひとつの部屋をしきりたいと思っています。部分的に壁を作ってほしいです。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家全体というとリフォームというより建て替えのイメージ。古くなったり、使いやすくするために部分的なリフォームで十分対応できる。(56歳/男性/会社員)
  • 家全体出来ればよいのだけれども、少しずつ部分的にじっくり考えながら一つ一つやって行きたい。(48歳/女性/無職)
  • 家全体をリフォームするより、痛んだ箇所などを中心とした、部分的なリフォームには興味があります。また、部分的なリフォームをすることで、出費は必要最小限に抑えながら、家を長持ちさせることが出来たらと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 既に我が家はリフォーム済みなので、これから考えるのであれば、金銭的なこともふまえて、部分的に、現在十分ではない場所をリフォームしたいです。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 必要なときに必要な分だけやる方が資金的にも計画を立てやすい。(35歳/女性/学生)
  • 家全体を一度にリフォームするのもいいですが、少しずつリフォームして行く方が金銭面的に楽なような感じがするからです。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  •  気になっているところが小さいので、部分的なリフォームで十分です。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 年々、全体的に老化していくが部分的に急速な老化もあると思うので、そういった部分だけを直していきたい。金銭面的にもその方がいっぺんにかからない。(21歳/女性/学生)
  • キッチンの使い勝手をもう少し良くしたいと思っています。特にシンクの高さ調節や、収納が増やせれば便利です。(27歳/女性/無職)
  • 自分が生活していて不便を感じるところは必ず出てくると思います。なので全体はしなくてもいいけれど、ここだけはしたいという部分的なリフォームには興味があります。(50歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自宅はすむ人の年代や人数によって、快適な形態が変化すると思うので、例えば寝室を和室から溶質にするなど、部分的に少しずつリフォームして住み易くしていくのが良いと思います。(36歳/女性/会社員)
  • 家全体のリフォームをするとなると、考えておかなければいけないことがありすぎて、すべてに手が回らずに「こうしたら良かった」と思うことが多いです。部分的にリフォームしていけば、家族と納得がいくまで相談できるので、そちらを選びたいと思います。(36歳/女性/無職)
  • 住み始めるとここをもっとこうしたほうがいいなというのが出てくるので、とても興味があります。(38歳/女性/無職)
  • 新築で自由設計の家を1年前に建てたけれど、ほとんどデザイナーさんと主人のの意見に流されてしまいました。デザイン重視の設計なので、収納場所が極端に少なくいつもどこかの部屋が物置のようになってしまいます。出来ることなら、各部屋に大きな収納場所と小屋裏収納をリフォームでなんとかしたいです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家全体をリフォームするのは金額も大きくなるしその間過ごすのが大変そう。部分によっていた見方も違うだろうし、傷んでいるところを徐々にリフォームしていく方が良い気がする。(28歳/女性/会社員)
  • 家全体をするとなると膨大な費用がかかるので、するならばどうしても気になる部分だけをリフォームしたいので。(30歳/女性/会社員)
  • 家全体のリフォームをするぐらいなら、建て替えを考えるので、リフォームは部分リフォームしかやりません。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 住居年数が長くなるにつれて、特に水周りの汚れが目立つので部分的なリフォームにとても興味があります。(39歳/女性/会社員)
  • やはり水回りは早く寿命がきそうなので、まずは部分的なリフォームが必要だと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 全体をするとどうしても金額がかさむので、気になっている所から少しずつしていきたい。(38歳/女性/会社員)
  • 家全体というと費用が掛かり過ぎると思うので、予算上、気になる所だけのリフォームならできると思います。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家の全ての設備が同時に傷む訳ではないので、部分的なリフォームを検討することのほうが多いと思うからです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • キッチンやバスルームなどの設備は、性能が良いものが次々と出てくるので生活を豊かにするために導入したいため。また家全体をリフォームするよりコストが安く、動き出しやすいと感じる。(28歳/男性/会社員)
  • いろいろな家のパーツをそのつど住みやすい方向へと変えていくことは必要だと思っているので、部分的なリフォームに興味があります。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 家全体をリフォームするには金銭的な余裕がありませんが、一部分なら直してみたいからです。(65歳/女性/パートアルバイト)
  • 大変あります。スロープにしたい、段差をなくしたいなどたくさんあります。(48歳/女性/無職)
  • 全体だと費用もかかりますし、余程古くなければ全体的なリフォームも必要ではないのでは。まず10年位を目途に水回りの部分的なリフォームをしたいなあと思ってます。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • マンションの内部のリフォームを考えています。子供が巣立ち、空き部屋に成った部屋を書斎に変更したく準備中です。(68歳/男性/無職)
  • 部分的なリフォームには興味があります。劣化の激しい部分だけをリフォームすれば生活には支障がないですから。全体をリフォームするとそれだけ費用もかかってしまいますし。(40歳/男性/無職)
  • 家全体としては特に大幅に変える必要性は感じません。寒暖差を抑えたり、バリアフリーのような部分的なリフォームをしたいと思います。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • いろいろな箇所がいっぺんにリフォームが必要になるわけではないので部分的なリフォームは必要だと思う。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今はトイレをきれいにしたくて部分的にしるしをつけました。しかし、老朽化によって家の見えない部分がかびてきたら、全体のリフォームを考えます。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 不便になった部分的なリフォームをしたほうが、安くすむと思うから。(37歳/女性/パートアルバイト)

【いいえ】

  • お金があれば、家全体をリフォームしたい。部分もリフォームしたいところもあるが、お金を掛けてやるほどでもない。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 窓を二重サッシにしたり、トイレをタンクレスにしたりして掃除がらくにできるようにしたいので、全体をきれいにすることはあまり興味がないです。(45歳/女性/その他専門職)
  • 予算があれば家全体をリフォームして新築同様にしたいので、部分的なもの全部を含めた全体に興味があります。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームをするのであれば、家全体をリフォームしたいと思います。(36歳/女性/会社員)
  • せっかくリフォームするならば今までと違った雰囲気にしたいので、全体的にやりたいと思います。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 痛みの大きいところとそうでないところ、現状のままで使えるところ変えたい所がそれぞれにあるので、必要な部分だけリフォームします。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際、数年後に家全体のリフォームを考えている為、かなり興味があります。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 直すなら、一気に全部直したいです。でないとちぐはぐになってしまいそうです。(43歳/女性/会社員)
  • 今、使いにくいところをよりよいものにしてい部分的なリフォームの方がいいなと思いました。(27歳/女性/会社員)
  • 部分的リフォームの失敗例が実家である。これでは何が有っても壊れる家である(46歳/女性/無職)
  • 賃貸に住んでいるので、リフォームを視野にいれたことがありません。(32歳/女性/会社員)
  • どうせリフォームするなら全体をしてしまった方が合理的だと思う。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 場合にもよりますが、どちらかというと家全体のバランスを見ながらリフォームしていきたいです。部分リフォームを繰り返す家で素敵な家を見たことがありません。(44歳/女性/契約派遣社員)
  • どうせリフォームしてしまうなら、一度に全部したほうが何かと効率がいいし、金額的にも後々楽だから。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • どうせリフォームするなら、一度に家全体をしたほうが料金的にも安くなると思うので、部分的より家全体をリフォームします。(37歳/女性/学生)
  • どうせリフォームするのならば、家全体をリフォームしたいと思うからです。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • お金はかかりますが、やはり全体をリフォームした方が、気持ちが切り替わると思います。(26歳/女性/会社員)
  • 予算的なことを考えなくても良いのなら、どうせリフォームするなら全体をリフォームしてきれいな状態になる方がいいです。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 少しずつ部分的にやるより、一気に家全体のリフォームをした方が達成感があると思うから。(43歳/女性/無職)
  • 継ぎ接ぎのようで嫌です。古い場所に新しいものをとってつけたような見た目がかっこ悪いと思います。(29歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家全体のリフォームはお金もかかるし、多大な労力が必要になると思いますが、部分的なリフォームだとバランスが悪くなるような気がします。特に古い家だと新しくした部分との差がより明確になると思います。するなら全部がいいです。(46歳/女性/会社員)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼リフォーム済・リノベーションのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

リフォーム済・リノベーションの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事