借りる

賃貸に住んでいる人必見!原状回復の現実

賃貸

ハイライト

  • 賃貸住宅で原状回復費用を気にしながら生活しているかアンケートをとった。
  • 7割以上の人がはいと答え、借りているものであるという認識を持っていた。
  • 日頃からお部屋をキレイに使っているとお金を無駄にしないで済むかもしれない。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
GOTO不動産キャンペーン

賃貸

自身で購入した家やマンションならばさほど汚れや傷は許せますが、賃貸物件のアパートやマンションに生活している場合壁や床の汚れにはかなり気を遣うことになるでしょう。退去時に余計なお金を支払わずに済むように日々の生活でしっかりと気をつけておく必要があります。

一般的には敷金を支払っていれば原状回復費用はそれほど請求されないものですが、契約や修繕箇所などによっては敷金だけでは足りないものも出てくる場合があり、日頃から注意することもありそうです。

今回のアンケートでは賃貸物件に入居している時の原状回復費について意見を集めました。是非参考にしてみてください。

質問内容と回答は次のようになりました。

賃貸物件に入居している際、退去時の原状回復費用を気にしながら生活していますか?

賃貸物件に入居している際、退去時の原状回復費用を気にしながら生活していますか?
・はい:75%
・いいえ:25%

【借り物は大切に使うという思いが大切】

原状回復費用を気にしながら生活していると答えた人の多くは、お部屋を借りているということを考えて壁や床を特に傷つけないようにしているという意見がありました。

「家賃を払っていれば何でもありではないと思う。入居者としては当然だと思う。」
「汚さないように、壊さないように、気を付けながら生活するべきだと思う。自分の家ではなく、借り物ですから。」
「壁紙など簡単に修復できるものは良いですが、床や棚など簡単に修復できないものは気を遣っています。」

賃貸物件は借りているものであるという認識を持っているという意見が多く、できるだけ汚さないように気をつけている人が多いようでした。


【契約によっては敷金だけで足りる場合も】

原状回復費用を気にせずに生活している人の多くは、既に支払っている敷金をあてにしているという意見が多くありました。

「入居時に敷金を払っていたので、敷金の範囲内で修繕してもらいました。たまに敷金が返金されることもあるので、特には気にしてません。」
「退去時に壁紙などを新しくするための費用を敷金から引かれる契約になっているので、気にせず使用しています。」

敷金の範囲内でおさまるような壁紙や床の多少の傷などは気にしなくてもよいようです。しかし、ドアや壁を壊してしまうとその分修繕費用がかさんでしまうため注意しているという意見もありました。


いかがでしたか。

賃貸物件は借りて住んでいるということを再認識して、あまり傷をつけたり、汚したりせずに使うのが良いようです。敷金の範囲内で修復できる程度であればよいですが、普段から気をつけておかないと傷が増えてしまう場合も多いので充分に気をつけておくとよいでしょう。

また、修復にお金がかからないと敷金がかえってくる場合もあるようで、日頃からお部屋をキレイに使っているとお金を無駄にしないで済むかもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年7月1日~7月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 大きな傷はなるべくつけないように暮らしますが、日常の劣化は仕方ないのでおおらかに捉えて暮らします。(36歳/女性/自由業・フリーランス)
  • やっぱり引っ越しするときにお金がかからないように丁寧に住みます。一人暮らしだったらなおさらです。(38歳/女性/無職)
  • タバコは室内では絶対に吸わずに、カレンダーや時計も穴をあけないようにする。(43歳/女性/無職)
  • 借りている部屋は、できるだけ傷をつけないようにきれいに利用している。次に引っ越す際費用も手間もあまりかけたくはないので、入居時からほとんど状態を変えないように努めている。(35歳/女性/無職)
  • はい、気になりますね。退去するときに敷金以内でおさまらないと余分にお金が必要になってしまうので。普段からメンテナンスをしておけばその心配も多少は軽減されます。(40歳/男性/無職)
  • 人から借りているものなので、傷付けないように気をつけて生活しています。(27歳/女性/無職)
  • 少しは、気にして生活をしています。例えば、壁のよごれや、お風呂場の取れないカビなどです。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • そこまで神経使って生活はしていませんが、画鋲を使わないようにしたりはしています。(21歳/女性/専業主婦主夫)
  • 子どもがいるので壁の落書きやおもちゃによるフローリングのキズなどに注意をしている(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 過去にペット可の物件で原状回復費用のトラブルに遭い、敷金で治まらず逆に請求されたことがあるので壁に画鋲の穴すら開けないように生活しています。(42歳/女性/会社員)
  • 賃貸は、自分の物でない物件ですから、原状回復費用をとられないように、部屋を汚したり傷つけないように気を使って住んでいます。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 賃貸であるため、借りているということを頭に入れて日常生活を過ごしています。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • できるだけ無駄な出費は抑えたいので、原状回復費用を請求されない程度にあまり汚さずに住むようにしています。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 壁や床に傷がつかないようには気にしている。椅子や机の脚の下にはクッション材をつけている。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 以前住んでいたアパートは画鋲も刺さない、タバコは換気扇の下で…。とにかく気を付けて過ごしていました。お陰で退去時は「キレイですね」と褒められました。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • 生活していく上でやむを得ない分については支払い義務はないそうだけれども、その「やむを得ない」のがどのようなものかがわからないので。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家具の置き跡は仕方ないですが、壁に画鋲などの穴を開けない、換気扇の下のみタバコを吸って良い程度の配慮はしています。その他元々綺麗好きなので水周りも常に綺麗にしています。(29歳/女性/専業主婦主夫)
  • 画びょうを一つさすにも気を使っていますが、床などはやっぱり傷がつきます。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 出て行く時に大金を払いたくないので、壁などに穴や汚れが着かないように生活している。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 勿論、借りている身であることは忘れずに、自宅とは違うと頭の隅に入れています。(24歳/女性/学生)
  • 壁に何かを貼るときも穴を開けない、傷をつけない、煙草は壁が汚れるからベランダで。常に借り物だという意識で住んでいました。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 壁にピンをさしただけで何万もとられたので、賃貸物件に入居する機会があったら、できるだけ汚さずに退去したいです。(40歳/女性/会社員)
  • 余計なお金はかけたくないので、常に考えています。しかし、経験上敷金は戻ってこないことは分かっています。(50歳/男性/会社員)
  • 退去後のリフォーム代がなるべくかからないように、壁紙や床を汚したり、画鋲で壁に穴をあけたりしないように気をつけて生活しています。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 引っ越しが多くなると、やはり費用がかさむので気にします。なるべく現状維持出来るようにしています。長く住んでいればそう思わないと思います。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • なるべく綺麗に使って、余計なお金がかからないようにはしたいです。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • 常に気にしている。入居してから長いので汚くなっていて当然だがやはり退去時にいくら払うことになるか不安な気持ちで暮らしている。退去前には大掃除をする。(33歳/女性/パートアルバイト)
  • お金が掛かる引越しの際に、余計な支払いはしたくないので、極力奇麗に保つ様心掛けている。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今後の出費を抑えるため、壁や床に傷をつけないようにしています。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • やはり借りている立場なので、なるべくきれいに生活しようとは思います。費用のことを考えて生活するというよりは自分が貸すとしたらやはりそうして欲しいので。(44歳/女性/契約派遣社員)
  • 最低限の汚れなどは仕方ないにしても、大きな傷や汚れが付かないようには気を付けて生活している。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実家が持ち家だったため、どの程度のシミや傷で原状回復が必要になるかが見当もつかないため、とても気になります。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • もちろんです。家賃などのお金は払っているにせよ、お借りしている物件ですし、退去時に高額を請求されるのもいやなので。(31歳/女性/パートアルバイト)
  • なるべくタバコは換気扇や、ベランダなどで吸うなど、小さいことですが意識はしています。(26歳/女性/会社員)
  • 普通に生活している限り費用はかからないものだが、壁には画鋲などを使わないようにしている。(35歳/女性/学生)
  • たばこを吸わない、重い家具や冷蔵庫には下敷きを敷くなどかなり気にして生活を送っています。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 常に綺麗にして生活をしているので、ストレスが貯まります。出来れば、少ない費用で退去したいですね。(46歳/女性/会社員)
  • 以前住んでいた賃貸マンションを退去する際、原状回復費として約7万円を請求されました。床にこぼした醤油の染みがとれず、床全面を取り換える必要があるとのことでした。賃貸物件に住む際は十分気を付けたほうが良い、という教訓になる出来事でした。(27歳/女性/会社員)
  • 間違いなく有りました。特に子供がいると気を使いますが、子供に言えず、腹を括って暮らしていました。(68歳/男性/無職)
  • 気にはなりますが、やはり生活していく中で損傷は避けられないと思います(32歳/女性/無職)
  • どの程度の汚れなどから、いくらくらい掛かるのかが分からなかった分そうしていました。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 室内でタバコを吸わない、壁に押しピン等をささないといったことに気をつけて暮らしています。退出時に余計なお金を払いたくありませんので。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分の家ではないので、汚したり傷つけたりしたらいけないという思いがあります。壁紙など簡単に修復できるものは良いですが、床や棚などの簡単に修復できないものは傷つけないよう気を遣っています。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 現在賃貸物件ではないので、想像ですが、傷つけないように生活すると思います。(43歳/女性/会社員)
  • とても気になりますが、生活していれば、どうしても汚れますから諦めています。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 猫を飼っているので、壁で爪研ぎしないようにさせたり、恋人がタバコを吸うので、家の中では吸わないようにしてもらったり、できる限り汚さないように考えています。(27歳/女性/学生)
  • お金の事に関してはうるさい私は原状回復費用のことにはすごくきにしています。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 退去時に余計な費用がかかるのは嫌だったし、敷金から引かれたりするのも嫌だったので、壁に傷などつけないように気を使っていた。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • お借りして生活していると考え住んでいました、カレンダーなど壁にかける際も穴を開けないよう工夫したり、なるべく物を置かない増やさないよう気を付けていました。(46歳/女性/無職)
  • もともと掃除好きですので、部屋がものすごい汚れるということ自体ないですが、費用はかからないにこしたことはないので、一応気にはしています。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 以前、退去時に現状回復の費用をとてもたくさん請求されたので、気にして使用しています。子どもがいるので、壊れてしまっているところもありますが、なるべく綺麗に使おうとしていて、結構気疲れします。(36歳/女性/会社員)
  • 今まで現状回復費用で敷金が戻ってこなかったので、今住んでいる所は気をつけながら生活しています。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • よく、なんだかんだで敷金が戻ってこないと聞くので、どうしても気になってしまいます。(50歳/女性/パートアルバイト)
  • 一度敷金をリフォーム代でほとんど取られてから次に住んだところではかなり気にして生活しました(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 原状回復費用は、かなり高い額を請求されることもあると聞いたからです。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • もちろんです。汚さないように、壊さないように、気を付けながら生活するべきだと思う。自分の家ではなく、借り物ですから。(35歳/女性/会社員)
  • やっぱり、タンスの跡とかついてしまうと、やってしまったと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 退去するとき、引っ越し代金もかかるし、たくさんお金がかかると困るから。(33歳/女性/パートアルバイト)
  • 現在賃貸物件に入居していますが、退去する際に敷金以外に原状回復費用を払いたくないので、常に退去時の原状回復費が嵩まない事を念頭においてインテリアを購入したり、物を置いたりしていますし、傷をつけないように注意をはらって生活しています。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 何事も消耗するものに対してお金を払う額は低い方がいいので、気にして生活します。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 退去時に支払いが多くなると、とても負担になるので、賃貸はとても気にして過ごしています。子供がいるので、特に気になります。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 次の引っ越しが決まっているので、住む期間が短いほど退去時の事を考えます。ちょっと気をつける事で無駄なお金がかからないなら、その方が良いに決まってます。(46歳/女性/無職)
  • 以前賃貸で原状回復費用を取られたことがあるので、目立った傷や汚れはつけないように気にしています。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • そこまで神経質になっているわけではないけど、退去時に請求が来たら嫌なので押ピンはなるべく使わない(少なく)、床を傷つけない様に家具は擦らない、などは気を付けている。(28歳/女性/会社員)
  • 入居者としては当然だと思う。家賃を払っていれば何でもありではないと思うし、故意過失部分の破損・汚損は弁償してくださいと説明を受けた。(52歳/男性/会社員)
  • できるだけ、汚さないように、壁にきずを付けないように暮らしていました。まったくきれいな状態で維持できました。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 賃貸物件に入居するという事は、いずれは退去する事になる訳ですし綺麗に使用することで節約となる可能性が高いからです。(45歳/男性/会社員)
  • 以前住んでいたマンションで、原状回復費名目で敷金からかなり引かれてしまったので、気にしながら生活するようになってしまいました。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • もともとあまりものに傷をつけたり壊したりするのが好きではないので、費用もかかるとなればなおさら気にします。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • なるべく、壁などに傷をつけないよう、また、フローリングを傷めないよう、気を付けています。(42歳/男性/その他専門職)
  • もちろん気にしています。フローリング等も傷がつかないよう、日常的に人が行き来する場所には全てカーペットやマットを敷いています。(44歳/女性/会社員)
  • ペット(犬)を飼っているので、ドアや壁を爪で引っかいたりした時に気になります。普通の暮らしで多少汚れたりするのはあまり気にしませんが、設備を新しく入れ替えたりした時には少し気にします。(31歳/女性/会社員)
  • もちろん気にします。無駄なお金は取られたくないので、壁に穴も空けないですし、傷つけないように気をつけます。(34歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 小さい子がいるので、壁や床には気を付けていますがいくつか傷がついてしまっています。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 出るときに余分なお金がかからないようにタバコは外で吸うなど、気を付けている。(28歳/男性/会社員)

【いいえ】

  • なるべく傷をつけないようには気をつけているつもりですが生活していくと減価償却の部分もあるので仕方がないと考えます。敷金など戻ってこない事がほとんどなので気にしないようにしています。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 通常の使用での経年劣化を考慮しない家主に請求されたら、弁護士事務所に相談します。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 東京の賃貸の方式なら恐ろしいが、いかんせん関西なのでさほど気にしない(46歳/女性/無職)
  • 最初は気にして綺麗に使っていたが時が経つにつれて忘れていたから。(36歳/女性/パートアルバイト)
  • そんなことを気にしていたら生活はできないので、多少は気にすることはありますがそこまで深くは気にしないです。(30歳/女性/会社員)
  • 退去時の原状回復費用をそんなに考えたりはしないけど、壁とかに傷をあまりつけないようにはするとは思います。(27歳/女性/会社員)
  • 子供がいるので、あちこち汚したり壊したりするのは仕方ないと諦めています。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 多少気はつけているつもりでも、うっかりがあるのでそこまで気にして生活していない。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 気にしすぎもあまり良くはないので、気にしないでゆったりと生活をしています。(21歳/女性/学生)
  • 普段はほとんど考えることはない。大きな家具を買ったり、大掃除をするときにはちょっと気になる。(56歳/女性/契約派遣社員)
  • 床や壁の傷など気にしてます。退去時に費用がかさむと怖いので。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 退去時のことを気にしながら生活するのは、日々の暮らしが楽しくなくなります。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 退去時に壁紙などを新しくするための費用を敷金から引かれる契約になっているので、気にせず使用しています。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • 生活している時には、退去時の時のことまで、あまり気にしないで生活しています。(56歳/女性/無職)
  • 以前賃貸に住んでいた時に、入居時に敷金を払っていたので、壁や扉を壊さない限り敷金の範囲内で修繕してもらいました。たまに敷金が返金される事もあるので、特には気にしてません。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 小さい子供がいるので、いちいち気にしていられません。ふすまや障子に穴はあくし、壁に落書きされたのを必死に落としたりはしていますが、最終的にお金がかかるのはもう覚悟しています。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • それほど、高額になるとは思いません。そうならないために、借りる前に不動産について調べてから良心的な不動産を選びます。(30歳/女性/無職)
  •  住み始めと、引っ越しが決まってからは気にしましたが、普段は意識していませんでした。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今まさに賃貸物件に入居していますが、小さな子供が2人いるため、汚したり壊したりはある程度諦めています。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 気にしないといけないのでしょうが、現実、気にしてたら気の休まる所が無くなります。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 現在普通に住むことが出来るのであれば、それ以外とくに気にする事はありません。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • はじめは気にしながら生活していましたが、家族がタバコを吸うため気にするのをやめました。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • どんなに丁寧に使っていても、前回の転居時(退去時)に、修繕費・原状回復費として差し引かれたので、「大幅な改修」「甚大な破壊・破損」をしなければ、普通に生活していればいいとわかりました。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 普通に生活している分には大丈夫なのでそんなに気にしていない。(38歳/女性/会社員)
  • なるべく傷をつけないなど気を付けたりはしていますが、回復費用までは気にしながら生活していません。(31歳/女性/契約派遣社員)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事