リフォーム

お金がかかるリフォーム。納得いくまで話し合う?

リフォーム

ハイライト

  • 家のリフォームをする時に一番大切なのは打ち合わせかどうか聞いてみた。
  • ほとんどの人がはいと答え、理想通りにリフォームしたいという気持ちが強かった。
  • いいえと答えた人は、信頼関係を重視しているようだった。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口

リフォーム

家を建てるのと同じくらい、家のリフォームは大切なことです。

もちろん、かなりの金額がかかることですし。人生の大半をリフォームした家ですむのですから、自分の理想の空間を作り上げたいという人は少なくないでしょう。また、家を建てた当時とくらべれば住んでいる人も変わり、歳を取ったりして足腰が悪くなったりした場合にはバリアフリーを考えなければいけないこともあります。また、子どもが増えたりしたら収納スペースを増やしたり、子ども部屋を作ったりする必要もあるかもしれません。

そんな、自分の理想を業者さんに理解してもらうためにはどうすればいいでしょうか。

実際にリフォームをした人にアンケートをとってみました。

家のリフォームをする時に一番大切なのは、打ち合わせ?

家のリフォームをする時に一番大切なのは、打ち合わせ?
・はい:95%
・いいえ:5%

【大事なリフォームでどんな打ち合わせをしたか】
大事な家のリフォームでしっかりと業者さんと話しあうことはかなり重要みたいです。

「完全におまかせしてしまうと、自分の思い描いていたイメージと違った仕上がりになりそうなので。細かいことまでしっかり打ち合わせました。リフォーム後に住むのは自分ですから、自分が納得した仕上がりが大事です」
「リフォームする際のイメージ、色、材質等は実物を見ながら確認することが重要だから」

リフォームする家に対してこだわりがある場合は、使われる材質にも気になるようです。
また、アンケートの結果から自分の理想通りのリフォームをしたいという思いが強いようです。


【専門的な知識に任せるという選択肢】
アンケートで「打ち合わせをしなかった」という人にはそれなりの理由があるようです。

「打ち合わせも大切だが、使いやすい間取りや、新しい情報など専門知識をもってアドバイスしてくれる人が必要だと思う」
「もっとも重視するのは、信頼できる業者かどうかであると考えます。打ち合わせは2番目です」
「打合せも大切ですが。自分の理想のリフォームをしてくれるかの方が重要だからです」

業者さんにしか分からないアドバイスを聞くというの使いやすい家にするためには必要なようです。また、実際にリフォームをするのは業者さんなので信頼関係を重視するという回答もありました。


アンケート回答に多かったのはやはり、リフォーム業者としっかりと話し合うという方が多かったです。

確かにリフォーム業者としっかり打ち合わせをすることは理想のリフォームには必要ですし、リフォーム業者に全然違う金額を請求されたり、理想とかけ離れたリフォームにならないためにも自分が納得いくまで話しあうと言う人が多いようです。

しかし、リフォーム業者と打ち合わせしない人はリフォームする人との信頼関係を重視している人も少数ですがいました。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年7月1日~7月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • リホームをする場合、家の何処をどのようにリホームしたいかをみんなで共有することが大切だと思うから。(32歳/男性/契約派遣社員)
  • こちらの意見をしっかり業者側に伝える為にも、打ち合わせはとても重要な事だと思います。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 業者と十分な打ち合わせを行って意思疎通を図ることで、自分の希望をしっかりと伝えることができ、より納得のいく仕上がりにしてもらうことができると感じるからです。(33歳/男性/学生)
  • リフォームの詳細については何度も打ち合わせしないと伝わらないと思うから。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家を建てる時もそうでしたがお互いきちんと打ち合わせをするべきだと思います。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家のリフォームで一番大切なのは、リフォーム図面を打ち合わせすることで無理な資金費用を捻出しないからです。(39歳/女性/会社員)
  • 打ち合わせをしっかりすることによってミスのない仕上がりができると思うので、打ち合わせは大切だと思います。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • しっかりとイメージを伝えきるためには打ち合わせは最も大切だと思います。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • リフォームするにしてもなんにしても、基本の打ち合わせがうまくいかなくてはなにも始まらないと思ったからです。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 金額的なことも含め、十分な打ち合わせをすることで業者との信頼関係ができあがり、リフォームの成功につながると思います。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • 自分の理想や希望と実際の相違が起きないように、トラブル回避の意味でもしっかり打ち合わせをするべきだと思います。(30歳/女性/会社員)
  • 施工の技術ももちろん大切ですが、完成したものが、自分のイメージと違うものではお話にならないので、事前打ち合わせは重要です。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • どうしたいのかをしっかりと確実に伝える機会はここですから。後からでは、やり直しがききません。(30歳/女性/無職)
  • どのようにリフォームをしたいのか伝えられなければ、自分の思うようにはできないので、打ち合わせはとても大切だと思います。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームする際には、一番大切なのは打ち合わせだと思います。どんな風にリフォームしたいのかしっかり伝える必要があるからです。イメージに近づけるためには、納得行くまで打ち合わせをするべきです。(47歳/女性/専業主婦主夫)
  • 工事が終わってから「イメージと違った」ということがないよう、打ち合わせは大事だと思います。(27歳/女性/無職)
  • 打ち合わせはとても重要だと思います。何度やってもいいくらいです。あとで話が違うとなるのが一番大変です。(38歳/女性/無職)
  • 専門の業者にリフォームを発注するのであれば、工事を始める前にきちんと打ち合わせをして、納得のいくリフォーム内容であるかを確認しておくことが必要だと思うから。(35歳/女性/無職)
  • 自分のプランを業者に説明し、それに対する見積を頂きます。契約前の内容確認打ち合わせは一番大切なことで有ります。(68歳/男性/無職)
  • 自分の要望をリフォーム業者に伝えないと満足のいくリフォーム工事はできないと思います。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • それぞれに違うアイディアがあるときに、それを共通の者にしておかなければ、後のトラブルになりかねない。(24歳/女性/学生)
  • 限られた予算でいかに良いリフォームをするかを考えれば、絶対に譲れない条件と妥協できる条件をしっかり打ち合わせすることが重要だと思う。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 素人が言葉で色々表現するのは難しいと思うので、私たちの言葉を形に表現してくれる打合せは大切だと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分がずっと過ごす家だし、工事をしてしまったら元には戻せないので、しっかりと打ち合わせをして希望を伝え理解しあうことが重要だと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 何度も担当してくれる人と話し合って、自分の希望しているものを理解してもらった方がよりよいものができると思うので、話し合いは大切だと思います。(27歳/女性/会社員)
  • 打ち合わせを丁寧に何度も重ねることは大事ですが、その要望がきちんと通っているか、こまめにチェックをするのも大切だと思います。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 両親が家のリフォームをした時に、十分に話し合わずに業者に任せた結果、当初の見積もりよりも費用が多くかかった。十分に話し合って決めなかったせいだと思うので、打ち合わせは大事だと思う。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 十分に話し合っている方が納得が出来る。打ち合わせの時間を取る業者は、意見を聞いてくれる業者だと思う。(35歳/女性/学生)
  • しっかりとした打ち合わせをしないと、業者のいいようにされてしまうと思うから。(43歳/女性/無職)
  • じっくり打ち合わせしないと思います。思っていたのとは違うことが起こっては直すのに大変ですから。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • きちんと打ち合わせしないと、リフォーム途中の段階で両者に食い違いが出てきてお互いに不愉快な思いをすると思うので、きちんと打ち合わせすることは大切だと思います。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームは自分が希望する場所の修正になるので、打ち合わせは重要です。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • リフォームと言っても、家を新築するのとほぼ同じ考え方で取り組むべきだと思うから。時間をかけてじっくり打合せするべきだと思う。(35歳/女性/会社員)
  • こちらの考えがしっかり業者に伝わっていないと、あとで戻せなくなってからでは遅いから。もちろん家族間でもしっかり打ち合わせをして意見をまとめておくことが大事だと思う。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家を建てる時もそうですが必ず打ち合わせが大事です。この時に業者に上手く伝わるかどうかで理想の家になるかどうかだと思います。妥協してしまうとお互いにも良くないですし出来上がってから思っていたのと違いますとは言えないので。(35歳/女性/会社員)
  • 自分の意見を持たないと業者のいいなりになってしまうので、事前の打ち合わせが大事です。(45歳/男性/会社員)
  • リフォームする前に要望をしっかり伝えて、明確な料金を出してもらいたいので。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 打ち合わせをしっかりしないと細かい希望が伝わらない気がする。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 自分のリフォームイメージをどこまで実現できるかが満足につながっていくので、それをかたちにして下さる業者さんとの打ち合わせは、何よりも大事だと思っています。(38歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 自分が何が欲しいか、どうして欲しいか、こういうものがあればよいと言うのはきちんと打ち合わせしないと仕事が終わった後もめごとになる。(48歳/女性/無職)
  • 実際にリフォームしましたが、打ち合わせは大事です。作り手と、依頼側の意見の食い違いは出来上がりに影響してくるので、打ち合わせをし過ぎということはないと思います。むしろ意思確認は一番大事です。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • しっかり打ち合わせをしないと、出来あがりを見て想像と違うということが起こりそうで怖いです。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • 決して安い買い物で無いので、お互いの納得と信頼の得られるまで何度でも打ち合わせはすべきだ。(52歳/男性/会社員)
  • 緻密に打ち合わせをしなければ、思ったとおりの、理想通りのリフォームにはならないと思うからです。(29歳/女性/会社員)
  • やはり、業者との打ち合わせは絶対に大切です。デザイン、設計、価格、すべてにおいて慎重に進めるべきです。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • しっかり話し合っておかないと家ができたとき、自分の思っていた家と違うということになりそうなので。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 施工業者と意思の疎通を図っておかないと、後で取り返しがつかなくなるからです。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 新築の時もそうですが、こちらの希望や要望を明確に相手に伝える(できれば書面で)ことは、後で後悔しないためには絶対に必要だと思うので、打ち合わせは重要だと思います。(46歳/女性/契約派遣社員)
  • 打ち合わせによって、全てが決まると思うので、重要視すると思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分の好みの柄や色や形などをきちんと打ち合わせで話することによってトラブルを防ぐと考えているので1番大切だと思う(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • こちらの希望や予算をきちんと伝えたいですし、どんな風にリフォームするのかもちゃんと聞きたいからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 打ち合わせをきちんとしておかないと、リフォームの途中でうまくいかなくなりそうだから(20歳/女性/学生)
  • 一旦工事が始まると変更が効かなかったり追加料金が発生したりするからです。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • やはり施工業者との綿密な打ち合わせが、思い通りのリフォームの完成につながると思う(43歳/女性/無職)
  • やはり、リフォームをするからには、私たち自身の希望を入れてほしいので、話し合って、どんな風に変えていくかなどを話し合いたい。(21歳/女性/学生)
  • 完全におまかせしてしまうと、自分の思い描いていたイメージと違った仕上がりになりそうなので。細かいことまでしっかり打ち合わせました。リフォーム後に住むのは自分ですから、自分が納得した仕上がりが大事です。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分が、どのように、どこをリフォームしたいかを、ちゃんと伝えないとならないと思うから。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • 自分で想像しているものが言葉だけで伝わるとは思いません。あとで後悔がないように綿密な打ち合わせを面倒だけれどもしなければならないと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家族の意見がバラバラだとリフォームが進まないので話し合いは必要だと思います。(36歳/女性/会社員)
  • そうだと思います。自分の考えているイメージを施工業者にきちんと伝えないと理想通りにならない恐れがありますし、手抜き工事を避ける意味でも重要視すべき点でしょう。(40歳/男性/無職)
  • こちらの要求をきちんと伝えなければ、「将来必要かもしれないから。」という理由で、必要のないところまでリフォームすることになってしまうかもしれないから。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分が思っているものを業者さんに実現してもらうには、ちゃんとした意思疎通ができていないといけないから。(20歳/女性/学生)
  • どのようにリフォームしたいかを業者に正確に伝えるために、一番大切なのは入念な打ち合わせだと思います。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • どうしてほしいのかを明確に、的確に業者に伝えてそれを形にしてもらうためには打ち合わせが重要。(56歳/男性/会社員)
  • どこをどのように変えたいのか、しっかりと伝わらないと違うように公示されてしまう危険があるから。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 打ち合わせを綿密にしておかないと後で聞いてないなどトラブルの原因にもなると思います。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 打合せが十分でないと、考えていることがしっかり伝わっていなかったり、誤解があるまま進んでしまう可能性があり、満足のいく結果にならないかもしれないから。(28歳/女性/会社員)
  • 自分のイメージや希望をしっかりと伝えるためにも打ち合わせが重要だと思います。(44歳/女性/契約派遣社員)
  • 打合せを細かくしておかないと工事業者との工事の食い違いで、思っていたリフォームが失敗する恐れがあると思う。(34歳/男性/会社員)
  • 「どういうふうに不便だから、どう改善してほしい」という、こちらの意図を伝えることで、より実情に即した使いやすいリフォームをやってくれると思います。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームの予算や、どのようにするかなど、事前の打ち合わせは一番大事だと思います。打ち合わせを怠ると、意見が食い違っていることに気づかずにリフォームが行われ、要望と異なるものになってしまうと、結局損するのは自分ということになってしまうと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家のリフォームをする時に一番大切なのは、打ち合わせでよくシュミレーションする事と、実際の商品を見る事だと思います。(40歳/女性/会社員)
  • 打ち合わせをきちんとしていないと、大切な住まいが不便なものになる可能性があるから。(33歳/女性/パートアルバイト)
  • 打ち合わせして、納得した上で決めないと後悔してしまうから大事です。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 何をするのにも、打ち合わせは大切だと思います。コミュニケーションがうまくいかない状態でリフォームをすれば、意見の食い違いや、ミスなどにつながり結局いいものができなくなってしまいます。打ち合わせは、お互いが納得いくまで行ったほうがいいと思います。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • やはり、どのようにリフォームするかを事前に業者に伝えておくことが重要であると考えるからです。(45歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 自分の希望を十分伝えることは大切なことだと思いますので、打ち合わせは一番大切です。(56歳/女性/無職)
  • 結局こんな物ではなかったとなっても、最初にしっかり打ち合わせ不足が無いようにすれば、リスクは減る(46歳/女性/無職)
  • 打ち合わせをしっかりしていないと想像していたよりがっかりしてしまう事があるといけないから(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 打ち合わせがしっかりしていないと、イメージしたものと違うものに出来上がってしまい後悔する可能性がある為、イメージのすり合わせはとても大切なことだと思ったからです。(29歳/女性/無職)
  • 自分が思い描いているリフォーム後のイメージをきちんと実現するためには打ち合わせは重要だと思うから。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 打ち合わせでは、自分の意見だけでなく業者の意見も聞く事ができるし、価格等の詳細な部分もきっちり聞いておく必要があるからです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • しっかりお互いの意見は交換しておかないと、後から思っていたのと違うと思っても直せないことがあると思うので、打ち合わせは大切だと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • やはり、業者との打ち合わせで作業が進んで行きますから、打ち合わせはとても大切だと思います。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 後々、全然違う金額請求されても払えないし、全然違う家になっても困るし。(21歳/女性/専業主婦主夫)
  • 何度もリフォームをする手間をなくするためにも、綿密に打ち合わせをし理想の家にしたいから。(42歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 家のリフォームには、高額の費用もかかり簡単に出来ることではないのて、納得したリフォームするには、打ち合わせは大事だと思います。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • イメージを確実に形にするためには、綿密な打ち合わせが必要だと思います。(28歳/男性/会社員)
  • 夫の先輩のような人へ依頼したら、たいした打ち合わせもないまま施工され納得できない所が多く発生したため(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームする際のイメージ、色、材質等は実物を見ながら確認することが重要だから(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 住まいは大事なので、納得のいく結果が得られるようにきちんと意思疎通を図るべきだと思います。(24歳/女性/学生)
  • 自分がどのようなリフォームを希望しているかを明確に伝えることが重要ではないかと思います。(32歳/女性/会社員)
  • きちんと事前に打ち合わせをしてもリフォームの過程で、なんらかの不都合が絶対にでてくるはずです。なので打ち合わせに打ち合わせを重ねて納得のいくまで細かいところまで打ち合わせをしていった方がいいと思います。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  •  打ち合わせをしながら自分たちのビジョンも固まっていくように思います。大きな買い物になりますし、しつこいくらい確認して納得してからでないと、怖くて工事を進めてもらえません。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 意見交換をするなかで、自分の知識だけではなく専門的な知識を取り入れられるし、よりよい選択ができるとおもえるので打合せは大事だと思います。(37歳/女性/専業主婦主夫)

【いいえ】

  • 打ち合わせも大切だが、使いやすい間取りや、新しい情報など専門知識をもってアドバイスしてくれる人が必要だと思う。(38歳/女性/会社員)
  • 打合せも大切ですが、自分の理想のリフォームをしてくれるかの方が重要だからです。(33歳/男性/会社員)
  • 打ち合わせも必要ですが、ある程度業者の人におまかせするのもいいと思います。(43歳/女性/会社員)
  • 自分である程度は調べて何が必要なのかを認識していれば話し合いをする必要はほとんどないと思います。コストの面で折り合いをつけるのは大変ですが、自分の意見がないと業者のいいなりになってしまうと思います。(45歳/女性/その他専門職)
  • もっとも重視するのは、信頼できる業者かどうかであると考えます。打ち合わせは2番目です。(42歳/男性/その他専門職)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事