リフォーム

長く暮らせる家とは?

リフォーム

ハイライト

  • 暮らしが変化していく中で、将来的にリフォームは必要だと思うか聞いてみた。
  • はいと答えた人が9割以上となり、変化の中で必要と考えているようだ。
  • いいえと答えた人は、引っ越したりして対応するとの事だった。
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

リフォーム

生活していくうえで、どのような家で暮らしていくのかということもそれぞれのライフプランを考えるうえで必要なことになります。人々は、それぞれのライフプランに合わせて住居を選択します。そして場合によっては、家のリフォームを行うという選択肢も存在しているのです。

では人々は、リフォームすることに対してどのような意見を持っているのでしょうか。もしもリフォームを考えているという場合であれば、どのような箇所をリフォームしたいと考えているのかその点には人それぞれ違いがあります。その違いとは、どのような形で表れるのでしょうか。

アンケートの質問内容と結果は、下記の通りになります。

将来的にリフォームは必要だと思いますか?

将来的にリフォームは必要だと思いますか?
・はい:92%
・いいえ:8%

多くの人が感じているリフォームの必要性

アンケートの回答結果を見ると、全体の9割以上の方が将来的にリフォームは必要だと感じているという結果になりました。主な回答としては、次のような意見があげられます。

「長く住んでいたら、修繕するべき場所が出てくる」
「家族構成の変化によってリフォームするべき」
「将来的にはバリアフリーが必要」

このようにリフォームが必要だと感じている人の意見としては、長く暮らしていくことを考えた場合、リフォームが必要になってくるという意見が見られました。設備が古くなった場合のリフォームや、年齢を重ねることによってバリアフリーが必要という意見もありました。また家族構成の変化で、必要になるという意見もありました。


リフォームは必要ない、その理由とは?


リフォームが必要ないと感じていている人は、全体の1割にも満たない結果となりました。その意見としては、次のような意見があげられます。

「借家なので、できない」
「リフォームよりも、建て替え」
「リフォームするよりも、新しく物件を探す」

リフォームが必要ないという意見の中には、借家など賃貸物件で暮らしているため必要ないという意見も多くみられました。またリフォームするのではなく、思い切って建て替えをしたいという意見もありました。そのほかの意見では、建て替えではなく新しく別の物件を探したいと考えている人もいました。


今回のアンケートの結果では、リフォームを必要としている人とそうでない人では住んでいる形態の違いも見られました。リフォームが必要と感じている人は持ち家で長く暮らしたいと考えている人が多く、必要ないと思っている人の中には賃貸物件で暮らしているという意見も多くありました。

またリフォームして長く一つの家に住みたいと感じている人もいれば、リフォームよりも建て替えや別の物件を探すなど一つの物件へのこだわりの違いもアンケートの結果に表れていると考えられます。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年7月1日~7月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 昔ながらの家なので、色々と不便が生じ、壊れている部分もあるから。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • もともと子どもの数や親との同居がわかっていれば、リフォームはなくてもいいと思うが、人生全て計画通りに進むわけではないので、その場で必要だと感じたときにリフォームは行うべきだと思ったからです。(29歳/女性/無職)
  • 若くして建てた場合や、古くなった物件などは老朽化したり住む人の身体変化により生活に支障をきたしたりするのでいつかはリフォームが必要だと思います。(50歳/女性/専業主婦主夫)
  • 長く住めば必ずあちこちに傷む部分が出てくるし、もしかしたら自分の子供が同じ家に住むことになるかもしれないので、リフォームできる部分はしておくべきだと思うからです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 洗濯機を屋内に設置したのですが、築3年の頃、洗濯機の故障による水漏れで、床が弱ってしまいました。屋外に洗濯機を設置すれば良かったと思っても後の祭りで、将来的には、そこの部分を含んだ水周りをリフォームしたいと思っています。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 一軒家に住んでいますが、家にも対応年数があるため、リフォームは必要と考えます。(50歳/男性/会社員)
  • 年齢や家族構成によって生活のリズムも必要なものも変わってくるので、生活パターンにあった形のリフォームはより良い生活環境の上では必要だと思う。(56歳/男性/会社員)
  • 今住んでいる家がかなりの築年数なのと、親が高齢になってきているので、必要です。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 家の耐用年数がいずれ訪れますが、その時におそらく新築できないと考えるからです。(45歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 長く暮らせば家にもガタがきたり、ライフスタイルの変化によってリフォームは必要になってくると思います。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • 段差を直したり、お風呂場の修復が必要な個所があるので、リフォームしたいです。(36歳/女性/会社員)
  • 傷んだ箇所はリフォームによってきちんと補修しないと、ますます悪化してしまいます。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 電気設備には寿命があるので、リフォームは必要になってくると思います。(40歳/女性/会社員)
  • どうしても、建物自体が傷んでくるので、リフォームは必須となると思います。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 生活していくとどうしても家が傷んでしまうので、将来的にはリフォームするしかないと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 年と共にライフスタイルは変わってくるのでそれにあわせてリフォームすることは必要なことです。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 家も生き物ですので、建てたら建てっぱなしというわけにはいかないです。ボロボロになる一歩手前での修繕が必要です。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 年を取ったり、健康上の理由などで、将来的にはリフォームは必要だと思います。(56歳/女性/無職)
  • 絶対に必要です。どんどん古くなってダメになっていく部分があるので。時代に追いついていない住宅(ネットが使えないなど)も良くないと思います。(40歳/男性/無職)
  • 我が家は、古いボロ屋なので本当はすぐにでもリフォームした方が良いと思っている。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 家も手入れをしないと長く持たないと思うので、長く住もうと思ったら必要だと思う。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 長年住むことによって部屋の見直しは必要になり、リフォームをすることで新しい気分になるからです。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 古い家のため、バリアフリーは廊下の手すり、トイレの機能化などごくわずかな部分しか考慮されていない。高齢となった親のため、将来的には、トイレに近い畳の部屋をベッドを置きやすい洋室にし、かつ隣接する廊下を広げて車椅子を使いやすくするなどリフォームが必要と考えた上での回答。(49歳/女性/パートアルバイト)
  • 今の家はそろそろ築20年で、屋根やデッキなどが老朽化しはじめているので、いずれリフォームしたいと思います。また子どもが独立して夫婦2人になれば、ライフスタイルに合った部屋にしたいと思います。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 小規模のリフォームは必要になってくると思います。家も古くなって痛んできたところがあり、両親も歳を取ってきたので、段差をなくしたり、スロープをつけたりと、近い将来にはリフォームを行うと思います。(36歳/女性/無職)
  • いずれは必要だと思う。この先もずっと住んでて、やがて困るようなことが出てきたら…。(50歳/女性/パートアルバイト)
  • 新築で建ててから10年が過ぎましたが水回りが気になってきました。フローリングも気になりますので一緒にリフォームしたいです。この先も10年を目途にリフォームしていきたいです。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今の住宅は10年経てばどこかに必ず修復しなければならない箇所が出る造りだから必要というよりも絶対条件です(30歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 現在畜20年、外壁は塗り直したけれど、やはり古くなってきているのは感じます。(21歳/女性/学生)
  • リフォームは必要だと思います。定期的に家の検査等はあるかと思いますが、いつかは故障なり、不具合を生じてくると思います。(28歳/女性/専業主婦主夫)
  • 年と共に建物も痛みが出てきて、補修が必要になるからです。また家族の構成も年月を経て変化があり、家に求められる用途も変わってくるから。(39歳/女性/自営業(個人事業主))
  • 経年劣化は必ずあるものだし、水回りはどんなにきれいにしていても劣化するので。(43歳/女性/無職)
  • 老後も同じ家で生活していく事を考えると、手すりなどのバリアフリー面でのリフォームが必要になってくると思います。(44歳/女性/無職)
  • 現時点で、家全体はそんなに古くはないのですが、洗面台、シンク、風呂場、壁の一部など、気になるところはあります。傷みや汚れ、劣化が進むであろうこと、また自分が年齢を重ねていくことを考えると、必要になると思います。(31歳/女性/パートアルバイト)
  • 20年以上住んでいる人に聞くとやはり水回りはもたないと聞いたので(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今の家は古く、床や壁、水周りの汚れが目立ってきてるのでリフォームをしようと考えているから(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 壁紙だけでも最終的には汚れも取れなくなるし、剥がれてきたりもするので必要だと思う。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 我が家はリフォーム経験はあるのですが、将来的に家族構成が変わったりすると思うので、またリフォームの必要性があると思います。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 私の住んでいる家は築30年以上経過していて老朽化も進んでいるから。(33歳/男性/会社員)
  • 玄関、部屋の出入り口等に段差があり、また廊下が狭いところもあり、車椅子での移動が難しいので。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 高齢化社会でバリアフリーにした方がいいと思っているのでリフォームは必要だと思います。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 時間と共に建物自体も劣化するし、毎年最新の技術が出来ているのだから、かえって得になると思う。(35歳/女性/学生)
  • 今は自分の持ち家ではないのでできないですが、自分の家を持ったら年齢とともにリフォームは必要だと思う(32歳/女性/無職)
  • 何十年も同じ家に住んでいると、当然老朽化して傷んでくるので住み続ける予定ならリフォームは必要になると思う。(28歳/女性/会社員)
  • 長年同じ家に住み続ける場合、設備や内装をはじめとした様々な部分に不具合が発生する場合があるので、快適な暮らしを維持するためにはリフォームは必要だと思います。(33歳/男性/学生)
  • 家の中でも特に傷みやすいトイレやお風呂などの水回りなどを、劣化したままで使用し続けると家全体に悪影響が出そうな気がするからです。外壁や屋根も時を経ると傷むと思います。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家は必ず年数と共に古くなっていくので定期的なメンテナンスは必要だから。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家族の人数が今より増える事になるので、必要。将来的には3世帯住宅にしたい。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 長く住んでいると、経年劣化などで傷んでくるので必要だと思う。(42歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 築年数の経過により、あちこちにどうしてもキズや劣化が出来ること、また家族の年齢や人数の変化にも対応して家も変化させた方が、いつまでも住みやすいと思うから。(46歳/女性/契約派遣社員)
  • 家は、使用していれば、壊れたりもしますし、中には、大がかりなリフォームで又、使用できると思いました。(30歳/女性/無職)
  • 10年も経てば、屋根や外壁も傷んでくるし、20年も経てば、トイレや風呂はぼろぼろになってそうなので、いずれはリフォームしないといけないと思う。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • ライフスタイルに合わせてリフォームしていくことは悪いことではないですし、生活のために必要だと思います。(30歳/女性/会社員)
  • 現在はバリアフリーに対応した家ではないので、介護が必要な親を引き取ったり、自分たちが歳をとった時のことを考えると多少のリフォームが必要になると思います。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家屋は長く住んでいれば経年劣化により至るところにいたみがでるので、修繕を含めたリフォームは必要不可欠です。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 古い間取りで使い勝手もよくないのでいずれは必要だと思います。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • バリアフリーの必要性も考える必要もあるし、家の印象も変わるので必要だと思います。(28歳/男性/会社員)
  • 長く住むと水回りや外装など傷んでくるところも多いと思うので住み続けるならリフオームした方が快適に暮らせると思うからです。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家が古くて狭いので、子供の成長に合わせて、または、同居する義父母の体調に合わせて部リフォームが必要になると思います。(43歳/女性/自営業(個人事業主))
  • まだ大丈夫ですが、水回りをいつかはリフォームすることになると思います。(24歳/女性/学生)
  • 持家の場合は大体30年過ぎると老朽化していきます。その節々で家をメンテナンスしなければ年数を重ねるごとに余計に家が壊れてしまいメンテナンスもできなくなるまでに老朽化してしまいます。なのでお金はかかるけれど少しずつのリフォームは必要かと思います。(35歳/女性/会社員)
  • 一生同じ家で同じ設備で暮らしていくには無理があると思うので、自分の生活状況に応じてリフォームは必要だと思う。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今すぐではありませんが、水回り等は衛生的にもリフォームの必要性が出てくると思っていますし、バリアフリー対策も考えたいと思います。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 何十年先だとは思いますが、体の衰えが出てきたらリフォームが必要と思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分が高齢になったときにはリフォームすると思います。手すりをつけたり、住みやすいようにすると思います。(38歳/女性/無職)
  • 住みはじめて、10年。新築で、きれいだった浴室にもちらほらカビが目立ってきました。20年ころをめどに、浴室の全面リフォームをしたいと思ってます。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 近いうち、義父母が住んでいた家をリフォームして住む予定。キッチンや壁、床など、かなり傷んでいるので健在具体的に計画を進めているところです。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • 足腰が悪くなることはわかっていますから、必要だと思います。トイレも使用しやすくするほうがいいと思っています。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 日常の使用状況によってはリフォームの必要な箇所は出てくると思いますし、長く住みたいのであればメンテナンスを兼ねたリフォームは必須だと思います。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 生活していれば家はどんどん劣化していくのでいずれいつかはリフォームしないといけないと思う。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 壁、床、水周りも悪くなるだろうし、家族構成も変わるだろうしで、手はいれないといけないと思う。(38歳/女性/会社員)
  • 今の住宅が将来ずっと使えるとは思えないので、使い勝手を考えてリフォームはすると思うし、老後などなら段差のないものを考えるとは思います。(27歳/女性/会社員)
  • 住宅でも、長年住んでいれば、老朽化はあるので、必要になってくると思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家も年を取りますし、設備も古くなりますので、定期的なリフォームは必要だと考えます。また家族構成がその時々で変わってくると思いますので、人数に応じた住みやすい部屋割りにしていきたいと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • やはり家が老朽化すると同時にリフォームして暮らしやすくすることは大切だと思う(43歳/女性/無職)
  • 水回りは耐久年度がありますし、外壁も雨風にさらされているのでかならず劣化してくるので。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 家族が増えたり減ったり、歳をとったり病気や怪我をすることによりリフォームが必要になる時もある。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 現在は賃貸に住んでいますが、マンションでも一戸建てでも、持ち家に住めば必ずリフォームは必要だと思います。特に水周りは古くなるだけではなく、故障なども出てくるので、リフォームせざるを得ない状況になると思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 持ち家、賃貸に限らず、長く住んでいるうちに、家のどこかしら修理しないといけない箇所が出てくると思うので、リフォームは必要だと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 古くなってきて、故障したりしたら直さないといけないので、それもリフォームになると思います。(43歳/女性/会社員)
  • やはり、年々と、家も老朽化が進んで来たり、家が汚れてきたりするので、将来的にはリフォームを検討したい。(21歳/女性/学生)
  • その時の家族の状況に合わせてのリフォームは随時必要かなと思います。(44歳/女性/契約派遣社員)
  • 将来的に階段や段差は転倒の原因になるので必要だと思いました。(40歳/女性/無職)
  • 住んでいるうちに家も傷んできますし、歳をとるにつれいろいろな不便が出てきたりするので、リフォームは必要になってくると思います。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • 高齢になると今の自宅の構造では不便なことも出てくると思うので、そのときの家族構成や身体状況に合わせてリフォームしたいです。(36歳/女性/会社員)
  •  その時点で最高の家を建てたとしても、自分や家族の状況は変わりますし、どんどんいいものも出てくるので、将来的にリフォームは必要だと思っています。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今ベストの状態で暮らしていると思っていても、将来的に起こりうる家族の増減や体の衰えを考慮すれば、リフォームは当然必要になると思う。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 築年数がたっているのと、使い勝手が良くないのでリフォームを検討してます。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 築60年の古民家に住んでいます。古くてもしっかりしていて、古民家をおしゃれに住みたいので、リフォームを考えています。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今の家は段差が多くお年寄りは不便だと思うので、親が年をとったときに備えてリフォームは必要だと思います。(27歳/女性/無職)
  • 機能的にも必要性を感じるでしょうし、見た目的にも必要性を感じると思います。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 子どもが増え、子ども部屋の数が足りないので、大きくなった時に1階部分を増築するなどのリフォームを考えている。(39歳/女性/会社員)

【いいえ】

  • 今は、これといってリフォームするりゆうはなく、今のままでも十分便利に暮らしていけるから。(18歳/男性/学生)
  • リフォームより、新築住宅、マンションを探します。その方が不動産価値があると判断しています。(68歳/男性/無職)
  • 今住んでいる賃貸住宅は今後出て行くことになると思うので、今の家をリフォームする必要はないと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 親が住んでいる実家は、耐震基準も何も無いのでリフォームするだけ無駄である(46歳/女性/無職)
  • うちの場合、3年前リフォームをした上築年数が古いので次やるなら立て替えがいいです。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 必要だとは思わないけどしたいとは思ってる。まぁ将来必要かどうかはそのときにならないとわからない。(21歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今現在すんでいるのは賃貸ですし、設備が整っているので必要性は感じられません。(32歳/女性/会社員)
  • どこに住むのか、どのような物件にするのかによりますが、現在は借家なので関係ありません。(48歳/女性/パートアルバイト)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事