リフォーム

老後のためにバリアフリーはいつから準備する?

リフォーム

ハイライト

  • 将来に備えて、バリアフリーを取り入れたリフォームを早めに検討すべきか聞いてみた。
  • はいと答えた人が全体の約7割と圧倒的に多い結果となった。
  • 誰にでも老後は来るものなので前もって準備した方が安心と考えているようだ。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口

リフォーム

現在、日本は高齢化が進んでおり、将来の住まいについて考えなくてはいけない状況になりつつあります。特に、家族の中に高齢者がいる場合、早めの準備が必要になるケースが考えられます。

とはいえ、いつから準備しておけば良いのか考えてしまうのも仕方がない問題ですから、費用以外にも考えるタイミングというのが重要になるようです。

老後を迎える前に準備をしておくべきか、それとも自分の身に何かがあった後に準備するべきかアンケートを取ってみました。

高齢社会と言われる日本ならではの問題ですので、もしもの事を考えたら参考になるまかもしれないです。分的な意味で気にしていたり、「引越し代金が安くなる」などの価格面で気にするという人も見られました。

質問内容と結果は下記の通りです。

将来に備えて、バリアフリーを取り入れたリフォームを早めに検討すべきだと考えますか?

将来に備えて、バリアフリーを取り入れたリフォームを早めに検討すべきだと考えますか?
・はい:74%
・いいえ:26%

はいと回答した人が全体の約7割と圧倒的に多いようです。意見を見てみると、慎重な意見が多いのが分かります。

「老後の生活で苦労しないためにも、今のうちに家の段差をなくすなどリフォームをしたいです。」
「歳をとってからリフォームを考えるのは厳しいと思います。将来を見越してバリアフリーは取り入れるべきだと思います。」
「老後は誰にでも訪れるものなので、同じ家で生活していこうと思えば、リフォームは必ず必要となってくると思います。」

はいと回答した人の意見を見てみると、誰でも老後は来るので前もって準備すれば安心だという意見が多いようです。用意周到に準備することがこれからの生活に繋がるかもしれませんね。


一方、いいえと回答した人意見を見ると、下記のような意見がありました。

「何がどう必要になるかわからないので、必要になってからでも遅くはないと思います。これから、家を建てる場合は少し異なってくるとは思いますが。」
「あまり早くしても意味がないと思います。自分が将来どうなるかわからないので、5年単位ぐらいで考えたほうがいいと思います。」
「バリアフリーのリフォームもお金がかかるのといつ頃からバリアフリーが必要になるかはわからないので今から考えなくてもよい。」

いいえと回答した人の意見を見ると、どうなるか分からないのに準備はできないと考えているようです。未来は分からないですから、待つことも必要なようです。


はいと回答した人の多くは、事前に準備しておくことで、何かが起きても良いようにしておけば、安心して暮らせるようになると考えているようです。そして、バリアフリーを取り入れることで、掃除がしやすくなるなどのメリットがあることも要因になっているようです。

いいえと回答した人の意見を見ると、分からない未来のために準備しても、使用する意味がになかったら無駄になってしまうという慎重な意見が多くあるようです。

バリアフリーはとにかく計画性が重要なようです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年7月1日~7月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 病気や障害にならなくても、老いと共にリフォームが必要になってくると思います。少しの段差でもつまづいて大けがにつながることもあるので、できるうちに対策しておくと良いと思います。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 歳をとってからリフォームを考えるのは厳しいと思います。将来を見越してバリアフリーは取り入れるべきだと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • バリアフリーは、いずれ必要になると思うので、リフォームするならば、とりいれると思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • バリアフリーのリフォームをするかどうかは別として将来を考えたリフォームは考えていたほうがいいと思います。(50歳/女性/専業主婦主夫)
  • 約2年前に建築したばかりで、既にバリアフリーにしておりましたが、親だけでなく自分も事故にあったりしたら車いすになる可能性もあるので、これから家を購入する方は検討すべきだと思います。(40歳/女性/会社員)
  •  夫のぎっくり腰でバリアフリーの必要性を実感しました。元気な人も暮らしやすくなるものだと思うので、早めに検討できる慣らした方がいいと思います。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • いざ年を取ってからバリアフリーにするのは大変だと考えられるので、元気なうちにしておくほうが良いと思うからです。(45歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 一緒に暮らしている祖父が足が上がらなくなり、今年2歳になる甥っ子も、仏間とリビングを繋ぐ段差につまづいてしょっちゅう転倒しているのを見て、早急にバリアフリー化を検討すべきと考えています。両親も歳を取りますし、次に生まれてくる子供たちの為にも安全な家にしたいです。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 現在に今年老いた親と暮らしています、一部はバリアフリーにしていなす、親はまんぞきしていますが、私たちの将来を考えるともっとしっかりとしたバリアフリーのリホームをしたいと考えます。(56歳/男性/契約派遣社員)
  • バリヤフリーが本当に必要になったときに、リフォームしてたのでは金銭的にも体力的にも遅いとおもう。(43歳/女性/無職)
  • 早ければ早いほどいいと思います。十代、二十代と、あっという間に過ぎたので、きっとそのうちあっという間に年をとってしまうはずなので。(50歳/女性/パートアルバイト)
  • 自分が将来どうなっていくのかわからない以上、ある程度住宅も備えておく必要があると思います。(30歳/女性/会社員)
  • 早めの方が家にも慣れることが出来るだけではなく、家の掃除を行う場合も段差がなくやり易いからです。(30歳/女性/無職)
  • 老後は誰にでも訪れるものなので、同じ家で生活していこうと思えば、リフォームは必ず必要となってくると思います。(37歳/女性/学生)
  • 年をとると体力が衰える為小さな段差でもつまづいたり、階段の登り下りもきつくなるはずなので若い内にバリアフリーにしておけば、老いてから辛い思いをする機会が減るし経済的にも若い方が余裕もあると思うからです。(34歳/女性/パートアルバイト)
  • すべきだと思います。わたしは今の自宅にずっと住み続けるつもりでいるので、なるべく早い時期にバリアフリーにしておきたいです。あとでお金がなくなってできないと困ってしまうので。(40歳/男性/無職)
  • いつ何があるのかわからないので、バリアフリーを取り入れたリフォームを早めに検討するべきだと思います。(56歳/女性/無職)
  • 資金があるのなら検討して十分に検討した方がいいと思う。必要に迫られてからだと十分な準備が出来ない。(35歳/女性/学生)
  • 自分の親を見ていて、バリアフリーは必要だと感じた。少しずつできるところからバリアフリーにリフォームしていくのがよいと思う。(56歳/女性/契約派遣社員)
  • 老後などのことを考えて、なにかあったら困るので、年齢層に合わせて、徐々に対策を立てていきたい(21歳/女性/学生)
  • それほど歳ではない今でも、手すりなどがあると便利なので、早め早めに検討していったほうが良いと思います。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • 近い将来の両親の介護のことのそうですが、自分自身もいつ怪我や病気になるのかわからないので、積極的に取り入れたいと思っています。(24歳/女性/学生)
  • バリアフリーは早い時期に取り入れておきたいです、後々になってしまうと慌ててしまいます。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 段差があるとないとでは体にかかる負担が全く違うので、早めに検討した方がいいと思います。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 今はまだ具体的には考えていないが将来に備えてなんとなく考えるだけでも早い方がいいと思う(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 現在の間取りなどは高齢者が住みぬは住みにくいので予算とのからみもあるができるだけ早めにバリアフリーを取り入れたリフォームをしたいと思う。(56歳/男性/会社員)
  • 足腰が悪くなってからでは遅いので、まだ元気だとしてもそういう年代になってきたら検討しておいたほうがいいと思います。早くすることで損にはならないはずなので。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 将来の使い勝手にしたがってその都度作り替えるほうが理想かもしれませんが、考えられるうちにしっかりしておくのも大切かなと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 早く計画し将来に備えた方が安心ですし、予算化もしやすいと思います。公共機関でも相談室が有ります。(68歳/男性/無職)
  • ちょっとした段差でつまずきやすくなっているので、転倒を避けるために検討したいと思っています。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • 老後になって、体が不自由になる場合もありますから、将来的にみたらそうした方がいいと思います。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 段差をなくすなどのバリアフリーは若い内は不要かと思いますが、手すりをつけるなど、そのぐらいのバリアフリーならしても良いのではと思います。(27歳/女性/学生)
  • 老後の為に早目にバリアフリーにしたい。子供もまだ小さい為段差でよくつまづいてしまうから。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 本当にバリアフリーが必要になってからリフォームしていては遅いと思います。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • リフォームの検討は早めに考えて損はないと思います。いざという時にあせることのないよう対応できると思います。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 金銭的に問題がないようなら早めにリフォームする方が良いと思います。必要になってからでは、プランも煮詰められず、思い通りにリフォームできない可能性もあると思います。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 検討だけなら、早めがいいですが、実際工事をするのは直前でいいと思います。(43歳/女性/会社員)
  • 親がそれなりの歳なので、バリアフリーの家をそろそろ考えている。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 親が高齢の時に渋々プチリフォームしたので、車椅子は不可の上行き当たりばったり過ぎた(46歳/女性/無職)
  • 階段はあるし、ほかにも不便なところがけっこうあります。自分の将来もそうだけれど、親のためにも大事だと思います。とはいえ、自分の家で健康に暮らせればいいのですが、そこは少し不安です。(37歳/女性/会社員)
  • 少々の段差につまづくことも出てきたので、体力とお金のあるうちに実施すべきだと思い、現在検討している。(52歳/男性/会社員)
  • リフォームを考えているなら、多少値段が上がってもバリアフリーにした方が良いと思う。ご老人だけでなく、小さな子供にも優しいので早めにバリアフリーを検討するのは賛成です。(28歳/女性/会社員)
  • 少子高齢化に備え、親のことや自分の将来を考えて必要だと思います。(42歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 若くて気づかない段差がある場所でも、年老いて体が不自由になるとつらくなるので、バリアフリーリフォームは検討する。(34歳/男性/会社員)
  • 初めから、バリアフリーをとりいれたものにしといた方が、後から大きめな工事をしなくてすむと思うので早めにとりいれた方がいいと思います。(27歳/女性/会社員)
  • 老後の生活で苦労しないためにも、今のうちに家の段差をなくすなどリフォームをしたいです。(36歳/女性/会社員)
  • 主人が定年になる前に老後に備えたバリアフリーのリフォームを検討すると良いと思っています。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 最初からバリアフリーにしておいた方が絶対に安心できます。早めの対策は大切です。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 体調変化は急に起こるため、事前にバリアフリー対策は重要になると思います。(32歳/女性/会社員)
  • 若くて、健康な時には実感がわきませんが、どんな人もいつかは老いて体が自由に動かなくる時がくるで、バリアフリー対策は早めにこしたことはないです。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 同じリフォームをするのであれば、バリアフリーを視野にしれた方がいいと思います。(28歳/男性/会社員)
  • 出来れば最初からバリアフリーにした方がいいと思う。出来ないのであれば早めにリフォームした方が安心。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 必要になってからリフォームするよりも、前もってバリアフリーにしたほうが望ましいです。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 生涯住むと決めたマイホームは、元気で収入も得られるうちにバリアフリーに改築し、老後も安全に生活できるように準備しておきたい。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • バリアフリーは必要になってからリフォームするよりも、早めに検討すべきだと思います。その方が、自宅内の事故を未然に防げるような気がします。(47歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両親の年齢や体の調子などを見ていると、大きなケガをする前に、バリアフリーを取り入れたリフォームはしておきたいと思います。まだ両親の体の自由がきくうちに、余裕を持って意見を取り入れつつリフォームしたいと思います。(36歳/女性/無職)
  • 自分の家は賃貸ですが、バリアフリーは必要だと考えます。初めからバリアフリーを取り入れた賃貸物件が今後もっと増えると期待します。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • いざ必要になってからバリアフリー化を行おうとしても時間の余裕が無くて大変な思いをする可能性があるので、早めに検討することで、余裕を持って業者選びや工事を行うことができます。(33歳/男性/学生)
  • 実家の母ももうじき70歳なので、ゆるやかなスロープや手すりなどが階段や浴室や玄関などにあるといいと考えています。(42歳/男性/その他専門職)
  • バリアフリーはいつかは役に立つと思うし、子供が小さければさらに使いやすく安心だと思うから(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分の母が自宅で祖母を介護していた経験から、「必要になったときにリフォーム」だと完了までの間が大変だと思うので、早めに検討・実行した方が良いと思う。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • いつ身体が不自由になるかわからないので早めにバリアフリーにした方がいいと思います。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 必要を感じたときにすぐにリフォームができるとは限らないと思うので。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 将来、親が年老いていくことを考えると、段差などがなく住みやすい環境にしてあげたいと思う(43歳/女性/無職)
  • 家族がいつどうなるかはわかりませんし、いざ必要になった時に長く準備がかかります。そのためにも早めから対応しておく必要があると考えています。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 高齢になると必要な情報を収集して、適切な計画をたてることが難しくなるから。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームでバリアフリーを考えるのも重要だと思いますが、もっと早めに新築する時に考えるほうが良いと思います。老後だけでなく、けがをしてうまく動けない時などにもバリアフリーが役に立つからです。また、バリアフリーがあることで、けがや事故を未然に防ぐことも出来ると思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • バリアフリーのリフォームも簡単なものならば、いつでもいいかもしれませんが、本格的にするのならば早いほうがいいと思います。あまり年齢を重ねてしまうとリフォームが体力的に困難になるように思います。(46歳/女性/会社員)
  • 高齢化の時代だし、将来は病院では死ねないと思うので、建てるときからバリアフリーは意識するべきだと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 将来、親の介護をする立場は早めの検討で資金計画を設定できるから必要です。(39歳/女性/会社員)
  • 将来の事は誰にも分からないですが、事故や高齢に伴い普通の生活ができなくなってしまった場合にバリアフリーでなければ生活に支障が出てしまいます。なので、生活しやすくする為にバリアフリーは必要不可欠であると考えます。(25歳/女性/学生)
  • 怪我や病気は突然やってくるので、その突然に備えてリフォームを考えておくことは大事だと思います。(27歳/女性/無職)
  • バリアフリーは必ず必要になると思う、年寄りだけでなく普通に生活する分にも良いと思うので。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • 将来的にはバリアフリーの方が実用的だと思うので検討したいと思う。(50歳/女性/契約派遣社員)

【いいえ】

  • 早めに考えて費用を準備しておくことは大事だと思いますが、実際のリフォームはある程度必要になってから行った方が、本当に必要な形にリフォームできると思うからです。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • まだ30代なのでそこまで焦る必要はないと考えてしまうためまだ検討をしようとは思わない。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • いざなってみないと分からないので、その時がきたら検討したほうがいいと思う(32歳/女性/無職)
  • あまり早くしても意味がないと思います。住む環境はすぐに変わります。自分が将来どうなるかわからないので、5年単位ぐらいで考えたほうがいいと思います。(38歳/女性/無職)
  • バリアフリーのリフォームもお金がかかるのといつ頃からバリアフリーが必要になるかはわからないので今から考えなくてもよいと思います。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 必要を感じるようになってからで良いと思う。その時々の最新設備を入れた方がいいと思うので。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • まだ若いので、実際に歩行などに不安を感じるまでは検討しなくて良いと思う。(38歳/女性/会社員)
  • いまのところそういったことは考えていないが、いずれは考えるべきだと思う。(21歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今のところ家族にバリアフリーを必要とした人がいないので取り入れたリフォームは考えていない(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 注文住宅を建てた際に既にバリアフリーを行っているので、改めて行う必要を感じません。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 将来も現在と同じ家に住めるとは限らないし、時代によってバリアフリーの在り方も変わると思うからです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームをする時に、バリアフリーを考慮することはあっても、将来に備えて早めにバリアフリーのリフォームは、わざわざ行わない。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • マンションなので段差もないし特にバリアフリーを取り入れる必要がない。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 壮年から老年になるときに考えればいいと思うからです。現在は介護用品も多種多様になり、大がかりなリフォームなしでも快適に暮らせると思います。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • あまり早すぎでもニーズに合わない住宅になってしまうので、その都度ライフスタイルに合わせた家づくりがよいと思います。(44歳/女性/契約派遣社員)
  • 小さな段差であれば、かえってトレーニングになると考えます。障害の度合いによって必要なバリアフリー度が違うので、実際に不自由になってからリフォームを検討実施すべきだと思います。(45歳/男性/会社員)
  • 我が家は長男長女夫婦ではないので、バリアフリーを今すぐにとは考えていません。将来、リフォームで考えます。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 将来のことであるため、早めではなくても頭の片隅に入れる程度で良いと思います。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 両親と同居する考えもないですし、リフォームしたばかりなのでありません。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • まだお金があまり貯まっていないのと、まだ両親がそこまで生活に困難な状態でないからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 体の状態が、どういう状態になるかわからないので、バリアフリーのためだけのリフォームは取り急ぎ必要なものではないと思います。ほかの部分(床の張り替え、建具修理など)の機会があった時にする、家人が入院中にリオフォームするなどで充分だと思います。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実家が早くに手すりなどをつけたのですがその時代に新しいものが出るので早期に工事をしてしまうと失敗したと思うところも出てきます。年をとってからの方が介護保険が適用されたりもするのでその時期がくるまで待つ方が無難かと思います。(35歳/女性/会社員)
  • 何がどう必要になるかわからないので、必要になってからでも遅くはないと思います。これから、家を建てる場合はまた少し異なってくるとは思いますが。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 費用を貯めたりはしたいですが、具体的な検討までは必要ないと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 将来どんなリフォームが必要になるかは、体の状態がどうなるかで大きく変わってくると思うので、実際に障害や病気を持つようになってからのほうが良いと思う。障害や病気になれば、介護保険や障碍者制度も利用できるようになるので、経済的負担も少ないと思う。(36歳/女性/会社員)
  • トイレなどバリアフリーが健常者にも使いやすい設備であるなら、どんどん取り入れるべきだと思いますが必要もないのにリフォームする必要はないと思います。(45歳/女性/その他専門職)
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事