住宅設備

階段の手すりは両側に必要?

住宅設備

ハイライト

  • 階段の手すりは両側に設置されている方がいいか、アンケートをとってみた。
  • 手すりが必要と答えた人は、全体の4割しかいないという意外な結果になった。
  • 見た目や邪魔というような理由から両側には必要ないと考えているようだ。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

住宅設備

当然のように階段には手すりがついています。そして、それを利用する人も多いのではないでしょうか。しかし、最近では、「必要ない」という意見も出てきています。一体なぜ必要ないのでしょうか。

現在、高齢化が進み階段に手すりは必需品になりつつあります。多くのお年寄りの方は、手すりを使って上に登って行ったり、体が前のめりになって転落しないように、手すりを使い階段を下っていきます。

今回は、そんな階段の両側に設置されている手すりについて、「階段の両側に手すりは必要か必要ではないか」というアンケートを取ってみました。アンケートの結果はこのようになりました。

階段の手すりは、両方にあった方がいいですか?

階段の手すりは、両方にあった方がいいですか?
・はい:40%
・いいえ:60%

階段の両方に手すりが必要と答えた人は、全体の4割しかいませんでした。回答の中には、すごく納得できるものもありました。

「安全を考えると、どんな状況でも両方にある事で安心出来る」
「両親が高齢になってきているので、安全のため」
「転んだり滑ったりした際、とっさにどちらの手を使うかわからないから」

このように、多くの方の回答は「安全」に配慮したものでした。確かに、急に転んでしまった場合、とっさにものにつかまろうとするためどちらの手すりに捕まるか分かりません。そのため、両方に付いていると捕まることができるので安心することができます。


これに対し、両方に手すりはいらないと答えた人は全体の6割に及びました。一体なぜ「いらない」と答えたのでしょうか。

「やはり見た目的にも悪くなる」
「バリアフリーを必要な人が家族にいない」
「両方にあるとかえって邪魔だと思う」

このように、「見た目」や「邪魔」といった意見が多く目立ちました。確かに、両方に手すりがあると見た目が悪くなってしまったり、通行する事ができるスペースを潰してしまうため、「見た目が悪くなる」や「邪魔」になってしまいます。また、バリアフリーを必要とする家族がいないために、今は必要ないという意見もありました。


アンケートの回答を見ると、必要だという人が4割、必要ではないという人が6割でした。階段の両側に手すりは必要だと答えた人は、「安全面」を気にしていましたが、必要ではないと答えた人は「見た目や邪魔」という意見が多く目立ちました。

階段の両側に手すりがあれば、何かあった時に便利ですし、とっさに捕まることができるので、すごく役立ちます。今後、日本は今まで以上に高齢化していくと予測されています。今は必要ないと思っていても、今後必要になる日が来るかもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年6月14日~6月23日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 病気で倒れたときのことを考えると、片側ではなく両側にあったほうが安心だと思います。(27歳/女性/学生)
  • 高齢者や足腰が悪い人が住んでいる場合は、両方にあると便利で安心だと思う。(25歳/女性/その他専門職)
  • 片方の手を怪我しているときや、上り下りで常に右の手すりを使いたいときなど、両方にあれば便利です。(27歳/女性/無職)
  • 利き手や上り下りの得手不得手があるので、両方にあるのがベストだとおもいます。でも、現実は、「スペース上の問題」で断念しました。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 我が家は4人家族中2人が右利き、2人が左利きのため、両方に手すりがあったほうが便利かと思う。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 転ばないようにつかまるので必要だと思います。特に老人は手すりがないと危ないです。(36歳/女性/会社員)
  • 家族によっては、左利き、右利きと違うので、両方欲しい。また、万が一手を滑らせたときにもう片方の手すりで、助かるかもしれないので、危険性を減らしたい。(21歳/女性/学生)
  • 場所が広くとれるなら、両方にあった方が安全です。狭かったら片方で十分です。(43歳/女性/会社員)
  • 自分はまだ大丈夫ですが、両親が高齢になってきているので、安全のために欲しいです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • お年寄りの方は体を自由に動かすのが難しいのでつまずいたり、こけやすくなるので何かあったときの為に両方に手すりがあった方がいいと思います。(22歳/女性/パートアルバイト)
  • 足腰が思うように動かないときは両手で手すりがないと一人で昇り降りできないから。(43歳/女性/無職)
  • 予算内であれば、両方にあったほうがバランスをたもつことが出来るので便利です。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 階段で家族とすれ違うとき、片方の手すりだけだとどちらかは体を支えられずバランスを崩してしまう可能性もあるので、両方の手すりがあるといいなと思います。(36歳/女性/無職)
  • 階段の手すりは両方にあった方がいいと思います。実家の両親を見ていると、足が不自由になり手すりで全身の体を支えていますので、片側だけの手すりでは、かなり危険な感じがいたします。やはり、両方に手すりがあったほうが安全だと思います。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両側にある方が安全ですが、狭い階段やコスト面から片側だけにする場合は、階段を降りる時のきき手側に手すりをつけるのが望ましいです。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • たとえ年を取っていなくても、怪我をした時などの場合に便利なのであった方が良いと思ったからです。(45歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 私の祖母は晩年、階段を上るのもやっとで這いつくばるようにして上ってきたことがりました。両足が不自由になると、両腕で支えながら、階段を登れるようにしたほうがいいです。降りる時も楽です。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両方あったに越したことはなく、両方あった方が安全面からもいいと思います。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 子どもの手を引いていたり荷物があったり、たまたま手を怪我していたり、などどちらでも手すりを使えると便利だと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • ゆくゆく介護の必要な同居人がいることを考えれば、両方あった方が、介添え人と要介護の人間の両方が昇降に使える手摺があった方が良いと思います。(42歳/女性/会社員)
  • 意外とスペースを取るのだけど、若いうちは身体が動くけれど年を取ると辛いから(46歳/女性/無職)
  • 高齢の家族がいる場合は、あった方が便利だと思います。両方の手すりを持つ事で、転倒するのを防げるような気がします。(46歳/女性/会社員)
  • エレベーター付きの施設・物件は問題ないが、階段利用が必要な場所では、片手が不自由な方の使い勝手を考慮し、手すりは階段の両側にあったほうがいい。それか階段幅が広い場合は、中央部分に、利き手がどちらでも使えるように、一本で済む手すりを設ける。いずれもしても片手が不自由な方の利便性を考えた上での回答。(49歳/女性/パートアルバイト)
  • 万が一の場合を考えると両方に手すりがあった方が安全。年を取った場合や片方の腕や足を怪我した時など昇りと下りで両方あれば支えとすることができるから。(56歳/男性/会社員)
  • 子供を抱っこしていることが多くなったのであると支えにできるので登りやすい為。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 子供を抱っこして階段の上り下りの時あったらいいなと思った事があります。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 安全を考えると、どんな状況でも両方にある事で安心出来るので。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家族に左利きがいるので両方についている方が安心です。また荷物を持っている場合にも開いている方の手で手すりにつかまるので。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両サイドにあったほうがいざとういうときにつかめるところがあって安心(32歳/女性/無職)
  • どちらから上り下りをしても安心して手すりが使えるようになるのは、非常に安心だと思います。(30歳/女性/会社員)
  • 手すりを両方につけるスペースがあるのならば、両方にあった方が安全のためにもいいと思います。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • あったほうがいいとかより両方につけるべきだと思う。じゃないと使うひとが不便。(21歳/女性/専業主婦主夫)
  • わかい内は必要ないが、老後に備えて両方にあった方が安心出来る。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 転んだり滑ったりした際、とっさにどちらの手を使うかわからないので、どちらにもあった方が安心です。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両サイドに手すりがあると足腰が弱い人用に両手を使って階段の昇り降りができるので、安全だと思う。(34歳/男性/会社員)
  • 上るときも下りるときも、どちらの場合でも、利き腕で手すりを、もてるからです。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • これからどんどん年を取っていくので、安全性を考えると両方にあった方がいいと思います。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 両方あったほうがいいでしょう。例えば階段などは上りと下りではまったく使う手が逆になってしまうので。両方あればうまく利用出来ると思います。(40歳/男性/無職)
  • 幅の狭い階段なら両手が使えますし、日ごろ右手で手すりを持つことが多いので、両方にあるほうが上りも下りも手すりを持つことができて安心できます。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • 階段の手すりは両方あった方が高齢者や幼児の事故防止になるので安心です。(39歳/女性/会社員)

【いいえ】

  • 現時点では手すりは片方でいいです。将来的にもう片方の側に追加することはあるかもしれませんが。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 階段の手すりは片方で十分だと思います。足腰の弱い年配の方と同居という場合は考慮すべきだとは思いますが自分や奥さんが暮らすことを前提においた場合片方で十分だと思います。(34歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 高齢で足が悪い等の者が同居しているのなら両側のほうがいいかも知れませんが、そうでなければ階段の広さを優先したいので、片方が望ましいです。(44歳/女性/会社員)
  • 本当は、あった方がいいでしょう。しかし今の住宅事情では難しいでしょう。それなりに広い階段でないと後からつけるのは難しいと考えます。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 片方あれば良いと思います。二つあるから、二つ使用するということはありませんので、一つです。(30歳/女性/無職)
  • 片方で用は足りると思います。逆に両方に付けて階段を狭くすると危ない気がします。(20歳/女性/学生)
  • 階段の幅に余裕がある場合は両方にあった方がより良いと思うが、そうでない場合は片側にあれば十分だと思う。(28歳/女性/会社員)
  • 広い家なら両方にあったほうが便利かもしれませんが、狭い家で階段の幅も狭いので、片方で十分です。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • 現在我が家の手すりは片方ですが、十分です。実際は、手すりを使用してもいません。(50歳/男性/会社員)
  • 両方あったらうれしいですが、片方にちゃんとした手すりがあればいいかなと思う。(27歳/女性/会社員)
  • 片方がだけで十分だと思います。両方あったら幅が狭くなってよけい危ないと思います。(38歳/女性/無職)
  • 両方にあると、逆に狭くなってしまうので、片方だけでいいと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両側につけると階段が狭くなってしまうから。両側につけられるほど大きな家ならいいけど。(35歳/女性/会社員)
  • 両方にあると安全ですが、荷物を運んだりするのに邪魔になるので、片方で十分だと思います。(31歳/女性/会社員)
  • 階段の幅も狭くなりますし、片方だけで十分だと思います。急な階段は別です。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • うちには片方に手すりがありますが、それで充分生活できています。将来的に身体に不安なことがあるならば話はべつですが、うちの人は皆健常者ばかりなのでむしろ必要ないくらいです。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両方にあると狭いし、転けそうになったときに手が出にくくなりそうなので、片方でいいと思う。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両方あると階段が狭くなってしまうし、手すりが邪魔になる事がある。どちらか片方についていればいいと思う。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • 階段の手すりは、片方にあれば充分だと思います。また、階段の手すりがないというのは、ありえないと思います。両方にあると、幅が狭くなってしまって、身動きしづらくなると思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 今は健常なので片方だけで十分では、と思います。手すりって結構スペース取るので狭小住宅の場合両方につけると厳しい気がします。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家族内で利き手が違ったり片手が不自由な人がいれば考えるが、階段の幅を狭めてまで両側に取り付ける必要はないと思う。(52歳/男性/会社員)
  • 両方にあった場合とても邪魔で階段が狭く感じると思います。片方のみにした方が良いです。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 階段の手すりは片方で十分だと思います。機能性とデザイン性のバランスが大切です。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 両方にあると逆に道幅が狭まって邪魔になるかなと思う。しっかりした手すりを片側に、で充分。(23歳/女性/学生)
  • 広さが十分にある場合は、両方にあった方が良いかもしれまさんが、狭くなってしまう場合は、片方でもよいと思います。(56歳/女性/無職)
  • 見た目重視なので手すりはなくていいと思っていますが、後々手足が不自由になった時につけれるように柱や筋違の位置を把握しておくのはいいと思う。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 家の階段は大勢の人が通る場所ではないので、両方にあるとかえって邪魔だと思うから。(36歳/女性/パートアルバイト)
  • 階段の幅を考えたら片方で十分だと思う。両方にあってもあまり役立たない。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 階段の手すりは、両方にあるとその分、ものを運ぶ際に邪魔になったりする可能性があるから片方でいい。(43歳/女性/無職)
  • 便利は便利だし、両方あればな、と思った事もありますが、やはり見た目的にも悪くなるので、1つで良いと思います。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 一方の手すりが丈夫ならば、それで十分だと思います。壁の強度が気になります。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 手すりは片方だけでいいと思います。両方についていると便利だと思いますが、階段が狭いと少し邪魔になるかもしれません。(46歳/女性/会社員)
  • 家に体の不自由な家族はいないし、両方に手すりをつけると場所を取るので必須ではない。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • まだそれほど歳をとっていないこともあり、手すりは片方で十分です。両方あると通行するスペースが狭くなってしまい、大きな荷物を運ぶ時など邪魔になってしまいます。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 少なくとも片方にあれば十分だと思う。両方には必ずしもある必要はない。(35歳/女性/学生)
  • 意外と場所を取るため階段が狭くなり、かさばる荷物を持って上り下りするとき不便なので。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両方にあると家財道具を運ぶ時に邪魔です。我家では、右側だけにつけていますが不便だと感じる事はないです。(44歳/女性/無職)
  • 片方あったら十分だし、子供がふざけて両手で支えて足をぶらぶらさせそうでかえって危険なので。(50歳/女性/パートアルバイト)
  • 両方だと階段の幅が狭くなるし、階段をおりるときに必要ないように思います。むしろ片方のほうが両手でしっかり保持して上り下りに便利だと思います。(50歳/女性/専業主婦主夫)
  • 階段の両側に手すりをつけると、階段の幅が狭くなって上り下りしにくくなるから。片方だけでも十分に役割を果たせると思う。(35歳/女性/無職)
  • 何か、荷物を運ぶときに両方にあると邪魔なので、片方だけでよいと思います。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • バリアフリーを必要な人が家族にいないので、特にてすりは必要でない(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家の階段はスペースがそんなに広くないので、片方に付いていたらいい。(33歳/男性/契約派遣社員)
  • 階段が狭くなるし、家具の移動の時につっかえてしまう可能性もあるので片方だけで良いと思う。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両方に手すりを設置する場合、階段の幅が狭くなってしまって利用しにくくなる可能性があるので、片方のみで良いです。(33歳/男性/学生)
  • 片方だけでもないよりは安全なので十分かなと思います。ただ、子供も使える高さにすることも大事かなと思います。(31歳/女性/専業主婦主夫)
  • 足が悪くなったら2階に住むことはないので、手すりは片側だけにつけています。(40歳/女性/会社員)
  • 手すりは片方だけで十分だと思います。手すりの分だけ階段の幅は狭くなるので、家具や大きな荷物を搬入する時に面倒なことになります。家族に足腰の弱い方がいるなど特別な理由がなければ両方は必要ないでしょう。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 片方だけでも若者だけで使う分には困らないし、無い方に荷物を持てばいいから(27歳/女性/パートアルバイト)
  • 片方でよいと思います。手すりを持つ時には片側しか持たないので両方は必要ありません。両方ある事での利便性はないと思います。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 日本の狭い住宅事情を考えると、よほど広い御宅でもない限り、階段の両側に手すりがあっては実際に昇降するエリアが極端に狭くなってしまい、使い勝手が悪くなるのではないでしょうか。(44歳/女性/専業主婦主夫)
  • まだ片方で十分だし、もし両手に手すりが必要になったら転居を考えて、階段のない住まいを希望します。(24歳/女性/学生)
  •  家の階段の手すりは片方ですが、十分です。高さや太さなんかを丁寧に検討すればいいと思います。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 場合にもよりますが、両方ある=バリアフリーではないので、その時の家族にとって一番使いやすいスタイルで階段の手すりをつけたいと思います。(44歳/女性/契約派遣社員)
  • 片方で大丈夫じゃないでしょうか。高齢になって不便を感じた時に考えると良いと思います。(36歳/女性/自由業・フリーランス)
  • きっと歳が増したら2階には行かないように思います。片方あれば十分だと思うので、両方にはいりません。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 階段の形態にもよりますが、手するは邪魔なので片側だけでいいなら片側だけの方がいいです。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 手すりが両方にあることで、階段内が狭くなるし、片方だけで十分だと思う。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 両方にあると、階段の幅が狭くなるし、片方で不便を感じたことが無いので、両方は必要ないと思う。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 階段が狭くなるは嫌ですし、用途としては片方だけで十分だと思う。(38歳/女性/会社員)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼バリアフリーのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

バリアフリーの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事