ライフスタイル

海外生活に対する本音

ライフスタイル

ハイライト

  • 海外に行くことが当たり前の時代だが、老後海外で暮らしたいか聞いてみた。
  • 暮らしたいと答えた人は23%と以外に少なく、言葉の壁がネックとなっていた。
  • 暮らしたくないと答えた人は、若いうちの方が海外に行くのは最適と考えていた。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

ライフスタイル

昔に比べると海外留学、海外生活が珍しくないグローバルな時代になってきております。日本に住む外国人も最近では増加傾向にありますし、大型連休には海外に向かう飛行機が満席になることも珍しくなく、海外に行くことが当たり前の時代になりました。

現在は共通語である英語はもちろん、フランス語やイタリア語、中国語などの外国語を学べる機会も多くなっています。また、テレビ番組でも住みたい海外の国ランキングなど頻繁に放送されています。そこで老後の生活を海外で過ごしたい方が実際にどれくらいいるのか、気になるアンケートを取ってみました。

アンケートの質問内容と結果は下記の通りです。

老後は、海外で暮らしたいと思いますか?

老後は、海外で暮らしたいと思いますか?
・はい:23%
・いいえ:77%

意外にも海外で老後を暮らしたいという方は2割程度でした。やはり住み慣れた日本が良いという印象なのか、海外経験が少ないこと、治安が日本に比べて良くない事も回答の影響としてあるようです。主な意見は下記の通りです。

「定年後お金と時間に余裕ができたなら、海外で綺麗な景色を眺めながらゆっくり暮らしたいです。」
「日本より、海外のほうが福祉が充実しており、快適に過ごせるからです。」
「将来は物価の安い国で暮らそうと思っているから。」

福祉の充実が日本よりも良い事、物価が安い事などが海外移住の条件としては重要なポイントになっているようです。治安などの条件がクリアされれば、海外移住希望が増える印象を受けました。


一方で「老後を海外で暮らしたくない」と答えた方には次のような回答がありました。

「一番心配である言葉の壁がなく、住み慣れた日本が一番いいと思います。」
「老後は日本で暮らしたい。若いときは海外でばりばり働いて過ごしたい。」
「病気になった場合など対応できるのか不安なので、年をとってから、知人が少ない土地や馴染みのない土地で暮らすのは大変だと思います。」

物価などの低さで海外は魅力的ではあるものの、言葉の壁がやはり大きなネックとなっている印象を受けました。新しいことに挑戦するのは老後ではなく、若いうちが最適だと考えている方も非常に多いため、海外に行くのは若いうちが最適のようです。


海外が身近になったとは言え、まだまだ移住して生活することには抵抗がある方が多いというのが正直な印象です。今後どのように変わっていくのか予想がつきませんが、住み慣れた日本の生活は、多くの方に好まれている事がよくわかる回答結果となりました。

ただ、若いうちに海外生活を経験すること、海外留学などで見識を広めることなどは、今後更に積極的に行う方が増えるだろうという予想です。色々な国の生活を体験して、自分にとってベストな場所を見つけることが老後幸せな生活を送るためのポイントになりそうです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年6月14日~6月23日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 夫婦でのんびり海外で余生を…とは考えますが、自分が年齢を重ねた時に世の中の色んなシステムについて行けるか…とゆう不安もあります。(29歳/女性/専業主婦主夫)
  • 現状がいわゆるワーキングプアなので、将来は物価の安い国で暮らそうと思っているから(32歳/女性/契約派遣社員)
  • 一人きりの老後であるならば、海外でゆっくりと余生を暮らしたいと思います。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • 医療制度などの面で現状の海外移住生活は問題があるようですが、南国でのんびりと悠々自適に暮らすことを夢見て働いています。(42歳/女性/会社員)
  • 自分たち夫婦の希望としては、暖かいハワイなどで暮らしたいですが、現実問題として親の介護がありますからね。(42歳/女性/パートアルバイト)
  • アジア系ではなくヨーロッパやハワイ辺りがいいです。ゆったりスローライフが送れる場所なら暮らしてみたいと思う。(32歳/女性/パートアルバイト)
  • 一年の半分くらいを海外で暮らせたらと思います。最近は病院なども充実しているから。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 今の日本は何かと住みにくいので、将来の生存期間中において住所居所の自由と国籍離脱の自由の保障があれば考えたい。(52歳/男性/会社員)
  • 日本より、海外のほうが福祉が充実しており、快適に過ごせるからです。(53歳/男性/自営業(個人事業主))
  • 一年中ずっと海外で暮らすのではなく、3、4ヶ月くらい住むならよいと思う。ビーチでのんびり過ごしたい。(42歳/女性/専業主婦主夫)
  • 働きに出ているうちは旅行止まりになりますが、定年後お金と時間に余裕ができたなら、海外で綺麗な景色を眺めながらゆっくり暮らしたいです。海外での生活は夫婦の憧れですので、一生に一度は味わってみたいものです。(25歳/女性/専業主婦主夫)
  • あくまで理想ですが暮らしてみたいと思います。海外旅行の経験が結構ありますので老後は好きな場所でゆっくり暮らしたいなぁとは思いますね。(34歳/男性/自由業・フリーランス)
  • 海外はゆったりとしているので、自然豊かな田舎町でゆったりと暮らしたいです。(25歳/女性/会社員)
  • 老後と言わずにもっと若いうちに、海外でのんびり暮らしたいです。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • できれば自分の好きな自然のある海外の地でゆったりと過ごしたいと思っている。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 日本の増税が気になるというものあるし、よくテレビなどで見かける老後の海外生活に憧れます。今の時間に追われるような生活ではなく、ゆっくりした時間の中で生活してみたいと思います。(23歳/女性/契約派遣社員)
  • 治安のよくて、医療のしっかりしているところで、家族とも近くて、気候も良くて、物価も安くて、楽しく安心して暮らせるなら、海外でもいいです。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 日本よりも物価の安い海外(アジアのリゾート地)で、少し贅沢なのんびりとした生活を送りたいため。(24歳/女性/学生)
  • いろいろと大変かもしれないけど、海外でのんびりとすごしてみたい。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • もともと海外暮らしに憧れがありますが、若いうちは仕事や子育てなどのためになかなか思い切ることができないため、歳をとってから健康ならばぜひ海外で暮らしてみたいです。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 以前留学していたことがあり、他と違って当たり前、日本のように型にはめる教育ではないことを目の当たりにし、自分に向いていると思った。今後も他者を受け入れたり、異文化を理解するなど、見聞を広めたい。(42歳/女性/会社員)
  • 老後まで住むかはわかりませんが、将来は海外の地に住むことは視野に入れています。(24歳/女性/学生)
  • 若いうちは仕事などで忙しく海外に行ける機会も少ないので、老後時間ができたときに海外に移り住みたいと考えています。(27歳/女性/無職)
  • 【いいえ】

    • 海外は、言葉の問題や治安など、今まで暮らしていた場所と環境が大きく変わる可能性があり、環境の変化に耐えることができるか不安だからです。(33歳/男性/学生)
    • 老後は田舎の静かな住宅地でのんびりと趣味に励みながら生活したいです。(31歳/女性/契約派遣社員)
    • 生活文化の違うところで、年をとってから暮らすのは大変だと思う。身内に簡単に会えないのも寂しいから。(38歳/女性/会社員)
    • 不慣れで、環境や気候の違う海外では過ごしたくないです。国内のゆったりした田園地帯で、のんびりと暮らすことが、今の私の希望です。(45歳/女性/専業主婦主夫)
    • 歳を取ってから海外に行くのは抵抗があるし、慣れ親しんだ生まれ故郷でのんびりと過ごしたいから。(36歳/女性/パートアルバイト)
    • 憧れはあるけど、言葉の壁や医療に対して不安の方が大きいから躊躇してしまう。(32歳/女性/専業主婦主夫)
    • 海外に住んでいたこともありますし、色々な国へ旅行にも行きましたが、その結果、日本で生まれ育った私としては、日本が一番住みやすいと感じました。日本の政治もたいがいですが、問題のない国なんてありません。(39歳/女性/専業主婦主夫)
    • 歳をとってから新しい環境に慣れるのは大変そうですし、言葉の問題や、医療やお墓のことも考えると、老後に海外で暮らしたいとは思いません。(32歳/女性/専業主婦主夫)
    • 海外への旅行は好きですが、住み慣れた所で最後をむかえたいと思います。(35歳/女性/専業主婦主夫)
    • 個人的に日本語しか話せないので、日本以外へ行くこと自体考えていません。海外では言葉も文化も全く違うと思うので、ただでさえ順応性のかけているであろう老後には考えられません。(41歳/女性/専業主婦主夫)
    • 老後をマレーシアなどの海外で暮らす方も増えていると聞きますが、やはり住み慣れていて、言葉の不自由もない日本で暮らしたいと思います。日本の文化や食文化が好きということもあります。(38歳/女性/専業主婦主夫)
    • 外国語を話せないし、食生活など合わないと思うので、海外で暮らしたいとは思いません。(27歳/女性/学生)
    • 老後は日本の老人ホームに入ってのんびりと暮らす予定をしているから。(33歳/男性/会社員)
    • 老後に今更海外で暮らしても楽しいとは思えないので、クラスなら若い頃からがいいです。(30歳/女性/会社員)
    • 海外で悠々自適に憧れないことはないが、年を取ってから大きく環境が変わるのは体にも精神面にも良くなさそうなため。(31歳/女性/専業主婦主夫)
    • 日本語しか話せないし、別に日本に不満はないので海外とかは考えたこともないです。(35歳/女性/専業主婦主夫)
    • 英語が全く話せないので、日本国内でのんびり暮らしたいと考えています。(49歳/女性/専業主婦主夫)
    • 老後にまったく慣れない海外生活はつらい物があると思います。絶対無理ですね。(28歳/女性/パートアルバイト)
    • 「海外で暮らす」ことはすなわち、日本語が使えないか、使う機会が少ない生活だと想像します。語学力が乏しい自分が海外で暮らすのは不安ですし、日本にいても老後は医療や福祉のサービスの必要性が高まるでしょう。慣れない国で言葉や社会保障制度の違いがあるのはストレスですので老後は日本で暮らしたいです。(48歳/女性/自由業・フリーランス)
    • 日本の治安の良さ、人の良さが好きなので、日本で暮らしたいと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
    • 慣れてない場所ではなく、慣れ親しんだ場所でゆったり穏やかに暮らしたいです。(22歳/女性/パートアルバイト)
    • 日本に慣れているので、老後も日本で暮らしたいと思っています。(53歳/男性/自由業・フリーランス)
    • 住み慣れた日本で往生したいです。あと、美味しい東北のお米を毎朝食べるのが好きなので、日本以外で生活できません。(37歳/女性/専業主婦主夫)
    • 生活費が安くても、病気になったときに言葉の面で困る。また医療費が高いらしいから。(52歳/女性/専業主婦主夫)
    • 若い頃は海外で暮らしたいと思っていましたが、年齢を重ねるごとに日本がいいと感じるようになりました。食事や友達、言葉の問題と、面倒なことを乗り越える気力がだんだんなくなってきたからだと思います。(51歳/女性/パートアルバイト)
    • 日本にもたくさんいいところがあるので、海外で暮らしたいと思いません。(44歳/女性/専業主婦主夫)
    • もともと、海外旅行にも殆ど行きません。だから、海外で暮らしたいなんて考えた事もないです。(46歳/女性/会社員)
    • 今も外国語はほとんど話せないし、今後も覚える予定はない。旅行で海外に行くのはとても楽しいが、久しぶりに日本に帰ってくるとやっぱり住みやすい国だと感じるので。(30歳/女性/専業主婦主夫)
    • 海外に遊びに行ったりなど旅行では行きたいとは思うが、暮らすとなると、住み慣れた日本が過ごしやすいので、日本のほうがいいです。(33歳/女性/専業主婦主夫)
    • 暮らし慣れた日本で、身の丈にあった生活を送りたいと思っています。(26歳/女性/会社員)
    • やはり、自分の生まれは日本なので、死ぬときは自分の母国で死にたいので、日本に暮らしていたい。(21歳/女性/学生)
    • 憧れはあるけれど、言葉が通じないことによってストレスを感じたくないから日本が良い。(43歳/女性/無職)
    • 確かに憧れるが言葉の壁や文化の違い、習慣の問題等があるのでチャレンジするのはとても勇気がいると思う。(52歳/女性/専業主婦主夫)
    • 住み慣れた日本が一番いいです。海外は旅行で行って過ごすのが丁度いいです(44歳/女性/専業主婦主夫)
    • 老後を海外で暮らすことは、考えられないです。まず、言葉が通じないし文化に慣れるまで労力が必要ですし、何より日本より治安の良い国があるとは思えません。(46歳/女性/会社員)
    • 日本が好きだから。治安もいいし住み慣れているから、住むのは日本が良い。(28歳/女性/会社員)
    • 海外ではやはり慣れた日本での便利な生活とは違い、文化の違いや、不便に思うところが多々あり、きっと大なり小なり不満が出ると思うので、日本が良いです。(31歳/女性/専業主婦主夫)
    • 海外には行ったことがありますが、日本が一番食べ物も美味しいし、住みやすいです。海外は旅行だけで十分です。住むところではありません。(38歳/女性/無職)
    • 若いときから、言葉の問題などで海外に行くことが苦手でした。ですから、老後は自分の知っている今の土地でゆっくり暮らして生きたいと思っています。(42歳/女性/専業主婦主夫)
    • 老後だけ、海外で暮らそうとしても、その土地の人とうまくやっていける自信がないです。また、福利厚生の整った国でも同様で、それまでその国に税金を納めてきたわけでもないのにと、現地の人から白い目で見られると思うと、怖くて暮らしたいとは思わないです。(38歳/女性/専業主婦主夫)
    • 英語が話せないし、知人友人もいないところへ年をとってから住むのは過酷すぎます。海外は旅行だけで充分です。(33歳/女性/専業主婦主夫)
    • いくら日本語OKの老人福祉施設でも、誰も来てくれないため必要性は無い(46歳/女性/無職)
    • 自分の地元が好きなので、移住したいとは思いません。治安など、将来どうなっているか不安でもあります。(36歳/女性/専業主婦主夫)
    • 老後は日本で暮らしたい。若いときは海外でばりばり働いて過ごしたい。(21歳/女性/専業主婦主夫)
    • 老後も暮らし慣れた場所が良いので、海外で暮らしたいとは思いません。(27歳/女性/専業主婦主夫)
    • ずっと海外にいたならそういうのもありかもしれませんが、老後は健康面でも不安も出てきますし、慣れない場所で困りそうなので日本がいいです。(38歳/女性/専業主婦主夫)
    • 物価の安い東南アジアのリゾート地に老後移住することが流行りましたが、年金を貰えなくなるので不安で行けません。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
    • 日本は物価が高いですが、医療技術や費用を考えると海外よりも日本のほうが老後の生活を送りやすいと思います。(43歳/女性/専業主婦主夫)
    • 頭の中が日本語の文法で凝り固まっているので、外国語でのコミュニケーションがスムーズではなく、生活習慣も違うので、年をとっても不便な生活をしたくないから。(42歳/男性/公務員)
    • 日本がいいです。平和だし、食事もおいしいし、住み慣れているところで老後を過ごしたいです。(36歳/女性/会社員)
    •  老後は勝手の分かったところでのんびりしたいです。海外は元気だったらたまに行く程度のところだと思っています。(33歳/女性/専業主婦主夫)
    • 外国語は喋れないですし、やはり日本が一番安全なので、日本に住みたいです。(40歳/女性/会社員)
    • 言葉の問題や病気になった時のことを考えると日本で暮らすのが安心。生活資金との絡みで考えると半分半分くらいで住めたらベストかもしれないが健康がやはり第一だと思う。(56歳/男性/会社員)
    • 仕事をリタイアしたら海外で暮らしたいという話はよく聞きますが、まず現地の言葉を話せなくては不便だし、人とコミュニケーションも取れません。友人もできなくて、結局日本に戻るという人も多いと聞きます。文化の違いもあって苦労することが多そうです。憧れはありますが、実際には厳しそうです。(36歳/女性/無職)
    • 日本語しか話せませんので。もしも日本を脱出せざるを得ないほどの惨状になっていたら、潔く野垂れ死にを選びます。(48歳/女性/パートアルバイト)
    • 日本にいた方が、言葉は通じるし、病気になった時とか安心だからです。(43歳/女性/会社員)
    • 住み慣れた場所で暮らしたいと思うので、海外への移住は全く希望しません。日本に住み続けたいです。(35歳/男性/会社員)
    • 日本で生活することの一番の魅力は、人の優しさだと思います。ヨーロッパやアジアなど海外旅行の経験がありますが、日本に帰国するたび強く感じます。思いやりや譲り合いが自然にできるということは決して当たり前ではありません。ただ、1,2年の期間限定なら海外生活をしてみたいです。(27歳/女性/会社員)
    • 一番心配である言葉の壁がなく、住み慣れた日本が一番いいと思います。(34歳/女性/専業主婦主夫)
    • 日本が一番治安が良く、衣食住についても安全と考えます。何より、日本に自分の親を放っておいて海外移住など、考えられません。(42歳/男性/その他専門職)
    • 言葉や文化の違うところに年をとってから行くのは難しいと思います。(27歳/女性/専業主婦主夫)
    • 治安や安全、飲料水や気候の面で、日本が1番住みやすいと思っているのと、慣れているからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
    • 日本語以外話せないし、日本が何より一番暮らし安い国だと思っているので。(43歳/女性/無職)
    • まったく思いません。そもそも日本語以外話すことができないので生活できないと思います。趣味のテレビも海外のものは文化が違うので見ても面白いとは思えず、むしろストレスが溜まってしまうと思います。(40歳/男性/無職)
    • 文化の違う場所で暮らすのは刺激はありそうですが、かなりエネルギーのいることです。老後はゆっくりと過ごしたいので、住み慣れた土地で平和に暮らしたいです。(31歳/女性/専業主婦主夫)
    • 病気になった場合など対応できるのか不安なので、年をとってから、知人が少ない土地や馴染みのない土地で暮らすのは大変だと思います。(41歳/女性/契約派遣社員)
    • 何より治安などの問題や言葉の壁などあらゆる心配事があるので、海外は無しだと思っています。(40歳/女性/専業主婦主夫)
    • 物価の安い所などは惹かれますが、やはり日本で落ち着いた暮らしがしたいです。(29歳/女性/パートアルバイト)
    • 日本語が通じる場所で暮らしたいです。年をとってから新しい挑戦をするような性格ではないので。(39歳/女性/契約派遣社員)
    • 想像したことはありますが、やはり日本人たるもの日本で一生を終えたいなと思うようになりました。日本以上に素晴らしい国はないのでは、と思います。リタイヤした後、日本国内の田舎で暮らしたいなあとは思います。(44歳/女性/専業主婦主夫)
    • 慣れないところで、知り合いも特にいないようなところでゆっくり過ごすことは出来ない。(35歳/女性/学生)
    • 老後は暮らし慣れた土地でのんびり暮らすのが安心だと思っています。(53歳/女性/専業主婦主夫)
    • 日本は治安もよく住みやすい国だと思いますので、海外で暮らしたいとは思いません。(56歳/女性/無職)
    • 海外の食事が老人には合わなさそうだし、言葉を新しく覚えないといけないのが大変だと思ったので。(30歳/女性/パートアルバイト)
    • 自分の事が自分で出来なくなるかもしれないので、海外の人に世話されるのは嫌。(30歳/女性/専業主婦主夫)
    • 言葉もわからないし、治安が良い日本が一番いいです。食べ物もおいしいし。(34歳/女性/自由業・フリーランス)
    • 海外で暮らす余裕があるなら、住み慣れた日本に住んで、その分色々なところに旅行に行きたい。(38歳/女性/専業主婦主夫)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事