リフォーム

シミュレーションはすごい!リフォームでも大活躍

リフォーム

ハイライト

  • PCでシミュレーションをしてリフォームをしたいかアンケートをとってみた。
  • ほとんどの人がはいと答え、失敗しないためにも見たいようだった。
  • いいえと答えた人の中には出来上がりをあえて想像して楽しむという意見もあった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

リフォーム

リフォームをしようと思っている方の多くは、リフォーム後の完成形で不安が残ります。自分の思い通りのリフォームにならずお金ばかりがかかってしまうようでは気持ちも滅入ってしまいますが、大工さんとも話し合いをしながら少しずつ作り上げていければそのような悩みも減らせるかもしれません。

近年はさらにシミュレーションというコンピュータを用いた情報提供の形があります。これはリフォームの完成形を事前に3次元やイラスト等で把握できるというものです。今回のアンケートでは、こうしたコンピュータによるシミュレーションをやってみたいかどうかについて意見を聞いてみました。


アンケートの質問内容と結果は以下のとおりです。

リフォームをどのようにするかは、コンピューターで出来上がりのシミュレーションをして決めたい?

リフォームをどのようにするかは、コンピューターで出来上がりのシミュレーションをして決めたい?
・はい:91%
・いいえ:9%

シミュレーションをしてみたいと答えた人はなんと91%にもなり、予想外の大多数となりました。その意見としては以下のようなものがありました。

「頭の中で描いているイメージとリフォームの仕上がりが一致しているか確認できる」
「シミュレーションが見れるなんて知らなかったです。見れるなら絶対に見たいです。」
「理想と現実の違いがコンピューター上でわかるなら、やってみたいです。失敗しなくてすみます。」

これらの意見では先にリフォームの仕上がりのイメージが掴めることを魅力的だと感じているものが多くありました。先に確認できれば失敗して嫌な思いをしなくて済むのですから、納得のいく意見でしょう。


リフォームでシミュレーションは重視しないという人の意見は以下のとおりで、意外と納得できる意見もありました。

「間取り図で充分だと思う。模型の方が想像力が広がって楽しそう。」
「コンピューターによるシミュレーションは、どれくらい現実味のある出来上がりを出してくれるのか、少し不安があります。」
「シミュレーションするまではしないが、自分で簡単なスケッチはする。」

など出来上がりをあえて想像して楽しむという意見もあり、コンピューターによるシミュレーションの完成度に不安を感じる意見もありました。中には自分自身でスケッチをするという意見もあり、意外と参考になる意見もありました。


大多数の人からリフォームは実際に分かりやすいシミュレーションを見てから決めたいという意見が得られました。中にはシミュレーションできるということに驚きの声を上げている意見もあり、シミュレーションはまだ浸透していないものだということも分かりました。

それに対してシミュレーションするまでもないという意見もあり、間取り図だけでも十分で、出来上がりを楽しみに待ちたいという意見もありました。またシミュレーションだけを見ても現実味がわかないという人も降り、とても納得のできる意見もありました。

いかがでしたか?今後のリフォームの機会に是非参考にしてみてください。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年6月1日~6月5日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 話だけではイメージしづらいですし、業者さんに意図が伝わっているかも不安なので、具体的な形にして確認できるのは良いと思います。(43歳/女性/パートアルバイト)
  • コンピューターでの出来上がりのシュミレーションは、自分の家の雰囲気に合うかどうかがよくわかると思うので、ぜひやってみたい。(30歳/男性/会社員)
  • リフォームする時になかなかイメージがわかないことはあると思います。そのために迷ってしまったり、リフォーム後に気に入らないこともあると思うので、事前にコンピューターでシュミレーションできれば安心してリフォームできるのではないかと思います。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • シュミレーションである程度のイメージをつかめた方が、後から変更や修正ができやすいと思うから。シュミレーションができると、リフォームを何パターンも考えられて選択肢も増えるのでいいと思う。(35歳/女性/無職)
  • シミュレーションをした方がイメージや日照等が掴めてよいと思う。材ばかりを見ていると出来上がりが「こんなはずじゃなかった」となりかねない。(43歳/女性/公務員)
  • カーテンやカーペットの色を変えた場合、どのような雰囲気になるかがわかりやすいから。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • コンピュータを利用することで、間取りを元にリフォームをより計画的に行うことができると思うためです。(29歳/男性/パートアルバイト)
  • 出来上がりをシュミレーション出来たほうが、この様になるというイメージがわかって良いと思うのでシュミレーションして決めたいです。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 色の見本や図面だけではイメージがわきにくいので、シュミレーションをして全体の雰囲気を見てから決めたいと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームをしたことはありませんが、するとしたら是非シュミレーションして頂きたいです。パーツを選ぶだけでは想像しにくいですから。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 図面だけだと想像しにくいので、コンピューターで出来上がりを見れると想像しやすいと思います。(29歳/女性/専業主婦主夫)
  • 頭で想像するのと実際に形として目に見えるのとでは違うのでシュミレーションを見てから決めたい。(25歳/女性/パートアルバイト)
  • イメージをつかむには事前のシュミレーションが必要だと思うからです。(31歳/女性/契約派遣社員)
  • 完璧にコンピューターで再現できなくても、ある程度のイメージがわくので。(35歳/女性/パートアルバイト)
  • やはり出来上がりがどの様になるのかイメージしやすい方が良いですね。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • お金をたくさんかけるものだから、よくよく考えて作り直したいです。失敗は許されない事業だと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • シュミレーションが見れるなんて知らなかったです!見れるなら絶対に見たいです!(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 図面や写真だけ絵は分からないので、3D表示・拡大縮小・いろんな角度からの画像が見ることのできるシュミレーションで見て決定したいです。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際のイメージをするのがうまくいかない時は、シュミレーションをコンピューターで出来ればわかりやすいと思います。(38歳/女性/会社員)
  • 出来上がりのイメージがビジュアルでわかった方が、実際にリフォームしたときに相違がなくいいと思うから。(32歳/女性/会社員)
  • どのように出来上がるのか予め予測がつくし、変更した点があれば気づくことができるので、事前のシュミレーションがあればよいと思います。(37歳/女性/学生)
  • 出来あがりを確認しながらリフォームを考えた方が、後で後悔しないと思うから。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • シュミレーションをしてみたほうがよりリアリティがあってわかりやすいと思うから(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • リフォームのシュミレーションを簡単にできるのであれば、カタログでみるよりイメージし易いので使ってみたいです。(41歳/男性/自営業(個人事業主))
  • カタログや現物の一部を見ても、全体的なイメージをつかむのはとても難しいので、コンピューターで全体の出来上がりのシュミレーションを見られるのであれば、是非利用して決めたいと思います。(43歳/女性/無職)
  • 配置、価格、機能性などを納得いくまで相談したいので、修正のきくコンピュータでご提案をいただくことは発注者としても受注者としてもお互いに良いと思います。(48歳/女性/契約派遣社員)
  • リフォーム後のイメージが分かり、いくつかの中から選べるので、自分の好みに作り上げることができ便利だと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 頭の中で描いているイメージとリフォームの仕上がりが一致しているか確認できるから。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • そのシュミレーションが全てではないと思いますが、あくまで参考にはなると思うので、とりあえず見てみたいです。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 出来上がった後に家具などを配置するイメージしやすいから。家具も新規購入する際は、図面があれば、家具屋さんと綿密に相談ができ、部屋にぴったりの家具が購入できる。(34歳/女性/無職)
  • 実際にどのようになるかをシュミレーションできればイメージが明確になるのでぜひ試してみたい。(56歳/男性/会社員)
  • 出来上がりがイメージと違っていても、工事が終わってしまってはどうしようもありません。が、事前にシミュレーションができれば失敗の確率も大幅に下げられます。(45歳/女性/専業主婦主夫)
  • 理想と現実の違いがコンピューター上で先にわかるなら、やってみたいです。失敗しなくてすみます。(41歳/女性/自営業(個人事業主))
  • 出来上がりの雰囲気が、コンピュータで事前に分かるといいと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • どのような感じになるのかを見てみたいのでシュミレーションしてほしいです。(43歳/女性/会社員)
  • 話をするだけでは、具体的なイメージがわかないので、シュミレーションは必要だと思います。(40歳/女性/会社員)
  • リフォームは安い買い物ではないので失敗したくない。具体的なシュミレーションができるならぜひ利用したい。(33歳/女性/会社員)
  • 条件インプットで画像が出てきて、条件追加、削除、で変更画面が出て、自分の希望に沿ったレイアウトの完成。素晴らしいです。一度お願いしたいと思います。(68歳/男性/無職)
  • しあがりが実際にコンピューターで目で見えたほうが実感できるし、ここをこうしてほしいという要望も伝えやすいと思うので。色味やバランスも目で確認して決められたほうがいいと思う。(38歳/女性/会社員)
  • リフォーム後の様子をあらかじめ見てから決められるのは魅力的です。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 壁紙のデザインや床の色、システムキッチンの色など、実際どんな感じになるのかイメージしにくいものは、いろいろとシュミレーションしてみて決めたいです。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • 大きなお買い物なので失敗はしたくないので、事前にシミュレーションして確認できるとうれしいですね。(38歳/女性/無職)
  • シュミレーションは、大切だと思いますので、出来るものならば、コンピューターでシュミレーションしてから決めたいです。(56歳/女性/無職)
  • もし、コンピューターで出来上がりのシュミレーションができるのであれば、是非見てから決めたいと思います。やはり、想像と出来上がりが違うとショックなので。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 最近のコンピューターは3D画像でリアルに再現できるので、リフォームも出来上がりを確認してから決めたいと考えています。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • VR技術を活用し、頭に立体ディスプレイを装着して仮想空間の中で部屋の広さ・家具の高さを実感できるシステムが実現しつつあり、大いに期待している。(43歳/男性/無職)
  • シミュレーションを見て変更や仕上がり状態の最終確認をしたいので、コンピュータによるシミュレーションが提供されるなら利用したいと思います。(52歳/男性/公務員)
  • 自分の頭の中のイメージだけで施工をして、後からしまったと思っても遅いのでPC上のシュミレーションなど、客観的な仕上がりのイメージをとらえておくことが失敗の少ない方法だと思います。(55歳/女性/会社員)
  • 実際に仕上がりを見られると、イメージがわくのでとてもいいと思う。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 出来るのであれば、是非シュミレーションをしたいです。その方が、失敗がないですし、色々と楽しめると思います。(53歳/女性/会社員)
  • シミュレーションができると仕上がりのイメージが湧くのでぜひ利用したいです。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • シュミレーションで見られるなら内装だけでなく、どんな家具を置くか等のイメージもわくから、ぜひ、シュミレーションを見て決めたい。(37歳/女性/パートアルバイト)
  • 大いにそう思います。やはり視覚的に捉えられることは大事です。(29歳/男性/無職)
  • 図面だけではピンとこないので。置こうと思っていた家具が入らなかったり、実際に入れてみたら思っていたものとは印象が違ったりすることが未然に防げるから。壁紙や床などの色の確認もできるのも魅力的。小さい色サンプルだけではこれも描いていたイメージと違うこともあると思う。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 思っていたイメージと違ったという失敗も防ぐことができて便利だと思います。(42歳/女性/無職)
  • 壁紙や、システムキッチンのデザインなどなど、出来上がりがイメージしにくいので、コンピュータで出来上がりをシミュレーションしたイメージが見られるなら、決める前に見たほうが良いです。(54歳/男性/会社員)
  • 頭の中だけではリフォームのイメージが沸かないと思うので目で見てわかるシュミレーションがコンピューターで出来るなら利用したいと思います。(42歳/男性/会社員)
  • まずは業者と納得のいくまで話し合い、リフォームのビジョンが完成したら、現代のIT技術をうまく使い、リフォームをどうするかコンピューターで出来上がりのシミレーションが見れれば、より満足度の高いリフォームができるのではと思います。(38歳/女性/契約派遣社員)
  • 二回ほど、家を建てていますが、出来てからこんなだったかな?と思う事が多いので、さくにイメージがあると、助かります。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • 想像の上だと、希望がしっかり通っているか不安だし、PCでシュミレーションしてもらった方が分かりやすいからです。(30歳/女性/専業主婦主夫)
  • その様な技術があるのを知りませんでしたが、あるのならぜひ利用したい。事前にイメージ出来てとてもいいと思います。(29歳/男性/会社員)
  • してみたいです。あらかじめリフォーム後のイメージ像が沸くのならそうしてみたいからです。リフォームしてから後悔するのは嫌ですから。(40歳/男性/無職)
  • 空間のイメージは素人であれば自分の良いように受け止めてしまいそうなので、シュミレーションで業者とのイメージ作りをするには良い手段だと思います。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • どんな感じに仕上がるのかがわかりやすくていいと思います。もし、変えたいところがあってもすぐに意見が言えそうなのもいいです(42歳/女性/専業主婦主夫)
  • コンピューターのシュミレーションは、3Dでリアルな画像が見れるので、出来上がりの予想がしやすいためです。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際のイメージを言葉だけで伝えられても、人によって受け取り方は違うので、PC上でシミュレーションをして頂くことによって細かい修正点などをこちらから伝えることが出来る点でこの回答になりました。(27歳/男性/パートアルバイト)
  • 口で説明されるよりも、出来上がりのシュミレーションを見せてもらったほうが具体的なイメージがわきますね。(42歳/女性/会社員)
  • カタログなどで見ても実際に自分が住んでる家とは微妙に違う所などもあって想像しずらいので、コンピューターを使って実際の仕上がりと近いイメージが出来るなら、シュミレーションした方がいい。(29歳/女性/パートアルバイト)
  • 話や図面だけではわからないことも多いと思うので、シュミレーションを見ながら判断できると、失敗なども少なく済むと思うから。(32歳/女性/専業主婦主夫)
  • 出来上がりのイメージが分かれば、事前に家具色や形を考えたり、物の購入ができると思う。(41歳/女性/会社員)
  • 打ち合わせから完成まで時間も費用もかかることなので、出来るだけでき上がりのイメージに近いものを見る手段があるといいと思う。できることなら模型で確認したいが、余計な手間がかかってしまうが、コンピュータでのシミュレーションであれば、短時間、安価で実際の完成イメージできるので良いと思う。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 実際完成したのを見たらイメージと違ったとかだとショックが大きすぎる。納得して進めていきたいので。(34歳/女性/自由業・フリーランス)
  • パソコンでシュミレーションするとイメージがより鮮明になり、リフォームが必要・不必要な箇所がよりはっきりとするからです。(38歳/女性/自由業・フリーランス)
  •  図面だけではうまくイメージできないので、コンピューターでシュミレーションできたらすごくいいと思います。「あと10センチ右に」とか試してみながら相談できるといいです。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 大まかなイメージを持つことができるのは良いことだと思います。パーツパーツごとにバラバラに決めても結局は全体としてみないと釣り合いがあわないこともあると思うからです。(50歳/男性/会社員)
  • 平面図だけで自分の頭の中でイメージしただけでは気づかない不備な点等を、コンピューターの3Dでシュミレーションすれば発見できる確率が高くなり、リフォームの失敗リスクが低くなると思います。(52歳/男性/会社員)
  • コンピューターでも良いし模型でも良いので、どんな物が出来上がるのか、素人でもわかりやすいシュミレーションがあってほしい。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • とりあえず想像だけでは失敗することもあるので、ある程度映像化されたものを見てみたいとは思う。実物はそれでも違うのだとは思いますが、想像と大きくかけ離れていないかどうかはチェックしたい。(30歳/女性/会社員)
  • シュミレーションが出来るのであれば雰囲気をつかむために、見たいです。(29歳/女性/会社員)
  • 仕上がりがどのようになるのか目で見たほうが口で説明されるよりもわかりやすいからです。(46歳/男性/自由業・フリーランス)
  • もし、出来上がりを立体的にシュミレーションで確認出来たら分かりやすくてよい。視覚的に不具合があれば発見出来そう。(36歳/女性/会社員)
  • コンピューターでシュミレーションした方が、イメージしやすいし確認がしやすいのでシュミレーションをして決めたいです。(42歳/女性/会社員)
  • コンピューターだと家具や背景の配置などが多数のバージョンで考えて、映像として見れて想像しやすいと思うので、シュミレーションをして決めてみたいです。(36歳/女性/専業主婦主夫)
  • コンピュータでリフォームの出来栄えをシミュレーション確認してから実施すれば、リフォーム完工後、後悔する機会がより少なくなると思うから。(59歳/男性/会社員)
  • 頭の中だけで想像するのは素人には難しく、なかなかイメージしにくいので、実際画像で見ることができれば、より理想の住まいに近づくことができると思うので。(36歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際見れた方が、感覚つかめますし、そういう便利な時代だからこそ活かしたいですね。うれしさも倍増するんじゃないかなと思います。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • コンピューターで出来上がりのシュミレーションができれば、イメージし易いので。(49歳/女性/自由業・フリーランス)
  • どのようになるのかイメージできるのでシミュレーションを見てみたい気持ちはあります。(34歳/男性/会社員)
  • リフォームの際はカタログなどを参考にして今までしてきたが、コンピュータで自分の家の広さに合った出来上がり図をみることができたら失敗もなく納得のいく仕上がりになると思う。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 出来上がりが、映像としてはっきりわかるので、イメージしやすい。家具の配置も考えやすい。(43歳/女性/無職)
  • 想像がふくらんで、わくわくするので是非やってみたい。思ったものと違ったなんて失敗をしないようにやってみたい。(30歳/女性/専業主婦主夫)

【いいえ】

  • 間取り図で充分だと思う。それに模型の方が想像力が広がって楽しそう。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 学生時代にインテリアを専攻していたので自分でパースを描くなどおおよそイメージを掴むことができる。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 別にコンピューターは必要ないかなと思います。逆に実際とかけ離れたり、わかりにくくなりそうな気もします。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • シュミレーションはやはりシュミレーション。「百聞は一見にしかず」だと思う。自分の家に長さ等を実測や目視などを主体にして予想したもので決定していきたい。(57歳/男性/公務員)
  • シュミレーションが出来れば便利だとは思いますが、そこまで厳密な情報がなくても必要な場合はリフォームを依頼するだろうと思います。(35歳/男性/会社員)
  • コンピューターでどのようになるのか興味はありますが、やはり施工業者からの見積や出来上がりを細かく聞くほうが現実的でリフォームの場合はそちらを望みます。(37歳/女性/会社員)
  • 先に見てしまうと、考え過ぎてしまって決められなくなったり、お楽しみがなくなってしまうからです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • コンピューターによるシュミレーションは、どれくらい現実味のある出来上がりを出してくれるのか、少し不安があります。(24歳/女性/学生)
  • コンピューターでシミュレーションするまではしないが、自分で簡単なスケッチはする。(33歳/男性/契約派遣社員)
いい家選ぶ、いえらぶ
▼ファミリー向けのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

ファミリー向けの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事